高齢者介護(ケアマネ日誌)

高齢者介護(ケアマネ日誌)

ダメ職員が減らない高齢者福祉特有の理由と必要な心構え

高齢者介護の仕事を長年してきて、ダメ職員が減らない高齢者福祉特有の傾向に気付きました。その理由と、その状況を打破するために必要な心構えを考えます。
高齢者介護(ケアマネ日誌)

ケアマネジャーの質が問われるのはなぜかを私なりに考えた

ケアマネジャーの質が悪いというネット書き込みをよく見ます。実際にその『質』はまちまち。ケアマネの質が問われるのはなぜかを私なりに考えてみました。
高齢者介護(ケアマネ日誌)

悪いケアマネの見抜き方と対処の仕方について

介護サービスを利用する時に必ず関わる「ケアマネジャー」。現役ケアマネである私が、ケアマネの良し悪し見抜き方と対処の仕方についてお話します。
高齢者介護(ケアマネ日誌)

認知症に詳しい医師を増やす為に必要な医師間の知識共有

お医者さんだって認知症に詳しい人ばかりではありません。認知症の知識を有する医師を増やす為に必要な「医師間の知識共有」についてお話します。
高齢者介護(ケアマネ日誌)

認知症に悪いイメージを持つのは本当に呼称の問題なのか

認知症と聞くと、深刻な病気にも関わらず悪いイメージや苦手意識を持つ人は少なくないでしょう。その悪いイメージを呼称の問題という人がいますが、本当になのかを考えていました。
高齢者介護(ケアマネ日誌)

専門職としての助言に遠慮は不要!?的確な指摘が人を救う

みなさんは専門職として仕事をしていてどのような姿勢で顧客と接していますか?謙虚な態度を基本として、助言に遠慮は不要!的確な指摘が人を救うと思うのです!!
高齢者介護(ケアマネ日誌)

「長生きしたからもう充分やろ」という家族や高齢者支援従事者に物申す

ご長寿だった高齢者が亡くなった時、「長生きしたからもう充分やろ」という家族や高齢者支援従事者がいます。果たして、本人は本当に充分だと思っているのでしょうか?しかし、私はそうは思わないのです。
高齢者介護(ケアマネ日誌)

私が家族ならケアマネジャーに持っておいて欲しいと思う視点について

ケアマネジャーとして長年勤務している私が、家族の立場で考えた時にケアマネジャーに持っておいて欲しいと思う「視点」についてお話します。
高齢者介護(ケアマネ日誌)

高齢者介護業界で働かない方がいい人の特徴とは

高齢者介護に長年いると、「この人はこの業界で働かない方がいい人だな」と感じてしまう人に出会います。自分への反省と反面教師にする意味でNGな特徴を考えていきます。
高齢者介護(ケアマネ日誌)

寄り添いは近ければいいとは限らない。その適正距離について考えた話

寄り添いはただ近ければいいのでしょうか。肯定と指示など話や感情の流れによって適正距離を保つ必要があります。妄想型統合失調症の方との面談でそのヒントとなる気付きがありました。
スポンサーリンク