正しい生き方は何?生き方の正解を考え抜く事が正解だと思う私の持論

こんにちは、社会福祉士ブロガー・弥津@yazusui)です。

これから、どう生きたら正解なのか?

迷っている自分って、おかしくない?

このように、「今後、自分がどう生きたらいいのか」に迷ってしまっている30代以上の方、多いのではないでしょうか?

でも、大丈夫です!!

この記事で分かること

  • 迷っている自分を小さい存在だと思わないこと!!
  • 感性が高いからこそ見つめる「人生の正解」
  • 正解を求めることは誰のため?
  • 【持論】『正解』を追い続けることが正解
弥津
弥津

長い歳月を生きてきた高齢者と接してきた私なりに、『生き方の正解』について考えてみました。

今回はこの疑問にお答えします。

生き方の正解を考え抜くことが正解

というわけで、今回は『30代からどう生きる?正解を追い続ける事が正解という私の持論』について説明していきます。

『正解』を追い求めれば成長し続けられる!!

生き方の正解は、正解を追い続けること!!

30代過ぎると、どう生きれば正解なのかと考える機会が増えるかと思います。

迷っている自分が不適切だと、自らを責めてしまう人もいるかと。

しかし、人生や生き方に迷うことは、果たして『おかしなこと』なのでしょうか?

迷っている自分を小さい存在だと思わないこと!!

迷う人
弥津
弥津

迷うということは、視野が広く、感性も強いということ。

どう生きたら正解なのかと迷うのは、その人が持っている『才能』です!!

一般的に、迷いや戸惑いにはネガティブなイメージがありますよね。

迷ってしまうと決断が遅くなるし。


結果を出せる人の特徴として、行動力が長けていることがあるかと思います。

即断即決で即行動。


そう考えると、迷ったりする人は行動力は足りなくて、成果が出せないようにイメージしてしまいますね。

でも、本当に迷う人はダメなのでしょうか?

弥津
弥津

世間には、即断即決で失敗している人の方が多いと思う私。

だって、何でも成功者だけに目が向きがちですからね。

迷いながら慎重に答えを見つけて行動する人の方が、時間をかけることで獲得するスキルが多くなり、成功する可能性も高まるのではないか。

慎重派だからこそ成果を出す。それもありだと思う私。

ようするに、迷っている自分を小さい存在だと卑下する必要なし。

迷いこそ、新たなスキルを獲得する機会。

生き方の正解は何なのかと考えるのとも、生きるスキルを獲得しようとするポジティブな行動力と捉えられませんか?

感性が高いからこそ見つめる「人生の正解」

じーっと見つめる犬

では、「なぜ生きることの正解は何なのか」と迷ってしまうのでしょうか。

それは、今の自分に集中できていないことが、原因のひとつとして考えられます。

なぜなら、「自分は正解なのか」と問うことは、他者との比較意識が強いからこそ起こる悩みだから。


今の自分が他者に引けを取らないと思っている人は、自分の過去や未来にも自信を持っています。

その一方で、自分への不安を抱く理由は、無意識に周りと自らを比べ、「私は劣っているのでは?」と自問しているからです。

ようするに、『感性が敏感』なのです。

敏感がゆえに自分を苦しめてしまうこともありますが、気付きの力はかなりのもの。

人の心を把握する力が備わるので、信頼される存在にもなり得ます。


このように、感性が強いと、過去・現在・未来の自分と周りを比べてしまい、自然に『正解』を追い求めてしまうように。

ただ、前述のように、そうだからこそ、自分を高めるスキルが身に付く、あるいは 人の気持ちがよく分かるといったメリットも。

人生の正解が気になるのは、感性が強いという才能を持っている証拠なのです。

正解を求めることは誰のため?

クエスチョンマークとマイク

じゃあ、あなたの欲している『生き方の正解』は、誰のためのものなのでしょうか?

もう少し考えてみましょう。


先程お話したように、あなたは他者への意識が強過ぎるのかもしれません。


「昔も今もこれからの私も最高だ!」と自信みなぎる人は、周りを木にしませんよね。

しかし、悪い言い方をすると、鈍感。または、自己中心とも言えます。

弥津
弥津

生き方を悩まない人は、成長が止まっていると私は考えます。

迷い悩むことは苦し過ぎますよね。

でも、苦しんだ経験は確実に、その後あなたにふりかかる困難を打破する材料となります。

無駄にはなりません。

弥津
弥津

迷っている自分は、他者から見てかっこ悪いと思ってませんか?

悩めば自分のためになる。

正解を追い求めることは、自分のためになるのですから、そもそも周りを意識する必要はないんですよね。

【持論】『正解』を追い続けることが正解

探求するためにボートで船出

いかがでしたか?

今回は、『正しい生き方は何?生き方の正解を考え抜く事が正解だと思う私の持論』を紹介しました。

記事の要約

生きることに迷うのは、正しい生き方!!

迷ったら考え抜いて、新たな自分への脱皮を繰り返そう!!

これまでの話で、生きることの正解は何なのかと悩むことは、まったくネガティブに捉える必要はないと分かりましたよね。

そう迷うこと自体、感性の強さという才能を持っている証拠の表れ。

弥津
弥津

過去・現在・未来における生き方の正解が気になったら、自分が成長したいと欲していると考えましょう。

ここであえて、生き方の正解は何かを提案するなら、私は『迷い、戸惑い、その都度生きることの正解を追い続ける』ことが正解だと思います。

自己満足に浸らず、思考を止めない!!

人生に迷うことは、歩みを止めているわけではなく、突破口を見つけようと思考していること。

止まっているのではなく、行動しているのです。

おおいに生き方の正解を考え続け、数多くのスキルをゲットしましょう。

それこそ、理想の生き方だと結論付けた、私なのでした。


それでは。
以上、弥津でした。