そっけなくても実は脈あり!異性が何気に発する5つの好意サイン

2018年12月29日

こんにちは。仕事で20代の女性と業務的な会話をしただけで、脈拍が早くなる弥津です。

今回は「相手がそっけなくても諦めてはいけない!!異性脈ありサインを見逃さいようにしよう」というお話です。その5つの好意サインをご紹介します。

私は好きな人には積極的になれないタイプでした。

ナンパな人間にみられたくないという、妙なカッコつけ意識もあったりで・・・。


だから、逆に異性が自分をどんな目で見ているのかが、過度に気になる性格でもありました。


ルックス全然良くない私ですが、それでも異性からそっけない態度をされるとがっかりするのものですね。


でも、なかには、そっけなくみえても好意を持ってくれていた異性がいてくれたんですよね。

その、一見そっけなくみえる姿に、私自身が諦めを感じていただけで。


それでは、どのような傾向があれば、そっけなく見えても自分に好意があると判断できるのか。

そのサインを考えてみましょう。

そっけなくても隠せない5つの好意のサイン

そっけない態度には、拒否的な意味合い以外にも、自分の本音を見せるのは恥ずかしいという側面があったりするようです。


でも、好意のサインは見逃がさないようにすれば、必ず表れているもの。

そのサインとなる行動を以下に5点挙げてみました。

過去の努力や苦しかった経験を話してくれる

好意のある人に対しては「自分の努力や苦しみを理解して欲しい」という心理が強く働きます。


仕事や遊んでいる時などに、異性が自分の幼い当時の苦労など、すごくプライベートな話をしてくれるようであれば、あなたに好意を持っていると思っていいでしょう。


どうでもいい人にはプライベートな話は聞いてもらいたくないですよね。

過去の自分を知っていいのは、本来好意のある人にだけです。


異性に対して過去の自分を紹介することは、あなたに「恥ずかしい部分も含めて、自分を知っても構わない」という思いの表れです。


日頃はそっけなくて口数が少ないのに、ふとそんな話をしてくれる異性は脈ありと言えます。

頑張っている今の自分を間接的に知ってもらおうとする

何歳になっても好きな人には「格好いい自分」、「可愛い自分」をみせたいものでよね。


仕事場では、好意を持っている異性には「仕事ができない人」と思われないようにしたい。

仕事で輝いている自分を見せて、頼れる人、魅力的な人だと理解させたいという思いを持つものです。


そんなアピール意識があるようなら、そこには好意があるとしか言いようがありませんね。

Photo by rawpixel.com from Pexels

ただ、そっけないタイプの人は、自分の頑張りを自ら自慢・アピールしようしません。


そこでどうするかというと、自分の努力や成果について、友人や同僚が周りに伝えてくれるように持っていこうとするのです。

そして、間接的に好意のある異性に、自分の存在を認識させようとします。


例えば、職場の仲の良い同僚たちに自分の仕事の成果やプライベート談を報告します。

そして、「あなた、最近スポーツジム通い始めたらしいね」なんて話してもらうように持っていき、同僚の口を使って好意ある人の耳に入れるようにする・・・そして、自分の存在を意識付かせるきっかけにするのです。


他者を利用した少しイヤらしい傾向に見えてきますが、こうでもしないと恥ずかしくて自分をアピールできないのです。

会話の内容をよく覚えてくれている

そっけなくて知らん顔しているようでも、好意のある異性の話はよく聞こえるもの。

そして、その内容をよく覚えてくれています。


仕事に集中してよく聞いていないふりをしていても、耳はダンボに。

耳は研ぎ澄まされ、あなたの会話をしっかりキャッチしてくれています。


自分との何気ない会話や、同僚同士の会話の内容について「あれ?よくそんな事覚えてくれてるなぁ」と関心させられることがあれば、それはあなたへの好意サインと思っていいでしょう。


どんなに無関心そうにしていても、好きな人のことを知りたいという心理は隠せません。

目は合わせてくれなくても、耳は好意のある人に向いているものです。

休日の過ごし方をさりげなく気にする

ふとした会話で「休みの日はいつも何してる?」とか「仕事終わって帰ったら何してる?」なんて感じで、プライベートの予定や過ごし方を聞いてくる異性は、あなたへの好意があるでしょう。


好きじゃない人なら、休日どうしていようが興味ないでしょうし。

もっとも、嫌いな人の予定なら、逆に聞きたくないくらいです。


好意ががあるからこそ、何気に予定を聞いたりしてプライベートを覗いてみたくなる心理が働きます。

そこには、「いつかそのプライベートに自分も加わりたい」という本心が表れていると言えます。

酔っ払った時によく個人的に連絡をくれる

ほろ酔いの異性から、電話やメールが来たことはありませんか?


酔うとどうしても本心が出てしまうもの。

だからこそ、日頃の好意が表に出てしまうのです


酔ってしまうと、構ってほしい好意ある異性にじゃれたくなる心理が解放やすくなります。

もし異性からほろ酔い電話があれば、その人はあなたに好意があると言っていいでしょう。


ただ、あまり頻繁だと酒癖の悪さの方が目立つので、そこは考えものですよね。

いかがでしたか?

今回は異性に何気に発せられる5つの好意サインについてご説明させていただきました。


そっけない人達でも、「相手を知りたい」という気持ちは何気に表れていますね。

みなさんも他者との会話などの中から好意サインを探してみてくださいね。


それでは!
以上、弥津でした。

【こちらの記事もおススメ】