相手をイライラさせる話し方の癖と好感を持たれる会話術について

2019年8月19日

こんにちは。時折、誰とも会話しなくていい場所に籠りたいと思う時がある弥津です。

今回は、相手をイライラさせてしまう話し方好感を持たれる会話術について取り上げます。

人によって気持ちよく会話できる人と、なぜか話していてイライラする人っていますよね。

一体、その違いは何なのでしょうか。


多くの人と面談経験を積み重ねてきた私が、相手をイライラさせてしまう話し方とはどのようなものかをご説明します。

また、最後には会話で好感を持たれる為の心がけをお話しさせていただきます。

最も会話しづらい人の傾向とは

私が最も最悪だと感じる話し方の癖は「黙って人の話を聞けない」です。


家族、友人の中にこのような傾向の人がいると、基本的に話す事自体を諦め気味になってしまいます。

徐々に会話する機会が減り、最後には家族であれば家庭内別居、友人であれば交流関係断裂に繋がります。


こういった人には、ある傾向があると思われます。

それは、常に様々な「不安感に襲われている」ということです。


自分の主張を全て吐き出さないと、自分の思うように行かないのではないか。

あるいは、自分に不利益が起こるのではないかという、過剰な心配が原因としてあるのです。


そこには、相手に目を向ききれていない、自分中心な思考が主にあります。

自分の身を守ることのみにしか視点を置けないのです。


また、自己中心な一面は、話す時の仕草などの「癖」にも現れます。

相手をイライラさせる会話中の癖

それでは、会話中のどのような「癖」に自己中心さが現れ、相手をイライラさせるのか。

その言動の一例をご説明します。

①相槌が騒がしい

会話中、相手の話がまったく入っていない証拠として「相槌が騒がしい」が挙げられます。

人の話しをしっかりと受け止めている時、人は無駄な動きがなく、どっしりと構えた態度になるものです。


会話中なのに、セカセカと動きが騒がしい人は、「その話し早く終わらせてよ」という意思が丸見え。

相手が話している最中に、激しく「うん、うん、うん、うん、うん・・・・」と相槌を打たれると、気持よく話すことなんてできません。

私の元上司がこの激しい相槌の持ち主でした。

私が状況報告しようとしても、元上司の「うん、うん、うん」という「三連うん」を繰り返す癖が邪魔して、集中して話すことができませんでした。


ムカムカが収まらず、いつしか会話すら面倒になったものです。

相槌は打てばいいと思っている人は、この癖があるかもしれません。要注意です。

②手遊び、脚の動きがうるさい

会話中に手や脚が遊んでしまう人も、相手をイライラさせる傾向のある人です。


紙を丸めながら話す、ペンを回転させながら話す、脚を何度も組み直して話す、脚の貧乏揺すりがひどい・・・など、手足がじっとしていられない癖がある人は、相手を不快にさせている可能性大です。


もともと、手遊びは幼児性の現れのように解釈されるもの。

いい大人になっても、自分遊びをしながら会話なんて、好感を持たれるはずもありませんよね。


会話中に、どうしても手先や脚が動いてしまう人は、相手に集中力がないと思われてるかもしれません。

話を聞いている時に、どれくらい体が動くのかをセルフチェックしてみましょう。

③目を合わせない、横を向いている

基本的に人の話を聞く態度として間違っている、「目を合わせずに話す」、「横を向いて話す」人も時折見かけますね。

仮に、相手が異性であっても、仕事の話をする時くらいは、相手への拒否反応ととられるような態度は控えてもらいたいですね。


じっと見つめる必要は当然ないのですが、目を合わせたり、一旦そらしたりを繰り返すことで、相手との距離を「最適に保つ」ことができるのです。


しかし、人見知りがどうしても直らない人もいるでしょう。

過去の私もそうでしたが、ここはそんな自分を打破する心意気が必要。「5秒みて、5秒そらす」と覚えるといいでしょう。


また、人見知りや相手への拒否反応が顕著に見えてしまう、横を向いて話すのは言語道断。まずは、相手に真っ直ぐ向く事から始めましょう。

④髪や顔を触る

相手の話しが面倒だという心理丸出しになる行動があります。

それは、髪の毛や顔の一部をやたらと触ること。


特に、髪の毛を落ち着きなく触ったり、枝毛のチェックをしながら話したりする行動は、相手の会話に飽きている証拠です。

また、動揺するとずっと頭を掻いたりする癖のある人も見かけます。これも、相手への不快感を招き、イライラの元となってしまいます。

それに、顔の一部を触りながら話す癖のある人は、結構多いのではないかと思います。

私の身近には、会話中に鼻を触る癖のある人が何人かいます。鼻をつまんだり、鼻の穴に指を入れたり。


面と向かって、鼻をムニュムニュされると、何か気になりますよね。

多少なり不潔な感じもするし。


会話中に顔の一部を触る人には様々な心理があるといいますが、どちらにしても相手は顔を触る動作が気になって、落ち着いて話ができないようになってしまいます。

⑤会話中なのに他の人に話しかける

話している最中なのに、近くにきた他の人に、何か用事を思い出して急に声をかける人っていますよね。

例えば、あなたから業務上の相談を受けているのに、近くにきた同僚に「あ!◯◯君、ちょうどよかった!」なんて言って、自分の用事を済ませようとする人。

「今までの私の話なんて、そんな軽い感じで聞いていたの?!」と腹立たしく思いますよね。


他の人が視界に入ったら、即あなたそっちのけなんですから、イライラしない訳がありません。

人の話しに集中していないことが如実に現れる態度ですね。

⑥大げさな反応

聞いているように見せかけて、実はまったく頭に入れる気がない心理は「大げさな反応」に現れます。


オチに至る前に、「へぇーー!!すごいね!!」とオーバーな反応したり、そんなに驚くような話しでもないのに「なにぃ!!!」と周囲がビクつくような過剰な返事をしたり。


こういった大げさな反応には、「聞く気があまりない」という気持ちが出ています。

大きな反応を自ら起こすことで、自分で話のオチを強制的につけようとしているのです。


オーバーリアクションが癖になっている人は、とにかく人の話が面倒。

相手の話は速攻オチをつけさせて、自分の話しのターンに持って行こうします。


こういった大げさ反応は、されている相手はとても不愉快。

中身のないオーバーリアクションは、相手のイライラを増大させる以外の効果はありません。

会話中は「相手に集中」を心がけよう!

以上のような、気をつけるべき「会話中のイライラの原因となる言動や傾向」。

この会話中のイライラを膨らまさせてしまう悪い要素を取り除くコツはないのでしょうか?


今までお話してきたように傾向から考えて、会話中のイライラの最大の原因は「相手への集中力の欠如」だと思います。

そこで、改善策としては、「会話中の相手への集中力をあげる」ことが考えられます。

具体的には、まずは動作に落ち着きを持たせ、「一秒かけてゆっくりうなずく」習慣を身につけましょう。
そして、とにかく「首と口以外は動かさない」ことです。



自分を抑制し、意識を相手に向けられるようにするのです。

自分のしたい言動は一切抑える意識が重要です。


「無駄な自分」を排除できれば、意識が相手に移動します。

こうして、相手が気持よく話せる環境が整うのです。


イライラさせる会話のもとになっている「無駄な自分」は何なのかを、勇気を出して自覚してみましょう。


それでは。
以上、弥津でした。

【こちらの記事もおススメ】