清潔感のある男性をアピールしても逆効果な行動5選

2018年9月12日

こんにちは。高校生の時、清潔感のある男性になりたくて髭の過剰な深剃りで肌をボロボロにした弥津です。

今回は、あなたの行っている「清潔感をかもしだす行動逆効果!?」という話題です。

職場の女性陣に、不潔と思われたくない!と気にし過ぎてませんか?

「汚男子丸出しハラスメント」を犯さないように、できるだけ清潔感のある男性であろうと心得るのは良いことですけどね。


でも、その清潔アピールが逆に「汚い部分」を印象付かせて『汚いアピール』になっているとなればどうでしょうか。


まずは、清潔感を出そうと無理していると逆効果だ!!という5つの行動を説明させていただきます。

男性の嫌われる清潔行動5つ

している本人からすれば「私はご覧の通り、清潔感に気遣ってますよ」とアピールしているのでしょうが、清潔行動も過剰になると、逆に不快感を与えてしまいます。

以下の5つは、特に注意が必要な清潔行動です。

過剰なデオドラントスプレー

デオドラントスプレーは一昔前は女性用しかなかったように思いますが、今では男性専用が増えましたね。


デオドラントスプレーを使用している男性からすれば、その香りは「間違いなくいい香り」なのでしょうが、これが意外と違うのです。


男性用のデオドラントスプレーは、とにかく香りがキツイ!!

女性より匂いがキツくなる男性ですから、芳香成分も強めなのでしょうね。

「デオドラントスプレーを体に振りまけば、女性が寄ってくる」なんていうのは、CMの過剰な演出に騙されてはいけません!!

スプレー臭で完全に体の匂いが消えるわけがないのです。


完全に匂いと消そうとして念入りに振りかければ、周囲はシトラスやら何やらの目に染みるような香りや、香水のような眩暈がする香りで、吐き気を起こすでしょう。


それに、デオドラントスプレーを使用する事自体、「俺は臭いぞ!!」と周囲の人に認識させてしまいますから。

臭いアピールしているようなものなので、人前でデオドラントスプレー臭を振りまくのはやめるべきです。

みんなの前で体を拭く

男性のみなさん、女性の目の前で、己のシャツに手を突っ込んでガシガシと胴体や脇、背中をデオドラントシートで拭きまくってませんか?

私の元上司は、「綺麗にしとかないと、女性に嫌われるからね〜」とか言いながら、女性職員の前で、ガシガシとデオドラントシートで拭きまくる人でした。
そして、拭いたシートを近くのゴミ箱に捨てます・・・そのゴミ、お前が捨てるんやろな!?


本来、体を拭く行為自体、汚らしいですよね。

好きな男性以外、その行為を許せるはずがありません。


デオドラントシートも香りがきつめですし、人前で使用されるとかなり事務所中に香りが充満しますからね。

こちらも人前でする行動ではないという事です。

歯磨きをしながらうろつく

仕事中、お昼休みに口腔ケアをする方をよく目にしますよね。

そして時折、職場で歯磨きしながら、事務所内をうろつく人がいます。


歯磨きは、その行為自体は「綺麗にする行動」なのですが・・・泡が口に溜まっている状態でウロウロされるのって見てて気持ち悪くないですか?


歯磨きを清潔行為と思われている方がいますが、「汚いものを洗っている最中」というのも事実。

汚いものを洗っているところを見せられるのは、私としては不快に感じるんですよね。

綺麗にしている姿を見せて「俺は清潔感のある男性だ!」とアピールしても、結局は逆効果なんですね。

口臭スプレーを人前で使用する

口臭スプレー(マウススプレー)も瞬間的な予防策として普及してますよね。
でも、これも過信は禁物です。


あくまで「一時的」なものであって、これを口に投入すれば大丈夫ってことはありません。

口臭の原因は歯茎や舌なのですから、口臭スプレーで口の中をさっぱりさせたって、一時しのぎなわけです。

その口臭スプレーを、会話しながらシュッシュッと、突拍子もなくする男性がいませんか?

私の友人がこのタイプで、わざとなのか癖なのか・・・会話中におもむろに取り出しては口にスプレーをするのです。

「わぁ、いい香り〜」なんて思うわけないやろ!!

好きでも何でもない人の口の中に意識が行くわけですから、口臭スプレー振りかけられても見てて気持ちいいものではない・・・。


この人、こんなもの使わないと口が臭いのかな」って思われて逆効果。


口から香りがして、心から「いい香り」なんて思えるのは、恋人が相手の時くらいのもんですからね。

使ってもいいですが、これも「隠れて」が基本です。

職場の給湯室(キッチン)で顔を洗う 

男性のみなさんは、汗ダラダラで事務所に戻ってきて、お手洗いではなくて給湯室(キッチン)で顔を洗う・・・。
それだけなら、まだ許すにしても・・・その後に鼻をかむ、うがいをする・・・なんて事してませんか?

給湯室はお茶を入れたり、弁当の容器を洗ったりします。
人が口に入れるものを取り扱う場所なのです。


お手洗いでは女性陣に男らしく顔を洗ったりしている姿を見せられないので、あえて給湯室で・・・なんて人は、軽蔑されていると思いましょう。


汚いものを洗い流す場所をわきまえる事くらいできるようになりたいですね。

清潔感を出したいなら心得たい事2つ

では、ここからは清潔感を醸し出すには何が必要かについてお話します。

体と心の両方で考えていきます。

生活習慣を改善して体の中から綺麗に

どんなに表面を香りで誤魔化しても、中身を綺麗にしないと嫌な匂いは消えません。

飲酒や喫煙で内臓が弱ると内部から嫌な匂いを発してしまいます。


匂いを消すよりは、「匂いが出ない体を作る」ことを意識しましょう。


食物繊維の多い野菜を取り入れるような食生活に変えたり、運動の習慣で体質を改善するとかが有効です。


それに、体臭にはストレスも関係しますから、解消できるようにリラックスタイムや睡眠をしっかりとるようにしましょう。

公私を分けた行動に徹する意識

周囲の人に「汚い」、「臭い」と思われる原因は、先程挙げたような「不快な行動」にもあります。

相手を不快にさせる「汚い行動」とは、基本的に「自宅でしている行動」とも言えます。

自宅で一人の時、家族といる時にしている行動をそのまま職場でもする人がいます。
体を拭いたり、キッチンで顔を洗ったり。


そういったプライベート丸出しな行動が、他者にとっては不快感を与えるのです。

自宅では許してもらえる行動は、公の場でも許されると誤解しています。


とにかく、職場と家は分けて考えるようにしましょう。
常に「余所行きな感じ」の雰囲気でいることがポイントです。


まとめれば、「清潔感とはこういった日常を感じさせず、きちっと公私を分けて行動をとる様」。


自分の行った行動がおやじの日常丸出し&無神経でないかを確認しながらやっていきたいですね。


いかがでしたか?

今回は「清潔感のある男性をアピールしても逆効果な行動5選」と題してお話してきました。


清潔感とはプライベートが規則正しく健康的であるかですよね。

ごまかすことを考えずに、内面から良くしていきたいと思う今日このごろです。


それでは!
以上、弥津でした。

【こちらの記事もおススメ】