言う事を聞かない子供を素直にさせるツボを探す方法

2019年6月8日

こんにちは。親の言う事を素直に聞けないまま人生が終わりそうな弥津です。

お子様は素直に親の言うことを聞いてくれますか?
言う事を聞かないからと言って責めてはいけませんよ。

今回は、言う事を聞かない子供素直にさせるツボを探す方法について解説します。

子供はいつまでも親の言いなりになるものと勘違いしないようにしましょう。
たとえ小さな子供であっても、自己主張は立派にできます。

俗にいう「イヤイヤ期」は、親として苦労の多い時期です。

イヤイヤ期を乗り切ることを同じく、なぜ子供が言う事を聞かないのか、その理由を理解するところから始めることにしましょう。


【SPONSORED LINK】


子供が言う事を聞かない理由とは

子供が言う事を聞かない理由として、ふたつの例をご紹介します。
まずは、「言葉が十分に理解できず、判断できない」ことが挙げられます。

親は自分のペースで日本語をペラペラと子供に話しますよね。
その全てを子供が理解できるとお思いですか?

親の言葉は、子供としては意味の分からない単語や表現がてんこ盛り状態。
意味が分からない事を言われると、誰だってそっぽを向きたくなります。子供の立場からすれば、親の「言葉の意味が分からない」からどうしようもないのです。

そして、ふたつめは「自我が目覚めているから」です。
「自我の目覚め」とは、他者の中において自分の存在を強く意識しだすこと。ひとりで生きていきたいという「自立心」の芽生えとも言えます。

親が「子供のくせに自立だなんて生意気」と考えれば、その悪影響は計り知れません。
人間らしい成長の過程を経ているとして、祝ってあげるくらいの心構えが必要です。

以上のような二点の要素を考慮し、親として子供が言う事を聞かない事を否定的に捉えないように心がけましょう。


【SPONSORED LINK】


言うことを聞かない子供の「ツボ」を探す方法

それでは、ここからは言う事を聞かない子供を素直にさせる「ツボ = ポイント」を見つける方法を考えていきましょう。

「子供に言い聞かせる」は厳禁とします。
先程お話したように、幼少期は親の説明(日本語)は難しすぎます。

怒られた印象だけ残り、無視や怒りの感情でお返しするなどの方法で、親との心の距離をとるようになります。
子供を知れば、素直にさせるポイントも知ることができると理解しましょう。

とにもかくにも「観察」から

言う事を聞かない子供を「問題児」と捉えてはいけません。
先程のお話のように、自我が目覚めるのは親として喜ばしいことです。

子供に言う事を聞かせようとする親は、目線が子供のラインまで下りていません。

適切な関わり方を心がけたいのであれば、対象を時間をかけて観察する必要があります。
落ち着いて観察することで、今まで見逃していた子供の「傾向」が見えてきます。

その傾向を知ったあと、幼少期の自分と照らしあわせてみましょう。
自分に似た傾向が分かると、子供が言う事を聞かない心境が理解できてきます。

これが、子供の目線に下りると言うことです。

子供が言う事を聞かない原因は、親の言動にもあります。
子供の心境、イヤイヤの理由を分かろうともせずに、ガミガミと叱っていませんか?

あなたは、自分の心を知ろうともしてくれない人の言う事を聞きますか?

親子の関係であろうが、「個人」が向き合っています。
自分を理解してくれる人に心を開くのは、誰だって同じです。

子供の心の傾向を見つける為に、黙って観察する習慣を始めましょう。


【SPONSORED LINK】


取材記録をつけよう

むやみに口を出さずに観察できるようになったら、「記録」をつけるようにしましょう。

記録の付け方は「取材」と同じです。
親の推測や感情を吐き出す目的で書かないようにしましょう。

ただ、子供の行動、言葉を淡々と記録すればOKです。
例えば、おもちゃで遊んでいる時に、どんな独り言を言いながら遊んでいるとか。

どんな遊びがブームなのか、何になりきっているのか。
子供の「マイブーム」を探すことが、素直に言う事を聞かせるヒントとなるのです。

観察し、取材記録を残しながら、振り返ってみましょう。
あなたのお子さんの傾向が必ず浮かび上がってきますよ。

その傾向こそ、「個性」です。
個性は「才能の種」でもあります。

あなたが見つけた子供の個性は、子供の心を掴む重要なポイント。

記録によって可視化された個性を、あとは親が認めてあげることです。
そして、その世界に入っていきましょう。

共に同じ世界で遊ぶことが、子供を素直にさせる関係作りに繋がるのです。

子供の世界で一緒に遊ぼう

ここで結論。
子供に言う事を聞かせたいのであれば、子供の目線に下り、子供の世界で共に遊ぶ習慣をつけること。そこから生まれる「信頼」が構築されれば、子供はあなたの言う事を素直に聞くようになります。

子供を下の存在と考えず、時に「共に楽しむ仲間」として接してみましょう。

観察や取材記録で把握した子供の興味を共有します。
例えば、おままごとがマイブームな女の子だったら、「お客さん」として子供の世界に訪問してみましょう。ヒーローが好きな男の子だったら、一緒にヒーローとして悪と戦う演技をしましょう。

自分の世界を共有してくれれば、幼少期の子供であっても「理解者」として心を共にしてくれます。

その後、ダダをこねるような場面に出くわしたら、子供のマイブームな世界の話しで興味をそらすといいでしょう。

ワケの分からない難しい説教を聞くより、自分のマイブームな世界感で説明してくれた方が子供は理解できます。
子供の世界で一緒になりきって、面白楽しく説明をすることを心がけましょう。

では、親も童心に戻って、子供に寄り添いを。
以上、弥津でした。

【こちらの記事もおススメ】