子供をゲームやスマホの依存症から救え!テクノストレス解消法

スポンサーリンク

こんにちは。私の大学時代の思い出はテレビゲームと麻雀、飲み会しかない弥津です。

今回は、「あなたの子供さんはゲームスマホ依存症になっていませんか?」という話題です。

テクノストレス」についての知識を取り入れると共に、その解消法を理解しましょう。

テレビゲームやスマホの普及で、近頃の子供は大人同様に「デジタル依存」の傾向が強まっています。


テレビゲームは、家族で共有しているテレビを使う事から、ゲーム時間を制限しやすいですよね。


しあし、その反面、スマホは常に自分のタイミングで手軽に使用できるので、24時間遊ぼうと思えば可能です。

子供から取り上げるのも一苦労・・・。


スマホで行えるゲームやSNSは内容自体刺激が強いのですが、画面から出る視覚的な刺激もかなりのもの・・・その刺激が「テクノストレス」となるのです。


まずは、「テクノストレス」に関する問題点からお話します。

スポンサーリンク

ゲームやSNS中心で出来る子供の交友関係

子供の学校の話題にテレビゲーム、ユーチューブなどの動画サイトのネタは欠かせません。

話題についていけないと、仲間から蚊帳の外という状態になるのだとか。


うちの子供も、Nintendo Switchなどのゲーム機、そしてスマホを欲しがります。


私は問題だとは感じながらも、Nintendo Switch を、私の少ない小遣いを投げ打って購入しました。

まぁ、私自身もテレビゲームは嫌いではないので・・・しかし、オンラインで友達を会話しながらゲームが出来るので、すぐにハマってしまったうちの子供。

バーチャルな交流がリアルな交流にも影響するようで、オンラインゲームで繋がる同級生と、実際に学校でも仲良しグループを形成しているとか。


最近は、ゲームの話題の合う子同士で遊ぶようです。

仲間作りはゲームの話題が合うかどうかが影響しているんですね。


今は学校での友人同士とはいえ、バーチャルな世界での交流に慣れ過ぎるのは、今後に良くないなと私は感じるのです。

テクノストレスが心身に与える影響

それでは、ここからはテクノストレスが心と体にどのような影響を与えるのかを見ていきます。

知らず知らずのうちに、悪い作用が脳や体に出現している可能性がありますよ。
他人事と思わずに、問題に向き合っていきましょうね。

テクノストレスと病気

まずは、「テクノストレスと病気」について理解を深めましょう。

テクノストレスとは以下の内容を言います。

テクノストレスとは コンピュータやOA機器などとの関係が崩れたときに生じる病気の総称

コンピュータ社会に適応できていないのではないかと不安におちいるテクノ不安症、コンピュータなしでは生活が成り立たなくなるテクノ依存症、ディスプレイを長時間使用することでおこるVDT症候群(VDT=PCやスマホなどのディスプレイのこと)などがある。

引用:Wikipedia

私は『テクノストレス』は最近の言葉なのかと思ってましたが、すでに2012年頃からテレビやネット上の記事で大きく取り上げられていたようです。


でも、テクノストレスの歴史はもっと古く、始まりは1980年代から。


職場にデジタル化が進み、パソコンでの作業が増えだした1980年代。

この作業に不慣れな中高年がテクノストレスに悩まされるといった出来事が表面化しだしたのがきっかけです。


このテクノストレス・・・スマホの普及で問題が再燃しています。

みなさんや子供さんも、スマホやゲームのし過ぎで、何気にテクノストレス症状に陥っている可能性がありますよね。

「テクノ依存症」と「VDT症候群」

次に、テクノストレスが関連する症状の中で、「テクノ依存症」と「VDT症候群」について少し詳しく見ていきましょう。

まずは、「テクノ依存症」から。

テクノ依存症とは、「依存」という言葉で分かるように、常にパソコンやスマホ、ゲームなどのコンピューターを操作していないと精神的に不安定になる状態のことです。


また、コンピューターが近くにないと落ち着かないというだけが主な症状ではありません。


この状態が進行すると、バーチャルな世界でしか生きていけず、人とのコミュニケーションにも影響が出てきます。

【テクノ依存症】

コンピューターに没頭するあまり、現実の人とのコミュニケーションに支障をきたしたり、イエスかノーの機械的反応しかできなくなるなどの症状のこと。テクノストレスのひとつ。

引用:ASCII.jp デジタル用語辞典

次に「VDT症候群」について。

パソコンやスマホを長い時間使ったあとって妙に疲れませんか?

特に、『目』!。


VDT症候群は、主に眼精疲労など目に症状が現れるのが特徴です(個人差があり、現れない場合もあります)。


その他、悪化すると身体にも、以下のような症状がみられます。

◯血流障害によって起こる首や肩の凝り、腰痛、手指の痺れ、胃腸不良。

◯精神面では、抑うつ、倦怠感、不安感、過度の緊張、イライラ、食欲の異常、不眠など。

どんなに寝ても朝の目覚めがすっきりしないのも症状のひとつですね。

子供に現れるテクノストレスの症状と原因

このように、大人に多くの悪影響を与えるテクノストレスですから、当然子供にも多大な影響を与えます。


子供さんにこんな症状が現れたら「要受診」です。

子供のテクノストレスサイン

・あくびを頻繁にする

・まばたきの回数が多くなった

・まぶたが痙攣

・集中力がない

・昼夜逆転(昼間居眠り、不眠)

・肩コリを訴える

・音に過敏に反応

私は以前から右のまぶたがピクピク痙攣することがあります。

今考えれば、テクノストレスの症状かもしれませんね。


子供に症状が出る原因は、ディスプレイからの光の強い刺激や過度の情報に触れること、ゲームによる興奮などです。

子供の場合、このような症状が慢性化すると、成長段階である脳や身体の正常な発育が妨げられることになります。



一度しかない子供の成長期・・・放置できない問題ですから、大人がしっかりと対策を取る必要があります。

テクノストレス解消法

では、テクノストレスから開放される方法を考えていきましょう。


解消法としては、コンピューターやOA機器から自由になる(離れる)ことが先決です。

ディスプレイからの光から目を守る

まずは、ディスプレイからの光による強い刺激から目を守りましょう。


パソコン、スマホのディスプレイ照度を落としたり、フィルムなどでブルーライトカットの加工するといいでしょう。


「PCメガネ」で光をカットする方法も有効的です。

目の休息をとる時間を作ろう

目を守る為に最も必要なことは「休息」です。

長時間に渡る作業をしないと行けない場合、一時間以上の休息が適宜必要です。


目のストレッチ体操をしたり、目を休める為に遠い景色(できれば山などの緑を)をゆっくりと見て心身共にリラックスするといいでしょう。

アナログな遊びの面白さを伝える

親には自分の「アナログな遊び」の面白さを伝える役目があると、私は思います。

アナログな遊びが分からないという若いお父さんお母さんもいるでしょうから、一緒に散歩に出かけるので充分です。


市街にあるレンタサイクルで一緒に街を散策もいいですね。

また、季節感のある場に出かけてみましょう。


例えば、桜や梅、紅葉を鑑賞する。

海を見に行くのも落ち着きますね。


さらに、春から秋にかけて思い切って、泊まり込みキャンプに出掛けるのも憧れます。

できれば、広く開放的な場所に身を置きたいですね。


先程も言いましたが、最初から難しく考えなくてもいいです。

遊びが思いつかなければ、買い物に行くでもOKですし、ジョギングなどの軽いスポーツもいいですね。

デジタルから離れる時間を作る

子供をテクノストレスから開放する為には、親が率先してコンピューターから離れる意識を持たないといけません。

親がスマホやPC片手に、子供に「ゲームするな」、「スマホをさわるな」と言っても何の説得力もありません。


親が「デジタル」から離れる時間を作り、子供にその姿を意図的に見せましょう。


「食事の時はスマホを見ない」

まずは、このようなルールを決めることから始めるといいでしょう。


ゲームやPC、スマホなくたって、別に人生終わるわけじゃないですからね


いかがでしたか?

今回は「子供のテクノストレスとその解消法」についてお話してきました。


子供は自分の症状に気づきません。

大人がデジタルから離れ、しっかりとした手本を示せるようになりましょうね。


それでは!
以上、弥津でした。

子育て
スポンサーリンク
シェアする
弥津 彗をフォローする
スポンサーリンク
等身大ラボ