過剰な期待が子供を潰す。適度な「放任」で反抗期を乗り越えよう

2018年4月11日

こんにちは。親から期待だけされて、何にも協力してもらえなかった弥津です。

みなさんは自分の子供への「期待」をどのように表現していますか?
今回は、親の過剰期待子供を潰さないようにしながら、「反抗期」にどのように向き合うべきかを考えていきます。

みなさんは自分の子と周りの子を比べたりしてませんか?

また、自分の経験から「こうするのが間違いない!」という固定観念を押し付けたりしてませんか?

子供の時は他者との違い、ましてや人生の生き方なんて説明しても分かるはずもありません。

色々とたたみ掛けて指導したって、ただ責められている感覚で逆効果。

それが、いつしか反抗心になり、まともに親の助言を聞けない関係になってしまいます。

反抗期と向き合うには「適度な放任」が重要
まずは、親が感情をセーブできるようになることから始めようというお話からさせていただきます。

【SPONSORED LINK】

  

親の感情をセーブしないと始まらない

子育てを一生懸命にしているのに、子供の反抗が日に日に強くなる・・・そんな状況に悩むお父さん、お母さんはとても多いでしょう。

では、なぜ反抗するのか。

だって、親子は同じ血が流れはしていますが、所詮一人の『個人』。
要するに、似てはいても『違う人』なのです。

反抗期は、「なりたい自分は自分で見つけるんだ」という『自立心』の表れと言えます。

多くの親は「重大な誤解」をしています。

それは「子供は親の言うことを聞くのは当たり前」または、「子供は親の言う事が理解できて当たり前」という考え。

また、「親は子供に口うるさくて当然」なんて、とてつもない勘違いをしている親もいるかもしれません。

口うるさく言われて、心穏やかな人なんて誰もいません。

もし、子供さんが「親のいうことを聞いてくれない」というのであれば、あなたが何らしかの間違いを犯しています。

「子供が言うことを聞かないのは反抗期のせいだ」
自分の問題点を省みずに「反抗期のせい」にする親は最悪・・・うちの親がそうでしたから。

子供が素直になってくれない時・・・あなたの何が不正解なのでしょうか。

適切な子育てのアプローチは多種多様ですが、一方でこれはやってはいけないといういくつかの不正解はあるのです。ではその不正解とは何か? それは、「今やっている方法」です。

引用:東洋経済ONLINE  反抗期の子に悩む親が知らない「最後の手段」

うまくいかない場合、確実にあなたが「正しい」と信じて行っている、子供への接し方に問題があるのです。

子供のせいでもなければ、反抗期のせいでもないのです。

まずは深呼吸をして落ち着いて、自分の「不正解」を認めましょう。

「でも、具体的に何が悪かったのか分からない・・・」 
そんな人は、どんな言葉、動作?・・・なんて、思い出せもしないことを考えるよりは、もっと「あなたの感情」に目を向けてみて下さい。

今、直面している問題というのは、お子さんの問題ではなく、親の問題なのです。親の感情の問題なのです。親が自分の感情をコントロールできないために発生している問題なのです。目の前の子どもの状態を見て、「カッ」ときて、あれこれ言ってみたり、あれこれ手をだしてみたりするのです。

引用:東洋経済ONLINE  反抗期の子に悩む親が知らない「最後の手段」

親が感情をコントロールできないと、子供も感情も整えられないんですよね。

子供は周囲にいる人の感情に翻弄されてしまうものです。

親が怒っていれば、萎縮した気分になるし。
親が嬉しそうなら、一緒に嬉しい気分になるし。
親が泣いていれば、不安な気分になるし。

反抗期を乗り越える為にも、まずは親である自分の感情をセーブすることが最重要ですね。


【SPONSORED LINK】


過度な期待をするな!「諦めろ」

子供への愛情が豊かだからこそ、人は子供に寄り添いの一環として「期待」を寄せます。

でも、決して『寄り添い=かまってあげる』ではないんですよね。

先程も少しお話しましたが、人は「なりたい自分に自分の力でなるんだ」というパワーを持っています。

そこで、過度に寄り添われると、「自立を阻害」されている事になってしまうんです。もっとはっきり言うと、「邪魔」なんですよね。

自分の子供なんですから、持っている「才能」を信用して見守りに徹する(手や口を出さない。危険なときだけ助言する)という姿勢が重要。

「それでも、子供を放任だなんてできない」と言う方。
いっそのこと、「諦める」という言葉を頭に入れておくとちょうどバランスがとれるでしょう。

感情の問題というのは、そう簡単に解決できません。ではどうすればいいでしょうか。それが「諦める」なのです。一切、子どもに「こうなってもらいたい」という期待を捨てましょう。「期待」と「絶望」はセットでやってくるのです。

引用:東洋経済ONLINE  反抗期の子に悩む親が知らない「最後の手段」

「親が変われば子も変わる」

親が諦めて放任に転換できれば、子供は水を得た魚のように実力を発揮するでしょう。

子供を苦しませるのも親なら、救うのも親です。

子供が自分の力で気付き、行動がとれるように適度に放任しましょう。

では、放任でなぜ伸びるのか。

それは、子供の全ての行動が「自分がしたいからする」にシフトされるから
です。

自分から率先して行った経験は頭に残りますし、自分で解決策を見つけていくので経験値も増えていきます。

あなたも職場で上司から指示ばかりされるのも嫌ですよね?
時には「私に任せてよ!」って言いたくなります。

逆に、親の敷いたレール通りに走る子供になると、大人になっても「指示待ち人間」。あるいは親子の「共依存」になってしまいますよ。


【SPONSORED LINK】


反抗期の注意点と接し方のポイント

反抗期は「私は一人で生きていきたい」という意思の現れであり、親としてはお祝いしないといけないくらいです。

でも、反抗期で子供の態度が悪いと、親としては親不孝者とばかりに追い詰めがちに。

その、親の「押しの強さ」が子供の反発を呼ぶのです。

押し付けると反発するし、引くと寄ってくる。人間関係も物理学の力学の法則と同じようなことが起こります。

引用:東洋経済ONLINE  反抗期の子に悩む親が知らない「最後の手段」

あなたの押す力と同じ力の反応が子供から返ってきます。
でも、逆を言えば、こちらが押さなければ向こうから引き寄せられてくるものです。

では、具体的に反抗期の時にしてはいけない言動は何なのかを考えましょう。

まずは「勉強しろ」はやめましょう。
これを言ったら、親として失格と思うように。

それに、会話のコツとしては「子供から話し出すまで待つ」ことも心がけましょう。
私は根掘り葉掘り先に聞かずに、子供から話しだしてくれるのを待るように心がけています。 

今では自分から言いたいことを、例えば、学校での出来事などを話してくれるようになりました。

以上のことから、『親からの子に向けて発信する機会を減らす』ことが、反抗期の大きなトラブルを回避するポイントと言えるのです。

子供は無条件に親の言うことは聞きませんが、生まれてすぐに無条件に愛してくれます。

生まれていきなり親が嫌いなんて子供は世界中どこにもいませんから。

無条件の愛をくれるような我が子には、その愛情のお返しとして「自由」を与えてあげましょう。

そして、親の心が平穏であれば、子も穏やかに。
それができれば、反抗期でもお互いに反発し合うようなことなく、よい親子関係を維持できるでしょう。

みなさんも「放任」を心掛けて、今日からでも実践してみて下さいね。

それでは。
以上、弥津でした。

【こちらの記事もおススメ】