子供への関心の薄い親が子供に与える影響と親が心得るべきポイント

2019年5月15日

こんにちは。親から関心を持たれていると感じたことのない弥津です。

今回は、子供への関心が薄いと、子供がどのような性格になってしまうのか」を考えます。また、親が子供に対して心得るべきポイントについてもお話します。

先日、子供の授業参観に行ってきました。

こういう場に必ずいるのが、ママ仲間と私語に夢中で、子供をまったく見ていない母親たち。


こんな時くらい子供に関心を持てよ!!・・・って、思いませんか?


子供は、親のことなんて見ていないと、勘違いしている親御さんがいそうな気がします。

でも、子供はしっかり観察していますよ!!
親が自分を見ているのか、見ていないのか・・・だって、小学生当時の私がそうでしたから。


自分の事ばかりで、子供への関心の持ち方が分からない親が増えていると感じる私。

なぜ、子供への関心薄な親が増えているのでしょうか?

なぜ子供に無関心な親がいるのか

子供への無関心(ネグレクト)などの児童虐待といった、親と子の悲惨なトラブルが絶えません。


子供に関心を持たず、「放っておいても育つ」と勘違いしている親がいるのも確かです。

実際に、私の知人の中に、「放任主義」という言葉を都合よく使い、子供への管理を放棄している親がいます。


公共の場で子供が騒ごうが、他者に迷惑かけようが見て見ぬふり・・・。

ママ友と会話に没頭しているふりをして、子供が妙なことをしていても気が付かないを装っています。

では、なぜ「無関心」、あるいは「無関心を装う」のでしょうか?

その理由は、『自分中心の生き方のままでいたい』という心理があまりにも強いことにあります。


言い換えれば、心が子供のままで、親になりきれていないのです。


自分自身が苦しい思いをしたくない、面倒に巻き込まれたくない・・・そんな心境になると、人は自分を守る為に「無関心」という選択肢を選びます。

子供にだけではなく、何に対しても自分を犠牲にしてまでも苦しみたくないという気持ちがあるからだと思われます。


授業参観に参加して、一見子育てにしっかりと向き合っているように見えても、そこはあくまで世間体や子供に気を使ってのこと。


人は、自分が面倒だと思う状況になると、本性が出るものです。

今回の場合、ママ友との会話という形で、本当は面倒だと感じている子供の授業参観への拒否反応を示していると感じます。


本心からその場を楽しみに来ていない様子が丸見えなのです。

子供への関心が薄い親だと子供はどのような性格になるのか

では、親が子供に向けての「関心」を示させない場合、子供にどのような影響があるのでしょうか。


子供は親や大人との関わりの中で、正しい事、悪い事を学んでいきます。

親が子供に関心を持って、適切に管理・指導をしないと、以下のような性格的特徴が出てくるのです。

人を馬鹿にする

親から正論を教えてもらえないと、「自分の考えや存在こそが正しい」と勘違いしてしまいます。


自分の考えに合わない人やグループ外の人を見下すようになります。

親の監視のない状況で育っているので、他者を批判しても言い返される心配を感じません。

同じ年代の子供だけでなく、大人に対しても馬鹿にしたような態度を取るようになります。

人の物に手を出してしまう

親に目を凝らされた経験がないので、自分の本能のままに動くことを許されていると脳が認識してしまいます。

その為、「欲しい」という欲求を抑える事ができず、目の前にある他人の物に手を出してしまいます。


これも親が良くない行為を注意しなかったことが原因です。


小さいうちは必ずといっていい程、してはいけない行動を他者に行います。

その時々で親が注意することで自然と学ぶものです。


親の無関心で学ぶ機会がない子供は「自分の行動は全て間違っていない」と思い込んでしまうのです。

謝ることができない

前述した傾向のように、自分自身に罪悪感がないので、どんな状況であっても「先に謝る」ことができません。


また、無関心な親は子供の不祥事を一緒に謝ったりしません。


子供に無関心な親は「子供が勝手にした失敗」として他人事のような反応をするので、何かあっても子供一人で謝罪させにいきます。

子供が正しい謝罪を知ってる訳がありません。

謝罪の意味を知らず、また同じ失敗を繰り返す子供になってしまいます。

落ち着きがない

親の関心を感じる事ができない子供は「無法状態」です。


親の目のもので何かに集中して取り組んだ経験がないので、どのような状況においても落ち着きがありません。


「落ち着く」ことを知らない子供はそのまま成長し続け、最終的には「大人になりきれない大人」として周囲に認められない社会人となってしまいます。


親と一緒に勉強や作業に取り組んだ経験が、子供の集中力を高め、自分一人で挑戦したいという意欲を植え付けるのです。

人目を気にする事ができない

親の監視のない状況で自由気ままに生活を続けていると、他者からどう自分が見られていると気にする事ができなくなります。

他者から軽蔑されていると分からずに、風紀を乱すような言動を起こしてしまいます。

逆に、自分への注目を感じて優越感に浸るようになり、行動はエスカレートするでしょう。


親が子供に注目する生活ができていれば、子供は自然と「他者の目を感じる経験」を積むことができるのです。

しかし、その経験を親との間で積むことができないと、学校や職場ではその意味が分からず、本能のままに行動する傾向が強まるでしょう。

子供への関心の向け方のポイント

では、前述のような子供にならないために、親は具体的にどのような関心の持ち方をすればいいのでしょうか。

ポイントを5つに分けてご説明します。

子供から目を離さない意識を持つ

親となった今は「自分が一番大切」という考えを改める必要があります。


しかし、「子供のために自分を犠牲に」となると更に拒否反応が増すでしょう。

その場合、「子供を自分と対等なレベルの存在」と考えるようにしましょう。


上でもなく、下でもない。
自分と肩を並べた「仲間」でもいいでしょう。


信頼できる仲間の行動はいつも気になりますよね。

親であり、子であり、仲間であると思えば、どのような行動をとっているのか関心が湧くでしょう。

それと同時に、子供から目を離したら「自分に逃げられない責任」が課せられると意識することも重要です。


あなたは大人です。
「見ていなかった」、「知らなかった」で済まされると勘違いする子供時代は終わっている事を自覚しましょう。

親同士のおしゃべりは無駄だと思う

自分の日頃のうっぷんを晴らす為に、ママ友やパパ友間でおしゃべりしたくなる心境は理解できます。

しかし、子供への関心を放棄してまで行っていいものではありません。


子供は自分に関心を全く持たず、おしゃべりに没頭しているあなたの姿をしっかりと見ています。

そして、あなたに対して何の恐怖心も感じず、隠れて好き勝手するようになるでしょう。


また、子供を放ったらかしにしておしゃべりしている姿を、周囲の人も見ています。

他の大人たちから、「無責任な親だな」と冷たい目で見られていることも意識しなければなりません。

子供がいる時はスマホを触らない

スマホを見てばかりで、子供の様子をまったく見ていない親をよく街中で目にします。


そんなあなたに子供は何も感じていないとお思いですか?

子供は自分に目をやらずに、スマホという無機質なもののトリコになっているあなたに悲しさを感じています。


また、その姿を見せ続けることで、自分もスマホが欲しいと思うようになり、将来手にした日にはスマホ依存症の道を突き進むでしょう。


まずは、あなたはスマホ依存から開放されなければ、子供に関心を向ける時間はできません。

子供がそばにいる時はスマホを一切触らないというルールを作りましょう。


それでも、どうしてもスマホを触りたいと思うのであれば、すでにあなたは依存症かもしれませんよ。

自分の親との交流を深める

子供に無関心になる理由のひとつとして「子育ての仕方が分からない」ことが挙げられます。


子育てのノウハウを持っている一番身近な人は「あなたの両親」です。

また、記憶にない幼い当時の自分の話を聞く事で、自分の子供への見方も変わるでしょう。


自分も両親に大きな迷惑をかけた事を知り、それに向き合ってくれていた親の姿を感じることができれば、子供への関心が強まるでしょう。


両親を疎遠になっているのであれば、交流の機会を増やすようにしましょう。

子供に関する日記をつける

子供への関心を増させる為に、文章として記録に残すこともオススメです。

文章にすることで、自分の感情を振り返ることになります。


また、記録するネタがないと分かると、関わりの少なさを自覚できます。

自分の為の日記であれば、長続きしない可能性があります。

子供の成長記録を、無料ブログで育児日記・子供の観察日記としてを書き続けるのもいいでしょう。


はてなブログのような無料な上に読者が増えやすいツールであれば、続ける意欲が湧きます。

そして、記事を書くネタを探す為に、子供への関心が強くなるでしょう。


いかがでしたか?

今回は子供への関心の薄い親が子供に与える影響と親が心得るべきポイントについてお話させていただきました。


子供は親をみていないようで、見ながら行動をとっています。

無関心だと分かれば、落ち込む、攻撃的になる、わがまま・自分勝手になるなど良くない傾向しか出てきません。


親として子供に関心を持つ工夫を考えていきましょうね。


それでは!
以上、弥津でした。

【こちらの記事もおススメ】