アラフォーの私が歯茎ケアの為に「生葉」を試してみたレビュー【歯磨き剤編】

こんにちは、弥津@yazusui)です。

アラフォーになって歯茎ケアが気になるようになった私。

「手遅れになる前にできることはないか」と考え、小林製薬の『生葉を試してみたくなりました。

今回は、歯磨き剤と塗り薬を衝動買いして、使用したレビューをお話します。

この記事では【歯磨き剤】についてご説明します。

年齢を重ねてくると様々な変化が心身に現れるものです。

口腔内もその例外ではありません。

アラフォーの私にとって恐ろしい歯肉退縮

以下のような原因がもとで、知らず知らずに歯肉が後退していく人が・・・。

【歯肉退縮の原因】

・歯周病
・遺伝
・ブラッシングのし過ぎ
・不十分な口内ケア
・ホルモンの変化
・たばこ
・歯ぎしり、食いしばり
・歯並びやかみ合わせの不良

引用:BRAUN「オーラルケアの問題&解決策」歯茎が下がる!! 歯肉退縮の原因と対策

歯肉は怪我をした時の皮膚のようには、再生しないと言われています。

ようするに、なくなったらそれまでに。


歯肉がなくなれば、土台を失った歯はグラつき、最終的には取れてしまうことに。

そう考えると、怖い・・・歯が取れそうになってからでは遅いんですよね。


今のうちから口腔内をケアしておきたいと感じた私は、どれが続けやすいのかを確認するべく、ドラッグストアに直行いたしました。

歯茎ケアの為に「生葉」を試してみた

まずは、日頃の歯磨き剤を見直そうと思い、『薬用ハミガキ 生葉c』を試すことにしました。

ドラッグストアで買い物カゴに入れて、レジに並んでいる時、少し恥ずかしい感じがしました・・・他のお客さんやレジの店員さんから「こいつ、歯槽膿漏か」って思われるんじゃないかって。


なんせ、商品の箱にはドドーーンと『歯槽膿漏』の巨大文字が!

パッケージのデザインを少し考えてもらわんと、店頭で買いにくいわ、これ。


そうだ・・・これは俺のじゃない、うちのおばあちゃんの為に孫が買いに来ているんだよ〜ってことにしようと、ひとり心の中で自己解決し、無事に購入完了。


私の行ったドラッグストアでは、税込み767円でした。

100gなので、一般的に売られている歯磨き剤と大きさは同じです。

ドバドバと使わなければ、それなりに長く使用できそうな容量です。


でも、チューブの表面にも『歯槽膿漏』の文字がデカデカと!

子供に見せたら、私の歯と歯茎が死にかけているのかと勘違いされそうなので、ひと目に付かない洗面所の棚に保管することにしました。

生葉歯磨きの成分と効果

こんなことはいいとして、肝心の成分と効果について調べてみました。

【小林製薬 薬用歯みがき 生葉の商品詳細】

●ヒノキチオール(ヒバ含有成分)、グリチルリチン酸ジカリウム(カンゾウ由来成分)配合。

●ムクロジエキス(天然由来洗浄成分)、シャクヤクエキス、トウキエキス(ひきしめ成分)配合。

●抗炎症剤のグリチルリチン酸ジカリウム(カンゾウ由来成分)が歯槽膿漏を予防します。

●ハーブミントの香りでお口をさわやかにします。

引用:楽天市場

パッケージに書かれている『5種類の天然植物由来成分配合』の「5種類」は「ヒノキチオール」、「グリチルリチン酸ジカリウム」、「ムクロジエキス」、「シャクヤクエキス」、「トウキエキス」。


そのうち、ヒノキチオールとグリチルリチン酸ジカリウムは、調べたら殺菌消炎作用があるようです。

そして、ムクロジエキスは洗浄効果、シャクヤクとトウキはひきしめ効果が期待できるとのこと。


歯槽膿漏予防には、特にグリチルリチン酸ジカリウムが役立つようですね。

チューブのウラ面に書かれている効能・効果には歯周炎の予防が一番最初に書かれています。

どうも、あくまで歯周炎や歯肉炎の『(進行の)予防』といったところがメインのようです。

歯茎って、前述のように一度失うと再生しないようですから、予防でもいいので今から取り組むべきですね。

磨き心地はどうか

さて、その中身ですが、歯磨き剤の色は緑。

なんか「自然の草」を連想させる色ですが、着色剤として黄色203号、青色1号がしっかりと入ってますので、緑は着色でしょうね。


歯を磨いてみて、薬草っぽいクセのある味でもするのかと思いきや・・・いたって普通でした。


昔からあるデンターとか古株の歯磨き剤と味わいは変わりません。

後味もクセはなく、メントールの爽快さが口に残ります。

使用後の実感について

丁寧にハミガキしたつもりでも、翌朝には口腔内はベトついた感じがする・・・あの不快感は使っていくうちに軽減される気がしました。


それに、歯茎ですが、私の口腔内を画像でアップするのは皆さんを不快にさせるかもしれないので控えますが、一ヶ月も使うと心なしか歯茎の色が濃くなったように思えました。


私自身が生葉を使い出して、磨き方み丁寧さを心がけるようになったのもあるとは思います。

柔らかめの歯ブラシを使って、ゆっくりと歯と歯茎をブラッシングしている効果が出ているのでしょう。


『医薬部外品』(=厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されているもの。治療というよりは防止を目的に作られている。)ですから、治療薬とは違いますからね。

これ単体の力を期待しても、歯茎が再生するわけでもないし。


それでも、使用しだして口腔内はクリーンな状態がキープされているのではないでしょうか。

以前は朝起きた時や、仕事疲れが隠せない夕方に感じていた口腔内の嫌な匂いもなくなったように思えます。


歯茎が元気だと口腔内の不快感も消えますからね。

前に比べて良い変化を感じるので、使用してみて良かったというのが結論です。


味もクセがないし、効果も続ければジワジワ実感できるし、これからも継続使用してみようかと思う私です。

今よりおっさんになった時に、必ず差が出るはずです!

さて!
お次は、生葉の塗り薬も試しに使ってみよう!!


あれはあれで『医薬品』なんで、何かすごい効果ありそうですよね。

それでは!
そちらのレビューも併せてご覧ください!