ブログ初心者が心得ると上手くいく書き方のコツ

2019年5月19日

こんにちは。恥ずかしいと思いながらも始め、今やブログが趣味の弥津です。

今回は、ブログ初心者が心得ると上手くいく、書き方コツをご説明します。

アクセスを集める人気ブログをみていると、文章力に長けた内容のものをよく目にしますね。

同じ文章レベルでないと、ブログを始める資格がないと思いがちですが、実はそんなことはありません。


躊躇する時間があるなら、「とにかく書く」です。

恐れるに足りません! 前に進むのみです。


それでは、ブログ記事を作成するにあたっての心得・コツを見ていきましょう。

最初は下手な文章を書け

文章を書こうとしても、躊躇してしまう原因のひとつは「上手く書けないかもしれない」という恐れです。

その不安感が先にたって、筆が重くなるのです。


しかも、歴戦の勇者ともいえる人気ブロガーたちの記事をみると、どれも自信に満ち溢れた余裕ある文章。

到底自分では到達できない領域と錯覚してしまいます。


しかし、いきなりスーパーブロガーになれた人がどれだけいるでしょうか?

どの人気ブロガーにも「まだ誰も知らなかった当時」があります。

その時は、とても人を惹きつけれるレベルの記事ではなかったでしょう。


未熟な文章は必ずあとであなたの「進化の糧」になります。

そこで、あえて「下手な文章を書く」ことを意識して書きましょう。


初めから上手い人は自分の落ち度に気づきにくいマイナス面があります。

最初から上手い文章を書くなんて緊張せずに、「わざと下手な文章を書くぞ」くらいの気持ちで始めてみましょう。

1日1記事を心掛けよ

ブログに文章を書くにも「慣れ」は必要です。

初めは文章をどう書いていいか分からないので、脳が異常に疲れます。


そのキツイ段階で書くことから離れ、ちょっとしただけでブログを諦めてしまう人もいます。


でも、下手で結構。

自分の独り言のような、頭から浮かんだ言葉をそのままタイピングする練習をするだけでも効果はあります。


ブログに文章を書くことを脳に習慣化させるために、「下手な文章を毎日書く」ことを意識してみましょう。

友達に向けて自分の意見を言っていると想像して、その言葉を文章化すればいいのです。

最初は誰も見ない!心配するな

ブログ記事を作成して投稿すると、「誰かに読まれるかもしれない」という不安が襲ってきます。

人によっては、書く前の段階で「下手な文章を読まれて笑われるかもしれない」なんて怖がる人も。


でも、安心してください。
どんなに頑張っても最初はあなたの文章は読まれませんから。


Googleなどの検索エンジンにあなたの記事が載るまで、3ヶ月から半年はかかると長期の目で見ましょう。

ですから、初めて1〜2ヶ月はあなたの記事に誰も気づきもしません。

要するに、下手な記事を読まれるかもしれないなんて不安になる必要はないのです。


また、仮に数カ月後に検索エンジンに載り、アクセスを集めるようになっても恥じる事はありません。

ネット上には、初心者のままのような文章が溢れています。


あとで気付いて修正すれば、何の問題もありません。

最初の段階から読まれる前提で緊張しなくていいという事です。

50記事までは無心で突き進め

記事を書いて投稿すると、その記事の質が気になって何度も見返してしまいます。

それを繰り返すと、次の記事を書くまでに時間を要する事があります。

ですが、最初の「文章力がない段階」で何度見返したって、文章の質は上がりません。

何度も見返す時間があれば、次の記事の構想を練り、文章作成の経験を積みましょう。


1日1記事を習慣にすれば、2ヶ月程で50記事を積み上げられます。

この段階に至るまでは、振り返らずに突き進みましょう。


文章を書く経験が積み重なれば、書く速度も上がりますし、自分の言葉で表現することに恐れがなくなってきます。

振り返るのは50記事を過ぎてからで問題ありません。

ライティング参考書籍で勉強せよ

ただ書いていくだけでも、自分なりに文章力は上がってくるものですが、それはあくまで「自分なり」のレベルです。


50記事書いたあたりから、読み手に優しい文章のコツを知ることでステップアップを図りましょう。

そのために有効な手段は、「ライティング技術を高められる書籍」の力を借りることです。


私が今まで参考にしてきた書籍をご紹介します。

このような書籍はダメな文章の例や、読まれるタイトルの付け方・惹きつける文章のコツを教えてくれる貴重な先生です。


書くことに慣れてきたあたりで、今までの自分の文章の癖を書籍の力を借りて見直してみましょう。

結構、ダメな書き方をしてきたことに気づきますよ。


その気付きをリライトに活かすのです。

リライトで己の文章の稚拙さを知れ

ここで、一番最初の記事から順番に自分の文章を見直してみましょう。

私の場合、「最初でも普通に読める文章は書けていただろう」と高を括っていました。


しかし、読み返してびっくり・・・。あまりに稚拙で読むに耐えない文章ばかり。


書き始めた当時が問題がない文章と思っていても、書き進め、そして文章の基礎を学んだ今となって初めて気づく文章の未熟さ。


でも、これでいいのです。
このステップを踏まないと文章力は上がらないのです。


全書き換え覚悟で、読みやすい文章に徹して、リライト「進化」させましょう。

ローマな1日にしてならず! 下手から上手に慌てすステップアップする意識でやっていきましょう。


いかがでしたか?

今回は、ブログ初心者が心得ると上手くいく書き方のコツについてお話させていただきました。


最初から「できるレベル」を自分自身に期待せずに、コツコツと進化していく気持ちで。
積み重ねたものは簡単には壊れません。


着実にステップアップできるように、諦めずに取り組みましょう。


それでは!
以上、弥津でした。

【こちらの記事もおススメ】