気付く人と気付かない人の違いは何か?気付く人になる為に必要な事

2019年7月28日

こんにちは。過去の栄光と言えるものが何もないまま年を重ねている事に、ようやく気付いた弥津です。

今回は、よく「気付く人」と「気付かない人」の違いは何かについて。
自分が気付く人になる為には何が必要なのかを考えます。

あなたも身の回りに、「気付く人」はいますか?


例えば、他者の心境の変化を察知して気遣いの言葉をさりげなく言えたり、良い言動や悪い言動を見逃さずに褒める・指摘するが上手にできる人のことです。


気付く人は、気配りができる人でもあるので、周囲の人たちから尊敬のまなざしで見られることがありますし、憧れますよね。

では、どうすれば自分が「気付く人」になれるのか。


そのポイントは「気付かない人」の傾向の中にあります。

まずは、気付かない人になってしまう要因について見ていきましょう。

気付かない人が持っている傾向

気付かない人は、自己中心的な人の持つ傾向のひとつ。

でも、そうなってしまったのには、そこに至るまでの「原因」があると私は思います。


どのような原因があるのかを考えてみました。

自分への過度な自信がある

幼い頃から過保護に育てられると、厳しい指摘や指導を受けた経験が少なくなります。

そうなると、常に「私は完璧」といった思考になりやすく、自信過剰な大人として成長してしまいます。


「常に完璧な自分には何の問題もない。周囲に対して悪影響を与えているはずがない」という考えが基本となり、気遣いを行う習慣が身につかないのです。

また、失敗したという経験が記憶に残りづらいことから、大人になっても怖いもの知らず。

自分が行えば成功が約束されているとばかりに、周囲の人たちがどう思っているかを確認せずに行動してしまいます。

気が付かなくても支障がない生活だった

人は過去の経験に基づいて行動を起こすものです。

過去に、周りの空気に気付いて上手くいったことや、逆に大失態をおかしてしまった経験があると、気付きセンサーが搭載されるようになります。


それとは反対に、今までの人生の中で、そこまで「気付き」に関する印象に残る経験を積めなかった人は、気付きの力が身につきません。


「気付かなくても自分には損も得もない」という考え方だけ習慣化します。


こちらは、責任から逃れる傾向の強い人が陥りやすい思考です。

スルーによって身を守ってきた過去がある

人間が当たり前に持っている自己防衛本能。

心底嫌なことが目の前で起こっていると、目や耳を塞ぎたくなりますよね。


自己防衛本能が強く働く人は、身を守る術として「気付かないふり」を用いることがあります。

それが常態化していくと、自分の四方をバリケードで囲うような人になってしまいます。

何でもなんでも情報をシャットアウトして、未然に面倒事から身を守るのです。


「気付かないことこそ、最善の防衛方法だ」ということです。

気付いたからといって褒められる事がなかった

他者に何か気付いてあげたからといって良いことが自分にない場合は、また気付いてあげようなんて思いませんよね。

優しさが評価されないと、その脱力感から「もう二度と優しくしない」と思ってしまいます。


時には、気付いているのに意図的に知らんふりしたり。

このように、本来は気付く能力があるのに報われずにいることで、閉塞的な性格になってしまう人もいます。


他者への気付きが足りないからといって、一方的に批判できないケースです。
そうなってしまった原因が、周囲の人の気遣いのなさが先の場合もあるのです。

気付く人の特徴とは何か

それでは、よく気付く人の特徴は何でしょうか。

基本的には、先ほどお話した「気付かない人が持っている傾向」と反対の傾向を持っている人だと思います。


「自信過剰でない」、「責任感がある」、「自己防衛本能が適度」、「他者に配慮することの良さを知っている」といった特徴を持っている人は、気付きの能力が高いでしょう。


また、先程の「気付かない人が持っている傾向」が自分にないかを考えましょう。

自分の傾向に目を向けたあとは、周囲の人たちの感情を察知する能力をつけるように。

独りよがりでは、自己中心な人で終わってしまいます。


目の前にいる人の感情をコピーしてみると、「共感スキル」が上がりますよ。

怒っているようなら一緒に怒ってみる、笑っているようなら一緒に笑ってみる。


気付く人は、この他者の感情を掴み、共感する能力があります。

だからこそ、その場の空気や他者の変化に「気付く」のです。

つらい人生だからこそ得るスキルについて

他者への共感スキルを身につけるには、それ相応の「経験」が必要です。


私の経験談として、過去のつらい経験は特に共感に役立ちます。

相手に強い印象を与える共感は、嫌なことや苦しいことを理解してくれた時です。


自分のつらい経験を例に出して話せば、相手は心を開いてくれます。

それによって、相手の本音を知ることができる。


その本音は、その後の他の人や自分への「気付き」の材料となります。

ただ上辺だけで共感しても、相手は分かってしまいます。

周囲への気付きや気配りができる人になるためには、「根拠に基づいた共感」が大切です。


つらい経験が自分を育てると思い、逃げずに挑戦する意識を持つようにしたいですね。
その積み重ねの先に、気付く人への進化があるのです。


いかがでしたか?

今回は「気付く人と気付かない人の違いは何か?気付く人になる為に必要な事」と題してお話させていただきました。


気付く人になる為には、自分への意識と他者への意識のバランスですね。
私と共に意識していきましょう。


以上、弥津でした。

【こちらの記事もおススメ】