異性の「会いたい」心理が分かる、3つのサイン

2018年9月17日

こんにちは。「会いたい人はいますか?」と言われてもまったく思いつかない弥津です。

会いたいと言えば、みなさんは異性があなたと「会いたい」と思ってくれているかをどうやって判断していますか?

今回は異性が本当に「あなたにだけ会いたい」という思いを知るには、ある3つのサインがあるかを確認しよう」というお話です。

異性からデートに誘われても、「何で誘われたのかな?」って不安になりませんか?
それは、異性の「本心」が分からず、戸惑っているからですね。

その場の「会いたい」だけでは、なかなか分かりませんよね。
時折、「デートする = 好きな異性だから」ではない場合もあるようですから。

「会いたい」心理はどうやって判断できるのか。
まずは、あなたを誘った異性の本心を探るべく、信用できる言葉や態度についての注意点を見ていきましょう。

SPONSORED LINK

信用できる異性の別れ際の言葉はどれだ

「男性を身もだえさせる別れ際のセリフ」を紹介している記事がありましたので、参考にしてみました。
ここで挙げられている9つの言葉の信頼性について、私目線で分析してみたいと思います。

【「もう一度会いたいー!』と男性を身もだえさせる、初デートでの別れ際のセリフ】


1.ちょっと恥ずかしそうに言う   「今度はいつ会えるかな?
2.これからも仲良くしたいことをアピールする 「またメールするね」
3.特別な日になったことを伝える 「今日は久しぶりに楽しかった」
4.ほろ酔いで男性に甘える 「もう少し一緒にいたかったな」
5.近いうちに会いたい気持ちを伝える 「また遊んでね」
6.とびきりの笑顔で言う 「今日はありがとう!」
7.デートが楽しかったことを表現する 「またこのお店に来たいね」
8.ストレートに気持ちをぶつける 「あなたに恋しちゃったかも」
9.男性に興味があることを伝える 「あなたのことがもっと知りたい」

引用:また会いたい!初デートの別れ際に男性を悶絶させるセリフ9パターン  By  Peachy

8と9はTVか映画の見過ぎじゃないっすかね。
それに初デートで「あなたに恋しちゃったかも」なんて、酔っ払ってないと言えないですよ。

4のように、「もう少し一緒にいたかった」とシラフで言われると流石に嬉しいもんですが、ここでは「ほろ酔い」ですからね。
ほろ酔いで「好き」とか「一緒にいたい」とかいう異性は、酔ったら誰にでもこんなこと言う人です。

それに「久しぶりに楽しかった」、「今日はありがとう」、「またこのお店に来たいね」は、今回で満足している感じが伝わってきます。
次回はあなたじゃなくて、違う異性でも大丈夫なのかもしれませんね。

「またメールするね」、「また遊んでね」も次回の確約がないので、そのまま音沙汰無しになりかねません

結論としては、一番嬉しくて信頼できるのは1の「今度いつ会えるかな」です。

これは、「次もあなたと会いたいんです」という意思が明確に伝わりますからね。

そういった点で言えば、9の「あなたの事がもっと知りたい」も次会いたい気持ちが伝わりますが、自然さに欠けるので注意が必要ですね。

できるだけ、「他の人じゃダメ。これからも(途切れず)あなたと会いたいんです」という思いが伝わる表現をセレクトするようにしましょう。

SPONSORED LINK

異性から「都合のいいやつ」として利用されていないか

気軽に誘ってくれるのは嬉しいのですが、そこで浮かれずに会う目的に目を向ける必要があります。

会う目的が『あなた』なのか、『モノ』や『イベント』なのか。
「デートする = 好きな異性だから」ではないケースもあります。

あるテレビ番組で、デパート前で誰かを待っている風な女性にインタビューするコーナーがありました。
待っている女性・・・そして、やってきたのは同年代の男性。

スタッフが「彼氏ですか?」、「お互いに意識しているのでは?」と尋ねられても女性は全否定。
そして、女性は「(その男性とは)肉を食いたいときだけ誘う人・・・みたいな」と一言。

目的の場所に一人で行くのは嫌なので、誰か一緒に行ってくれる異性を探す。
そんな誘い方もあります。

特に、ラーメンや焼き肉など女性だけでは行きづらいお店は、「安全な男性」を誘って同行してもらいたいでしょう。

人を誘う目的は人それぞれですからね。
それが『デート』なのか、そうでないのかは、一緒にいる異性同士でも解釈がズレている時があります。

そう言えば、私にも「あなたは私が落ち込んだ時にだけ会ってくれればいい人」と言い放った女友達がいましたね。

最近は、即「私に会いたいと思ってくれている(好意がある)」と判断できない時代です。

「いずれは彼氏彼女の関係になれるかも」と期待していて、結局ただの「都合のいいやつ」。
そんなリスクも頭にいれておくべきです。

そうとはいえ、相手も悪気はないし、人を誘うのに「その気」のあるなしは関係ないという考えもありでしょう。

誘われている目的を、こちら側がしっかりと見極め、理解した上でその場に向かわないといけませんね。

SPONSORED LINK

「会いたい」心理が見える3つのサイン

初デートで、以下の3つの傾向がある方は「自分に本当に会いたいと思って来てくれている」と信用していいでしょう。

中には熱しやすく冷めやすい方もいますので、デートを重ねるたびにその3つの行動が持続するかを見ていきましょうね。

何もイベントがなくても楽しんでくれる

初デートで「無計画」というのも軽蔑されてしまうでしょうが、デートのフルコースを準備するかのような「おもてなし」をしてはいけません。

そんな特別扱いはいつまでも続きません。
仮に続いたとしてもそれが「当たり前」となり、おもてなしのレベルが落ちると、あなたの人としてのランクも落ちたような感覚にさせてしまいます。

がっちりとデートのスケジュールを決めてくれていないと、不機嫌になったり、「もう帰ろうかな」なんて言い出す方は、あなた目的で来ていません。

人によっては、「何をして退屈な私(俺)を楽しませてくれる?」とばかりに、試している場合もあります。
自分が楽しめる『イベント』を期待して、その場にいるに過ぎません

本当にあなたが好きならば、イベントなしでも喜んで来てくれますし、カフェでも公園でも何処でも長時間過ごしてくれます。

あえて、背伸びせずに庶民的なお店を選びましょう。
相手が二軒目を決めていなくても、一緒に考えてくれる姿勢があるのかを確認してみてもいいでしょう。

デートの最中に次に会う予定を決めてくれる

先程も言いましたが、「また、いつか会おうね」だけでお別れすると、都合が合わずに自然消滅的に終わることも多いです。

本当に好意があれば、デートの最中に次会う予定を決めておきたくなりますよね。

相手の事が好きなら、縁が途切れるのが怖いという心理が働くので、次会う「補償」が欲しくなります。

デート中の会話の中で、「次は何をしたい?」、「どこに行きたい?」といった質問が出てくるようなら、あなたへの「会いたい」サインです。

こちらが尋ねた時、「また今度考えよう」なんて返事の人は、あなた以外でも大丈夫なのでしょう。
気持よく『次』の約束を決めてくれる異性は、確実にあなたに会いたくて来ている人です。 

何があってもドタキャンしない

みなさんは、会いたい人が待っているとなれば、その場に這ってでも行たいと思いませんか?

「家族からの頼まれ事で」とか、「職場の飲み会、急に誘われて断れないんだ」とか、あなたが後から入った用事に負けた場合は、確実にあなたの方がウエイトが軽い。

ですが、「本当にどうしても会えなくなった!」って時もありますよね。
その時は、その後の対処が「真剣かどうか」が重要です。

そして、ここでも次の補償をしてくれるかで、あなたを大切にしているかが分かります。

「〇〇日はどう? その日なら会えるんだけど」
しっかりと近い未来の代替え案を出してくれる真剣さがあれば、ドタキャンされても安心できますよね。

あるいは、「遅くなるけど、都合が終わってからなら大丈夫」と言って、どうにかこうにか会う方法を提案してくれるというのも好意サインです。

SNSやメール、電話で淡白に「ごめん。また今度ね」で終了なら、付き合いも終了して構いませんね。


いかがでしたか?
今回は「異性の会いたい心理が分かる、3つのサイン」についてお話してきました。

会いたい心理やサインは、ちょっとしたところに表れるものです。
みなさんなりの、会いたい心理が出ているサインを見つけてみて下さいね。

以上、弥津でした。

【こちらの記事もおススメ】