愛嬌と謙虚さを身につけ、これであなたも愛されキャラに

2018年5月22日

こんにちは。永遠の「愛されないキャラ」だと思う、弥津です。

今回は、自分が愛されキャラになる為には何が必要かを考えるというお話です。

うちの職場にいる後輩君を例にお話します。

後輩君は声は大きいわ、独り言が多いわで結構騒がしい男子です。


でも、みんなから批難されることはなく、多少の失敗はもちろん、他動でガチャガチャしていても、周囲は笑って済ませてくれます。


するに、根っからの愛されキャラなんです。


果たして、「愛されキャラ」な人には何があって、そうでない人は何が足りないのか。
それを考えていきましょう。

愛されキャラが持ち合わせる「ある傾向」 

愛されキャラの人には共通した「傾向」あるはず。

私が感じる、愛されキャラの一番大きな傾向は、二面性がないこと。


人懐っこい人を数多く見てきていますが、どこかその人懐っこさがわざとらしいというか・・・。

それから推測すると、愛されキャラになれない人の持つ傾向は、「会う時によってキャラが変わる」ことです。


どんなに人懐っこくても、時と場合によってテンションが違ったり、言い方が変わったりで周囲を困惑させることがあれば、その悪い印象が残ってしまいますね。


では、どうして愛されキャラの人には、二面性がないのでしょうか。

それは、テンションの高い低いに関係なく、常に「自然体」の姿が基本だからです。

分かりやすく言えば、「計算高くない人」


他の言葉で言い換えると、「天然(ナチュラル)な人」


自分が得する為に、その場の空気や人に合わせてテンションをコントロールしたり、懐いたりするわけではありません。


他者を陥れるような発想もないので、周囲の人から見れば妙な事を考え付かない安心できる人なのです。

その無防備で、無邪気さが滲み出ているからこその「愛されキャラ」なんですね。

あなたは「謙虚さ」を持っているのか

誰だって「人気者になりたい!!」・・・ですよね。

でも、人気者になりたいと思えば思うほどに、「私を評価して!!」という他者への要求が強くなります。


みんなが思うように反応してくれないと、最終的には他者に媚を売ったり、相手を責めてしまったり。


自分は変わらないまま、周囲の人を変えようとする思考になり、愛されキャラどころか嫌われキャラになってしまいます。


周りの人に「謙虚」にならずに、強引に求めても周囲の人達は応えてくれません。

そうかと言って、周りの人の好みの自分になろうとしても無理がきます。


愛されキャラの人には、「無理」をしている様子はありませんよね。

先程お話したように、常に「天然素材」のまま。

そして、愛されキャラの他者に対しての特徴は「仲間に敬意をはらっている」という事です。


愛されキャラな人は教えを乞うことに抵抗なく、いつまでたっても「私はまだまだ未熟」という自分に妥協しない心と、人に対しての謙虚さがあるのです。

あなたには「愛嬌」があるのか

それでも、謙虚さだけでは、「良い人」で終わりかねません。


愛されキャラに進化する為に、必要なもうひとつの要素を意識しましょう。

それは、愛嬌です。

【愛嬌(あいきょう)】

 にこやかで、かわいらしいこと。

 ひょうきんで、憎めない表情・しぐさ。

 相手を喜ばせるような言葉・振る舞い。

 (多く「御愛嬌」の形で)座に興を添えるもの。ちょっとしたサービス。座興。

引用:コトバンク「愛嬌」

1〜3までが今回、私がお話する「愛嬌」です。


でも、今まで愛嬌なんて意識していなかった人が、これを身につけるにはかなり苦労しそうですよね。

愛嬌とは何かを手っ取り早く吸収する方法はないのでしょうか。


もし、方法としてあるとすれば、「身近にいる愛されキャラの人をよく観察・研究する事」です。


愛嬌は「天性の素質」と思いきや、そうでもありませんよ。


周りの人に好印象を持ってもらおうと、頑張りすぎる。

他者に対して、無条件に「自分を認めろ」と要求する。


このような「無理をしている自分」をやめさえすれば、無駄なベールを脱いだ「本当の自分(天然な自分)」がさらけ出されるでしょう


愛されキャラの持つ「愛嬌」は、あなた自身を飾らない時に初めて出てくるものです。


そして、愛されキャラを観察・研究を続ける。

決して、行動をコピーしてはいけませんよ。


あくまで、観察するだけでOK。

見ていることで、自然と「愛されキャライズム」が染み付くのを待つのです。

愛されキャラになる為の心得は?

でも、「自然と愛されキャラになるのを待て」なんて言われても難しいという方へ。


愛されキャラになる為に、日頃から心がける点をお伝えします。

それは「話し方」、「態度」、「見た目」です。

人から好かれる話し方をしよう

まず、注意したいのが話し方です。

また、話す内容にも気をつけましょう。


「下ネタばかり」、「自虐が多い」、「後輩をいじって笑いをとろうとする」、「他者の会話に割って入るまでして冗談を聞かせたがる」・・・こんな大人は愛想笑いはもらえても、本当の愛されキャラにはなれません。

言葉使いは「敬語が基本」。

好かれる人は、上司、同僚、後輩・・・誰に対しても上から目線のような勘違いした話し方はしません。


そして、「真剣な話の時は真剣に」

また、相手が冗談を言っている時は、しっかりと笑ってあげる。


言葉使いには、「丁寧さ」と、「相手の空気に合わせる」気配りも大切です。

常に温厚な態度を心がけよう

私が愛されキャラになるには程遠い理由が、「愚痴」です。


私はつい、色々気付いては愚痴を吐き出さないとやっていけない人間。

同じ思いを持っている人からは共感を呼ぶのでしょうが、平和主義な人にとっては聞くに耐えられない態度でしょうね。

その点、愛されキャラの人は、いつも「温厚」です。

仮に、性格の悪い人から嫌な言い方をされても、後を引きずりません。


自分を崩さずに我慢できるのも、謙虚で「自分はまだまだ偉そうなことは言えない」と思っているからです。


愚痴は言えば爽快かもしれませんが、他者から愛されることに関しては犠牲にしていると言えますね。

清潔感があるのか

愛されキャラの身なり不潔というもの、合致しない話ですね。


相手に不快感を与えないような身だしなみを意識できる人が、基本的に愛されます。

いい匂いを振りまく必要はありませんが、近くにいて不快にさせないような最低限の「清潔感」は必要ですよね。


夏場に汗をかいたら、お手洗いで拭き取る(人前でガシガシと体を拭いたらダメです)。

そして、いつも同じ服ばかり来ていかない(スーツの場合はワイシャツの襟汚れには注意)などなど・・・。

清潔感とは身だしなみだけではなく、人前でどんな行動を行うのかでも感じられるもの。

自宅にいる時と同じような行動はいけませんよね。


他者の前で何をすれば汚い、不潔と思われるのかはしっかり意識していきましょうね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、「愛されキャラ」になるためには何が必要なのかを考えてきました。


愛されキャラは「謙虚で愛嬌がある人」。

そして、「他者への批判や愚痴を口にしない人」ですね。



他者への敬意と、自分を過信しない腰の低さも特徴です。

頑張って自分をよく見せようなんて思わずに、「自然体の自分とは何なのか」を考えてみると愛されキャラへの道が拓けるでしょう。


「自然体の自分なんて人に好かれるはずがない」

そう思っていては話が始まりません。


自分自身の個性を恥ずかしがらずに出す、その姿に人は安心を感じます。

二面性のない素直なあなたを感じさせる為には、上司や仲間にポイント稼ぎをしたり、自分をグループの中心として認めろなんて無茶しないように。


是非、自然体の自分とは何かを追求してみて下さいね。


それでは。
以上、弥津でした。

【こちらの記事もおススメ】