アンチへと変わる心理的要因は何か。「嫌い」をなくす心構えとは

2018年8月16日

こんにちは。根っからのアンチ巨人の弥津です。

アンチと言えば、最近はSNSなどで『アンチ』という言葉を頻繁に目にします。
気に入らない人を直ぐに「アンチ」と認定して、避ける口実にする傾向があると、私は感じます。

今回は、人が他者を「アンチ」だと判断する心理的要因を考え、「嫌い」をなくす心構えについてお伝えします。

さて、「アンチ」とは元々はどんな意味なんでしょうか。

英語で「anti」という意味は「反対者」「反対の」「反対して」「反◯◯」など、既に存在するものに対して、反対の意見を持つもの、否定的な意見を持ちそれを外に表現することを指します。

「生まれながらにアンチ」ってありませんよね。
最初は好きから始まって、何か悪いきっかけ等が原因で「嫌い」に変わっていく事が多いでしょう。

では、なぜ「アンチ」へと変化してしまうのか。
その原因や過程が分かれば、「嫌い」を容易に増やすような癖は防げるはずです。

SPONSORED LINK

大きな勢力に虐げられた経験が原因にあるアンチ思考

私は毒親と生活や学校でのいじめで、ひたすら耐える少年期でした。
自分一人で戦っても勝てるはずもない「大きな勢力」との戦いの日々でした。

そして、「大きく力のある勢力」にトラウマを感じるようになりました。
「大きな力から押さえつけられる自分はイヤだ」という思い。

大人気で力を誇示しようとする傲慢な集団や個人に対しての「拒絶反応」を起こすようになります。

「人を簡単に信用できない=人に嫌な思いをさせられた」と言い表せます。
一度幼い時に、不信感を感じると大人になっても消すことは難しい。

他者が自分を拒否していると感じると、即アンチを認定してしまう原因は「これ以上、人で傷つきたくない」という防衛反応です。
過去の傷が深い人や、心が繊細な人にこの傾向がみられます。

自己防衛本能は無意識に働きます。
好んでアンチを作りまくっているわけではないんですね。

SPONSORED LINK

アンチパワーに飲み込まれない為に必要な事

好きでも嫌いでもなかったのに、周りの人たちが「アンチ」を訴えていると分かったら、何だか自分までアンチになってたという経験はありませんか?

俗にいう「周りに流される」というやつです。

意味も分からずアンチ勢力についてはいけない

ネットの世界は「アンチ」を訴えている人がいると、それに関係ない人まで加担して「アンチ」攻撃を仕掛けてくる事があります。
いつのまにかアンチ勢力がねずみ講のように増殖し、批難されている人はひとり矢面にたつ事態に。

あとから参加する「アンチ」勢力の人達は、詳しいことを知らないくせに「うせろ」や「最悪」という攻撃的な言葉を容赦なく投げかけてきます。

知らないくせにどうしてそんなに気持ちが大きくなるんでしょうか?
それには「アンチ」特有の傾向があるからです。

アンチには強い「攻撃性」があります。
その一方で、アンチの反対語・sympathy(シンパシー・共感、共鳴)は、その言葉から想像できる通り、穏やかで攻撃性はありません。

何にしても、攻撃している側の方が優勢に見えるものです。

すると、人は劣勢に立っている者の味方になるような危険は冒しません。

「よく意味が分からんけど、とりあえず攻撃してる方の仲間になっとけば問題ないか」
こんな心理的要因が関係しているのです。

では、アンチを訴え、相手を「排除」しようとする要因はなんでしょうか?
今回のようなお話の場合、その根底にはアンチを訴える人の『恐れ』があると、私は思います。

「自分の世界が奪われるかもしれない」という「恐れ」により、先制攻撃を仕掛けることで早急に排除しようとしているのです。

「弱い犬ほどよく吠える」
一方的にアンチ認定を行う人は、この言葉が思い浮かびます。

自分が「弱い犬」にならないように、「どっしりと構えて対話から入れる人」を目標にすべきですね。


【SPONSORED LINK】


「アンチ」主張がカッコイイと思い込んではいけない

「人はホメるよりけなす方が楽」
「守りよりも攻める方がカッコイイ」

サッカーに例えると、ディフェンダーよりフォワードの選手の方がカッコよくて人気があるのと同じ。
ディフェンスは地味な上に、相手の攻撃を受け止めるので衝撃も激しい。

「アンチ」の持つ攻撃性は、見ている人によっては「安全かつ、カッコイイ」のです。

しかし、その考えには弊害があります。

大人の世界では一方的な自己主張を説くような人は、心が成熟していないと評価されます。
要するに、「お前はアンチだ!」と言う事自体、幼くみられるのです。

「アンチ」という言葉でひと括りにして、自分にとって脅威であったり、不愉快なものを排除しようと攻撃性を発揮することは、とても大人とは思えない行動。

カッコイイ憧れの存在になるどころか、ついてくるのは心の成熟していない同類ばかり。

あなたが大人な心の持ち主であれば、相手に本当に問題があるのかの判断は、対話のあとに行うでしょう。
ここでも「対話する余裕」の重要性が出てきましたね。

SPONSORED LINK

「嫌い」を作らない為の心構え

「好き嫌いが完全にない人」になるのも大変な話ですよね。
嫌いなものは嫌いという意見も分かります。

でも、アンチが多い人よりは少ない人の方が、親しみやすいし、信頼されます。
できるだけ、「嫌い」という感情を作らない為には何を心がければいいのでしょうか。

アンチを主張する自分はそんなに立派なのかを考えよう

「俺はお前が嫌いだ」と相手に伝える事は、基本的に「上から見下ろしている」ことになります。
でも、あなたは全てにおいてパーフェクトで「完全無欠」なのでしょうか。

目の前にいる「アンチ」の方が、あなたより優れている点が多いでしょう。

相手が五輪メダリストだろうが、ノーベル賞受賞者であろうが、あなたの方が優っている部分が絶対あります。

人はダメな部分を必ず持っているもの。
それに自分で気付いていないだけです。

ですから、人を上から目線でアンチ認定する行為自体が、滑稽な感じがしますね。
ある一部分だけ切り取って「俺の方が正しい」「こいつは嫌いだ」と主張する事は、「うぬぼれ」と思われても仕方ありません。

自分は「うぬぼれている」と常に思う事で、謙虚な気持ちになり、「アンチだ」と他者に主張することを減らせるでしょう。

相手を「本当はきっといいやつ」と思う余裕

あなたには良い性格、悪い性格の両方があるはずです。
それと同様に、嫌いな相手にも必ず良いところはあります。

「こういう性格はちょっと気になるけど、他は良いやつなんだろうな」
頭にキテも、そう思う訓練をすることで、他者への無意味な警戒心も薄くなります。

いい大人、また優れた人というものは常に『余裕』が備わっています。

日頃から人をホメる習慣を身につける

私の職場と友人の両方に、『何でも感動屋さん』がいます。
私達のちょっとした判断や言葉に対して、「やっぱりあなた違うね〜、すごいわ」とか、「今の見てて勉強になるわ〜」とか言ってくる人です。

人を褒める習慣が身についている人は、「アンチ」を口にすることがほとんどありません。

今まで褒めることをしてこなかった人は、「いきなり褒めるなんでできない」となるかもしれません。
それなら「すごいね!」、あるいは「やるね!」という言葉を口癖にするだけでもOK。

そのうち、褒め思考が「アンチ」の発想が出てくることを防いでくれるようになるでしょう。

人との交流が円滑になり、類は友を呼び、温厚な人が集まってきます。
心が穏やかになれれば、アンチ主張なんて必要ありませんね。

褒め思考に転換する意識を持って行きましょう。


いかがでしたか?
今回は「アンチへと変わる心理的要因は何か。嫌いをなくす心構えとは」と題してお話してきました。

アンチを言う者には、アンチを言う仲間が集まります。
そうなると、アンチ思考から抜け出すことができなくなりますよ。

一緒に気をつけていきましょうね。
最後までお読みいただいてありがとうございました。

以上、弥津でした。

【こちらの記事もおススメ】