愚痴の多い人は要注意!自分の「モラハラ気質」を改善する方法

2018年11月28日

こんにちは。最近、愚痴が多い、心の小さい弥津です。

最近では様々な「ハラスメント」が取り沙汰されていますね。
その中で、誰でも冒しやすいものといえばモラハラ(モラルハラスメント)」

今回は愚痴とモラハラの関係、そして自分のモラハラ気質を改善する方法をお話します。

Photo by Lum3n.com from Pexels

「自分は正しい」、「自分は被害者だ」といった感情があると、つい自分の身を守る為に他者に攻撃的言動を冒してしまいます。

自分にもっと目を向けて欲しいという「構ってくれ」言動も、他者にとっては大変重荷で苦痛を感じます。

自分のモラハラを冒しやすい気質を理解する事で、「モラハラ人間」になることを予防しましょう。
まずは、モラハラとは何か、自分のモラハラ傾向の有無をチェックしていきましょう。


【SPONSORED LINK】


モラハラとは何か?

そもそも「モラハラ」とは何でしょうか。

『モラハラ』=モラルハラスメント
 「言葉や態度で他者に精神的な苦痛を与える事」 

モラハラは職場の部下や同僚への愚痴、批難などで起こりやすいと思われていますが、夫婦間でのモラハラも取り上げられるようになってきました。家庭内でのモラハラはDVとしても捉えられています。

相手が傷つくことがわかっていて発言することがモラハラです。怒っているときについ口から出てしまったと言うことではなく、日常的に暴言を吐いている場合は、特にモラハラだと思ってよいでしょう。

引用:モラハラ職場の具体例とモラハラを受けている場合の対処方法の解説 by マナラボ

相手に自分を否を認めさせたくて、あえて傷つくような事を言うことがモラハラです。

ただ単に陰口を叩くのは一見モラハラとは違うようには思えます。
でも、その陰口が巡り巡って本人の耳に入るようだと、直接言っている事と変わらず、モラハラとなりますね。

SPONSORED LINK

「モラハラ気質」がある人の5つの性格

モラハラを冒しやすい人にはいくつかの傾向があると言われています。
代表的なものを挙げていくので、自分にその傾向がないかを省みましょうね。

無意識に行ってしまうモラハラを予防するには、まずは「自分自身の性格的な傾向を知る」ことが大切です。

自分を優秀だと思っている

学歴や経験が他者より優秀という意識が自分の中にないかを考えてみましょう。

仕事ができたり成績がよく優秀な人、カッコいい人などは少しモラハラ気質があります。基本的に上から目線のことが多く、自分は特別な人間と思っているようです。小さなころからそう扱われてきているので、直りません。

引用:こんな“モラハラ男予備軍”は今すぐサヨナラ! 当てはまったら要注意な彼の態度6つ by mimot

学歴のあるなしに関わらず、過保護に育てられた人は、モラハラを犯しやすいとも言われています。
ダメな自分を認める事なく、大人になった場合、「自分の全てが正義」という思考になりやすい。

親などの大人からあまり叱られた記憶のない人は、モラハラを冒しやすいので要注意です。

「自分は何も悪気がない」と言いながら何でも好き勝手話す人は、過保護に育ってしまった方が多いと私は思います。
自分が当てはまると感じた場合は、言葉を選んで話すように心がけましょう。

その他、「経験の豊かさ」を武器にしたモラハラもあります。
実績どうこうではなく、ただ経験が他者より長いというだけで、上から目線で他者批判をしまくるタイプです。

経験が長くても、他者から尊敬されるものを得ていない人は多いですよね。
仕事ができないくせに「私はあなたより経験があるから」なんて態度で、ダメ出しの応酬ではモラハラ以外の何者でもありません。

自分に過度な劣等感がある

親の愛情を知らないまま育てられた人もモラハラ気質に注意が必要です。
劣等感のある自分を大きく見せようとしたり、他者から馬鹿にされないように先制攻撃を仕掛けている姿がモラハラとして表れます。

劣等感を知られると自分の弱みをみせることになります。
弱みを知られることで他者からその点を攻められるという恐怖心を感じます。

劣等感が原因で、他者に対する『マウンティング(優位な自分を誇示して相手を押さえつけようとする行為)』を行うようになるのです。

自己防衛が過剰に働いていると、他者に対しての攻撃性を発揮してしまいます。


【SPONSORED LINK】


常に仕事にストレスを感じている

モラハラを職場で起こしてしまう人は、仕事内容や職場環境などへのストレスを抱えている可能性があります。 

ストレスを無限に貯めこんで生きていける人はいません。
職場ではその吐き出し口が部下や同僚であったりするわけです。

自分のイライラした感情を思いっきり吐き出し、すっきりさせているだけです。
このパターンの人は、他者を傷つけて優越感を感じたいとか、ダメな点を分からせようという「他者へのベクトル」はありません。

全て自分の「ストレス発散」という目的の為だけです。

プライベートが充実しておらず、職場でしか発散できないという問題点もあります。
ストレスの吐き出し方が下手で、他者を犠牲にしているのです

同情を買うのが上手い

モラハラをしてしまう人は、自分の言動は常に「正当」であると思い込んでいます。
その為、日頃から自分の立場が良くなるように、他者に同情を買うエピソードを話すことが多くなります。

自分がどれだけ苦労をしてきたか、自分が今どれだけ辛い状況なのかを分かってもらおうとします。
それによって、自分の言動で他者を傷つける口実を作ろうとするのです。

また、自分が他者に激しい言動を向けることは「正当」であると他者に説明することで、「私は今のままでいいんだよ」と自己肯定してくれる仲間を増やそうとしています。

他者に同情を買おうとする段階で、自己中心的な行動をすでにとっているのです。

嘘をつく癖がある

嘘をつくことも「自衛反応」です。

モラハラ気質のある人は、自分を守る意識が強く、時に自分にとって優位に働く嘘や、他者を下にみせるような嘘をついてしまう傾向があります。

ありもしない嘘を平気でついて、自分の失敗を他者のせいにする為、人前で責め立てます。
嘘への罪悪感の薄い人はモラハラを冒すリスクが高いでしょう。

自分の保身にしか目がなく、他者が傷つくことは一切考えません。
自分の身が守れたと思ったら、ホッとするだけです。

常に嘘への罪悪感が自分にあるのか、それが習慣化していないかをしっかりと省みる必要がありますね。

SPONSORED LINK

モラハラ気質の改善法

モラハラを無意識のうちに冒さない為のコツをお話します。
それは極々簡単なこと。

「自分が上から目線になっていると常に意識する事」です。

誰だって自分が正しいと思いたいですよね。
私のように劣等感の塊で、自分の意見に自信が持てない人であっても「自分が正しい」と思いたい欲求があります。

要するに「私は正しい。悪いのは相手だ」という思考に誰しもなりやすいのです。

だからこそ「私は誰に対しても上から目線で嫌な奴だ」と思い込む必要があるいのです。

上から目線である自分に気付けば、謙虚さが身に付きます。
その謙虚さが他者への上から目線なモラハラを予防し、劣等感や過剰な自己防衛も時に恥ずかしさを感じてなりを潜めてくるでしょう。

「私は間違っていない」という考えを無くし、他者に教えをもらう必要のある「修行途中の身」であると思いましょう。

人は誰しもパーフェクトではなく、永遠に学ぶひつようの有る存在ですからね。

いかがでしたか?
モラハラを冒してしまう原因が分かれば、自分をコントロールすることもできますね。

私と一緒にモラハラ人間にならないように、注意していきましょう。

最後までお読みいただいてありがとうございます。
では、また! 以上、弥津でした。

【こちらの記事もおススメ】