「どうにかなる」は「どうにもならない」!現状を打破する思考術

2019年2月26日

こんにちは。どうにかなると思っても、どうにもならずにここまで来た弥津です。

どうにかなる」という言葉・・・。
そう信じれば、果たして本当に「どうにかなる」のでしょうか?

今回は現状打破するには「どうにかなる」ではなく、「ある言葉」に置き換えるようにしようというお話です。

どうにかなる」、「なるようになる
この言葉が口癖ではありませんか?

「目先の良いことを想像して成り行きに任せる」というポジティブイメージを指して使う人もいるでしょうが、その成り行き任せ」で果たしてどれくらい上手くいくでしょうか。

苦し紛れの成り行き任せで、何か得るものがあるのか。

現状を打破しようとする思考術に転換して、目の前の困難から目をそらすことのないようにしていきましょう。


【SPONSORED LINK】


どうにかなる補償のない「無責任さ」

成り行きに任せて、テレビや映画のようにスーパーヒーローが助けに来てくれればいいのですが、現実はそうではありません。

何の助けもなく、悲劇的な結末を迎える出来事がどれだけ世界に多いことか。
助けを求めても誰も来てくれない現実。

残酷ですが、悲劇的なニュースのほとんどが助けがないまま起こるのです。

極端な例だったかもしれませんが、どんな状況であっても同じ話はだと、私は思います。

「自分で解決策が見つからないので、放置」
あるいは「問題点を考えるのが面倒なので考えないようにする」

これでは、向かってくるリスクに降伏したようなものです。

仮に「どうにかなるよ」、「なるようになるよ」なんて相手に伝えて、向かってくる困難に飲み込まれてしまったらどう責任をとるのか。
もしかしたら、必死に解決策を考えておけば、打破できたかもしれない。

「どうにかなる」は、まさに「どうにもならない」・・・根拠も補償もない話は無責任としか言いようがありません。
どうにかなる時は、しっかりとした対策を持って準備している時だけです。


【SPONSORED LINK】


「どうにかなる」という現実逃避

職場の上司に、困った時に「なるようになる」が口癖の人がいました。
困って相談している私からすれば、その言葉は「無策」の表れのようでガッカリしたのを覚えています。

「もう俺には分からんから、放っておくよ」
いい策が思いつかないので、その場から逃げ出すことと何ら変わりない。

「どうにかなる」で締めくくられても、言われた側からすれば何の解決にもならないんです。
逆に、この言葉を言われると「逃げたな」と思うくらいです。

Photo by Brodie Vissers from Burst

どんなに経験豊かな人でも、必ず分からないことはあります。
質問されても困る事も多いでしょう。

分からない事を尋ねられても重要なのは「懸命に考える姿勢」。
また、「諦めない姿勢」でもあります。


懸命に考え、諦めない姿勢と「どうにかなる」、「なるようになる」が結びつきますか?

あなたに降りかかった困難を自分一人で打破しないといけない時、「どうにかなるさ」で目を背けたらどうなるか。

あなたがしない分、他者にとばっちりが行き、困難に立つ向かわないといけなくなります。
その間、あなたは気づきもせず。

他者が解決してくれたおかげで、「ほらみて、どうにかなった」と胸を張るでしょう。
結局は、他者になすりつけて知らん顔してただけなのに。


現実逃避でしかない「どうにかなる」は、大人が使うには重みのない言葉です。
せめて自分の困難は逃げずに対処する癖をつける為にも、「どうにかなる」は禁句にするくらいがちょうどいいでしょう。


【SPONSORED LINK】


現状を打破する思考術

ここまで「どうにかなる」、「なるようになる」思考の問題点についてご説明してきました。

では、どうすれば現状を打破する思考に変える事ができるのか。
「どうにかなる」を少しだけ言葉を変えればOK。

「どうにかしよう」という言葉に変えてみましょう。

「なんだそんな事??」と思われるかもしれませんが、この言葉を意識するだけでもあなたの思考は180度転換します。

簡単な事のようにも思えますが、長年染み付いた「どうにかなる」、「なるようになる」の癖は楽に取り除けるものではありません。

嫌な事から逃げたいのは誰でも同じ。
その言葉で責任逃れや現実逃避を繰り返してきた人にとっては、自己防衛手段でもあります。

それほど、転換が難しい「どうにかなる」思考ですから、いきなり難しいことから始めても変えられません。

どうにかしよう」を口癖にできるように、手帳やデスク、自宅の目のつく場所に大きく文字を掲げて意識付けを行うのがオススメです。

言葉で暗示をかけ続けて、逃げの姿勢から攻めの姿勢に転換できるようになりましょう。


いかがでしたか?
今回は「どうにかなる」は「どうにもならない」!現状を打破する思考術についてご説明しました。

人は困難な状況を打破するノウハウを持った人に好感や信頼を持ちます。

「どうにかなる」はどうにもならない事は明らかです。
この言葉を使う人に、周囲は違和感を持っていると思いましょう。

考え抜いたり、悩み抜いた先に必ず答えがあります。
そう信じて仕事や家族に向き合っていきましょうね。

以上、弥津でした。


【SPONSORED LINK】


【こちらの記事もおススメ】