後輩に昇進を先越されしてしまった時はどう心を治めればいいのか

セルフコントロール法

こんにちは、弥津です。

昇進って、上司との相性の良し悪しに左右されたりしませんか?。

仕事出来ないやつのに上司に絶対服従という理由で、後輩の方が先に昇進したりってことも。

そんな理不尽な人事に対して、どう心を治めればいいのかを考えます。

仕事をこなす能力はあるはずのに、なぜか昇進出来ない・・・。


そんな人はあなたの職場にいませんか?

あるいは、あなたがそうではありませんか?


能力主義な職場は経験年数に関係なく、昇進できると言いますが・・・。

でも、自分より出来るからって理由で、上司から妬まれて昇進できないってケースだってありますよね。


そんな状況だと、いくら上司にアピールしたって無駄。

自分にとって都合のいい職員を昇進させて、そばにおいておくでしょう。


昇進させてくれない上司のもとで、どのような方法で心の対処をすればいいのかを、次の章でお話しします。

昇進できず後輩に先を越された時の心の対処法

仕事は出来ているはずなのに、昇進の声がかからない。

なぜか後輩に越されてしまう。


昇進できない理由が、上司との相性の悪さが一因だと、突破はかなり難しい話。

そんな時は以下の点を意識して心の平穏を保ちましょう。

転職のタイミングが来たと考える

上司があなたを毛嫌いしているなら、好意に転換させるのはかなり困難です。

絶体絶命のピンチを救いでもしない限りは、好意を持つには至らないでしょう。


そのようなことから、後輩に昇進を越される事が続くようなら、自分は相性の悪い職場に来てしまったと判断しましょう。


人には必ず『転機』が訪れます。


その転機には何らしかの「巡り合わせ」があると言いますよね。


たとえば、めったに会わない友人とばったり会って、話をしてるうちに自分の本当にしたい仕事に気づく。

あるいは、友人から何気に指摘された才能が仕事になるとか。

人生が好転した人には、「あのとき、あの人に出会わなければ・・・」とか、「あのとき、友人から指摘を受けなかったら」ってことがあると言いますもんね。


ときに、「巡り合わせ」は良くない状況も、好転の兆しとなります。

相性の悪い上司に巡り合うことは、あなたに「動け」とサインが送られている可能性があるのです。

ブレーンの立場を確立する

職場は役職持ちだけて成り立つものではありませんよね。


当然、最前線で活躍する職員がいてこその仕事。


役職を持って、最前線での仕事の機会が減ると、仕事観が変わってきます。

ようするに、役職に就くと本来持つべき「仕事観」が低下しがちなのです。


そんな「劣化してゆく昇進組」をよそ目に、最前線の司令塔(ブレーン)として活躍する姿にやりがいを見出すのはどうでしょうか。


現場の信頼はブレーンであるあなたに集まり、ぎゃくに現場との距離があく昇進組は軽視されることに。


若手や同僚の絶大なる信頼を得る、経験豊かな『職場の頭脳』として評価を感じながら仕事をするのもやりがいがあるものです。

自分の「伸びしろ」を広げるチャンスと思う

ひとつの職場を長く続けるだけでも、本来は評価されるべきです。


自分の勤続年数の長さを振り返り、新人当時からどれだけ「伸びた」のか自己を再評価してみましょう。


また、自分にはまだ伸びる要素があると信じるのです。


先程お話したように、昇進することで、現場の勘はどうしても落ちる可能性があります。

現場で経験を積む時間をさらに得られたと考え、自分の『伸びしろ』を最大限に埋めていく、あるいはさらに伸びしろを広げる意識でパワーアップを試みるのです。


結果として「昇進しなかったおかげで多くのスキルを得られた」ということになるかもしれません。

中間管理職は本当に魅力があるのかを考える

私の母は看護師を35年ほどしましたが、50代に入って何度も総婦長の辞令を受けたと聞いたことがあります。

しかし、患者の治療や交流に毎日関われる現場主義を貫きたいと考え、他の同僚に譲ってきたとのこと。


これは母本人だけの証言なので、事実は不明ですが、その感覚・・・私は分かる気がします。


ケアマネジャーをしている私ですが、リーダー職やセンター長職など役職がつくと、会議や市役所関連の仕事が増え、高齢者との関わりがおのずと減るのです。


高齢者支援の仕事ならば、高齢者やその家族の役に立つ存在として勤務しつづけたい。

そう考えると、役職って邪魔だったりするなと。


中間管理職で仕事観が鈍り、他の職員に置いていかれるくらいなら現場にい続ける方が余程価値があるのではという考え方もありだと思います。

動くも留まるも「他者への期待」は求め過ぎないように

昇進を後輩に越されてしまったからといって、意固地になったりしないようにしましょう。


また、今後の自分が今より良くなると根拠のない期待を持ち過ぎない。


有能な人は高評価で能力を惜しみなく生かせる場で働けるパターンあるが、出る杭は打たれるで終わるパターンもある。

昇進なんて上司の出来と、あなたとの相性に左右されるもの。


なかなか昇進できないと焦っても、「今はまだ自分の能力磨きの場として仕事を利用するんだ」と思うようにしましょう。


能力をアップしまくったところで、その力を提げて「よい出会い」を求めて新天地に飛び立てばいいのです。


まさに貯めた能力を最大限に生かす時!

その時は、勇気を出して!


それでは。
以上、弥津でした。

【こちらの記事もおススメ】