仕事が辛くて辞めたいと思う前に実行したい心の充電法

2019年3月12日

こんにちは。仕事を辞めたいと思っても、なかなか自己改革が進まない弥津です。

今回は、仕事が辛くなって辞めたいと思う前に意識してほしい「心の充電法についてお話します。

仕事を辞めたい理由は様々です。

「仕事に飽きた」、「嫌な同僚がいる」、「自分に合った仕事じゃなかった」などなど。


私の場合は、元々人に左右されるのが苦手な性格なので、ケアマネジャーみたいな「人に合わせる」仕事は、本来不向きなんですよね。


「仕事が辛いから即辞める」

実は辞めたくなる理由は仕事や他者以前に、自分自身の心のコントロールができていない事が原因なんです。


心のセルフコントロールが上手くいけば、仕事の見方も変わります。

「なぜ仕事が辛いのか」を自分に問いかけてみよう

「仕事辞めたい!」という衝動的な感情のまま、辞めてしまうケースがあります。


辛いから辞めたいと思った後、その理由やきっかけを自分自身が考える機会なく、退職という行動に移してしまうことがあります。


その原因を自覚できれば「結構退職までするほどのことではない」と気付くことも多いのです。

転職した後に「結果、前の職場の方がよかったな・・・」なんて思う人もいるでしょう。


辞めたい心境の整理作業を行わずに、退職の道を選ぶ人が多いと私は思います。

まずは、自分が仕事に対して「なぜ意欲がなくなっているのか」を自己分析してみましょう。


仕事が辛くて辞めたい時って、「自分以外の誰か、何かに原因がある」と思いがちです。
でも、本当にそうなのでしょうか?


実は、自分自身が頑張り過ぎたり、突っ走り過ぎたことが原因で、自分を追い込んてしまったからなのです。

「自己暴走」が原因で、他者に攻撃的になって一方的な不満を抱えてる場合もあります。


そんな自分を冷静に見つめる時間が必要ですね。


もし、「今の職場の居心地が悪くなった」、「上司や同僚の態度が変わった」ことが理由で仕事を辞めたいと思ったのであれば、一度視点を変えてみましょう。


むやみに仕事を辞めたいなんて言うと、あなたの印象が悪くなってしまうので注意です。

周囲の変化は「きっかけはあなたの変化」なのかもしれませんよ。


自分の心境が変わったことで、逆に他者が居づらくなって距離を開けるようになったのでしょう。


他者が原因で辛いから仕事を辞めたいと思っている方は、「きっかけは私かも」という思考にシフトしましょう。

自分を見直されば、仕事にもう一度向き合えるでしょう。

仕事が辛くなる理由

人とコンピュータは似ているところがあります。

脳にもコンピュータと同様に「容量」があるし、バッテリー切れのような機能低下も起こします。


また、人は機能の限界が訪れると、休むようにできています。

あなたが仕事が辛くて辞めたくなっている時は、容量やバッテリーの限界が来ているのかもしれません。


「仕事を辞めたい」という心境は「リフレッシュ」が必要なサインと言えます。

Photo by rawpixel on Unsplash

要するに、あなたの心が電池切れを起こしているのです。


この自覚がなく、「仕事の限界が来たから辞めてしまおう」という思考になってしまう。
これでは、今後も職を転々とするでしょう。


仕事が辛くて嫌になったら、充電切れだと自覚して、プライベートでリフレッシュするように取り組みましょう。

楽しいプライベートタイムを持っている人は、仕事への苦痛も和らぎ、処理速度も上がります。


転職する事でリフレッシュする前に、「今」の自分に充電する事を試して見て下さいね。

仕事を辞めたいと思った時に必要な「心の充電法」

プライベートタイムの充実といっても、具体的にどのような「充電法」があるのでしょうか。

私のオススメは「休む時は休むことに集中!!無理して疲れることはしない」です。

以下のような方法で、とにかくリラックスを心がけましょう。

充分に眠る

私は心身ともに具合が悪くなる時、充分に睡眠がとれていない事が多いです。


ストレスは眠ることである程度は解消されます。

ストレスや体の疲れで睡眠障害を起こしている可能性があるので、しっかりと睡眠をとるように心がけましょう。


私の場合、今まで通りの眠り方では睡眠の質が上がりませんでしたので、睡眠改善薬を試してみたりしました。

連絡ツールから離れる時間を作る

スマホやタブレット、PCから離れることができないという人も多いでしょう。

スマホなどの連絡ツールがないと精神的に不安になると思いがちですが、実は逆に「持っていることで自分を追い詰めている」のです。


例えば、スマホを持っているとSNSなどで飛び込んでくる情報が気になったり、友人などからの連絡のありなしは気になりますよね。

Image by nvtrlab from Pixabay

連絡ツールがそばにあることで、常にストレスを蓄積しているのです。

「スマホがない方がストレス」と思っている方は、仕事や家庭全てに集中できない状態です。


仕事や家庭への影響を最小限にする為にも、わざとスマホを自宅において外出してみましょう。


帰ったら触ってもかまいませんが、徐々に回数や時間を増やしていくことで、さまざまな事への意欲が回復してくるでしょう。

優越感に浸る

心を充電する上で、「非日常を味わう」ことも有効です。
特に、リラクゼーションがオススメ。


プロが施術を行ってくれるリラクゼーションサロンに行き、特別な時間を経験するのもいいでしょう。


最近は男女問わない、リラクゼーションサロンがあります。

金額も3000円程度からできるところもあるので、社会見学のつもりで行ってみましょう。


それに、いつもより少し高価な体験もオススメです。

例えば、少し高価なお酒を愉しんでみるとか、一人でも大丈夫なお店をセレクトしてディナーをゆっくりとなんていうものいいですね。

「贅沢な時間を過ごして、優越感に浸る」

心が充実することで、あなたの仕事へのストレスや不満が解消されるでしょう。


いかがでしたか?

今回は「仕事が辛くて辞めたいと思う前に実行したい心の充電法」と題してお話してきました。


仕事への意欲がなくなったので辞めたいと思ったら、自分の変化に目を向けるようにしましょう。

充電できるまでは「仕事は生活の中心ではない」と割りきるのもいいでしょう。


自分以外のせいにせずに、まずは自分を変えてみてから先のことを考えてみてもいいかと思います。


それでは!
以上、弥津でした。

【こちらの記事もおススメ】