車載ハンズフリースピーカーは危険!その会話、聞かれてます!!

こんにちは、弥津です(@yazusui)です。

今回は『車載ハンズフリースピーカーは、車外に会話の声がダダ漏れでけっこう危険』という話題について。

車載スピーカーを毎日有効にお使いのみなさま、あるいはこれから購入しようかとお思いの方に向けて、私の体験談を交えて解説していきます。

【みんなと私の希望と悩み】
イヤホンもなし!カーステレオを通して電話で話しているような『車載ハンズフリースピーカー』

実は・・・

  • 車は防音機能なしなので、会話の声ダダ漏れ
  • 相手の会話の声だけでっかく聞こえます!
  • あなたの異性との会話をフル公開!

車載スピーカーは気をつけないとこんな恥ずかしい状況をさらしてしまいますよ。

<a rel=

この記事では

  • 車載ハンズフリースピーカーは「大音量使用」は厳禁!
  • 私は車載ハンズフリースピーカーなんでいらない!(あくまで個人の見解です)

このような内容が分かります。

弥津
弥津

これを機会に話してくれている相手側の『プライバシー保護』を意識しましょうね。

車載ハンズフリースピーカーを適正音量で楽しむきっかけになりますよ。

【音声アシストイヤホンで安全な通話を】

スポンサーリンク

ハンズフリー化が進んで便利にはなっているけど・・・

近頃は多くのものが『コードレス化』しています。

そして、『ハンズフリー』になってますね。


便利になったのは良い事ですが、その反面、「紛失しやすい」、「手軽になった分、使用する時と場合が関係なくなった」などなど・・・良くない点があるように感じます。


気になるひとつは、安価になって誰でも手に入れやすい『ワイヤレスイヤホン』。

スマホを持っていれば、コードの引っ掛かりを気にせず、どんな状況でも音楽が楽しめて良いようになりました。

でも、ワイヤレスイヤホンって自転車乗りながら使用している人、やたらと目にしますよね。

周辺の音が聞こえにくい状況で安全な運転ができるのか、見ているこちらが不安になるよ。

弥津
弥津

そしてさらに、私が気になるのはもうひとつのワイヤレス製品・・・いや、ハンズフリー商品とも言えますが・・・『車載ハンズフリースピーカー』!!

スポンサーリンク

会話丸聞こえ!車載ハンズフリースピーカーの怖さ

私が先程から取り上げている『車載ハンズフリースピーカー』とは以下のような製品のことです。

スピーカーから相手の声が聞こえると同時に、クリアな音声で自分の声もしっかりと伝えてくれます。


スマホを持つ必要なしに運転中でも会話が楽しめるので、若者を中心に徐々に人気が出ている製品のようです。

仕事やプレイベートでの運転中の電話応対に何かと助かるBluetoothを利用したハンズフリーイヤホンマイク・・・一昔前は、流行ってましたよね。

私もひとつ持っていますが、つけていると耳への違和感というものがどうしても付きまといます・・・なので今ではまったく使用せずにお蔵入り。


それに取って代わるのか、車の日除けに簡単装着できるハンズフリースピーカーが登場。

これだと耳への違和感なしに会話を楽しめるので、まさに車内に一緒にいる人と会話しているような感覚。


イヤホンだと片耳潰れる感じになるので、人によっては運転の集中力を欠く場合もあるでしょう。

その点、これだと車内で音楽やラジオを聞くのと同じ雰囲気で会話ができるので、運転への影響も少ないように思えます。

でも、何でも良いことばかりではないですね。

この車載ハンズフリースピーカーですが、スピーカーを介して聞こえてくる相手の声はとにかくクリア。

音量を間違えると、車内で聞く音楽同様に車外に漏れ漏れなのです。

先日、仕事が終わって車で帰宅の途につこうとした時。

私の車の隣に止めている車から、何やら女性の声が・・・。

「今度はいつ会えるの〜」とか、「ちょっと淋しいかなぁ」とか鮮明な女性の声が、隣の車から大音響で聞こえてくるのです。

車内に乗った男性はニヤニヤしながら、お口をパクパク・・・何話しているか聞こえません。

でも、車載ハンズフリースピーカーから出てくる女性の声だけ大公開!!

さらに、「また、家に着いたら電話して」って声が私の車の中に鮮明に聞こえてきました。

聞いてはいけないものを聞かされているような感覚になった私は、そそくさと発車させて駐車場から離れるのでした。

車は「防音ルーム」ではない!

車載ハンズフリースピーカー楽しそうに会話している人からすれば、「まさか車内には声が漏れていないだろう」という認識なのでしょう。

車の運転中であれば走行音や周辺の音で、尚の事会話音はかき消されてしまうかもしれません。

でも、危険なのは『停車中の会話』。

さらに、『夜間の停車中の会話』はもっと危険です。

夜間は無音に近い世界となり、音がとにかく響きます。

車載ハンズフリースピーカーから出る鮮明な音声は、その内容が聞き取れるほどに垂れ流されてしまうことを理解しましょう。

自家用車の中は防音ルームではありません。

ぎゃくに、車外の音がしっかりと聞き取れなくなるので、防音なんてしてはいけないのです。


大したことのない音量に思えても、「周りから聞き取られているかも」という意識を持つべきです。

会話してくれている相手のプライバシーを守る意識を!

以上をふまえて、いくら車載ハンズフリースピーカーが便利だからといっても「会話はスピーカーに出してはいけない」と思う私です。


まさか自分の声が聞かれていると思わず、楽しく会話してくれている相手のプライバシーはどこにあるのでしょうか?

相手のプライバシーを守る意識を、みなさん持っていますか?


まずは、あなたがそこに気付かないと、ぎゃくに、あなたが何気に話している会話の声が、車載スピーカーを通じで大公開されてる!!・・・なんてことも想像できないわけで。

「自分がされて嫌なことは、人にもしない」ですよね。

【この記事の一言まとめ】

車載ハンズフリースピーカー使ってまで、手ぶらは話す意味は?

危ない上に声ダダ漏れ・・・俺はいらん!

今後は、大切な話をする時やプライバシーを守って欲しい時は、「スピーカーを使用していないか」の確認をとる方がいいでしょう。


「便利で楽だから」だけしか見ていないと、結構重大な落とし穴に気付かないなんてことがあると分かった、今回のお話でした。


それでは。
以上、弥津でした。

【音声アシストイヤホンで安全な通話を】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活(雑学・節約・健康)
スポンサーリンク
シェアする
弥津 彗をフォローする
等身大ラボ