とにかく熟睡したい!安い睡眠改善薬「スリーピン」でスッキリ?!①【使用前】

2017年12月4日

こんにちは。一生かかっても不眠症は治らないと諦め気味の弥津です。

みなさんは毎日熟睡できてますか?
今回は不眠症の私が、市販の「睡眠改善薬スリーピン」を試してみましたので、レビューさせていただきます。

仕事のトラブルなどのストレスのせいか、ダラダラと続く倦怠感に悩む私。
元気の出そうなサプリメントをいくら飲んだって、倦怠感抜けず。

結局は「睡眠」が不十分なんだろうとふと気付きました。
ドラッグストアで目にしていたけど、今まで怖くて手の出せなかった「睡眠改善薬・スリーピン」。

勇気を振り絞って挑戦!!
買ってきました!


【SPONSORED LINK】


スリーピンの基本情報について

「スリーピン」は第二類医薬品。

ドラックストアで気軽に買えます。しかも、スリーピンは安い!

かの有名な「ドリエル」の約半値で買えます。

私の場合はディスカウントストアのお薬コーナーで1箱6カプセル(6日分)380円で買えました!
1カプセル100円もしない!

調べてみると、ドリエルのジェネリック品という扱いみたいですね。

青く光沢のある箱が素敵です。

ちなみに、あくまでこれは「睡眠改善薬」

医師の処方でもらえる睡眠薬、睡眠導入剤とは違います。 

要するに・・・私のような慢性的な睡眠障害には効かない?!

スリーピンは「一時的な睡眠状態の悪化を、正常に戻すためのもの」ですね。

このカプセルの透明感もなかなかいい感じです。

カプセルは1箱6個入ってます。
一回1カプセル。

なんと言っても、その透明感が美しい楕円形カプセルです。
大きさは中指の爪程度でしょうか・・・思ってたより、1粒が大きいです。

飲み込めるか、少し不安になってきました。

スリーピンを作っている製薬会社は?

私は「薬」というと何でも、作っている会社がどんな感じか気になります。

スリーピンを作っているのは奈良県にある薬王製薬。

ホームページをみてみると、創業は明治20年。
なかなかの老舗です。

そして社是は「日三笑一省」。一日三回思いっきり笑って、一回は反省の心を持ちましょうってことらしいです。
心構えはとても好感が持てます。

詳しくはこちら
>>>薬王製薬ホームページ


【SPONSORED LINK】


スリーピンを飲むとなぜ眠たくなるのか

「スリーピン」はどんな仕組みで眠気を誘うのでしょうか。
説明書を読んで、ようやくわかりました。

みなさんは市販の風邪薬やアレルギー薬を飲んだことありますか?
風邪薬やアレルギー薬って飲むと眠たくなりますよね。

これは、覚醒物質のヒスタミンがブロックされること「抗ヒスタミン」によって起こる眠気。

スリーピンのような睡眠改善薬は、この「抗ヒスタミン」による眠気を利用しているお薬なんです。

Photo by Ivan Obolensky from Pexels

スリーピンの副作用は?

薬にはたいがい「副作用」がありますよね。

風邪薬やアレルギー薬を飲むと喉が乾きやすくなります。

睡眠改善薬を飲むと、同様の症状を感じるので注意が必要
です。

それに眠気の持ち越し、皮膚の痒み。

特に、眠気が翌日まで持ち越して、ダラダラとした眠気に襲われるなら出勤も怖いですね。

「スリーピン」を飲む時は、早めに飲むようにしましょう。
夕食後、20時くらいには飲んでおいた方がいいかな。

果たしてこれで、私の不眠モヤモヤ頭がスッキリするのか。
報告は下記の【使用後】編で!

購入も最寄りのドラッグストアやネットで出来ます。
まずは、1箱購入してみてください。

以上、弥津でした。

【こちらの記事もおススメ】