肩こり解消にはストレッチ!肩の血流を改善する手順とは

2018年4月6日

こんにちは。ひどい肩こりで、四十肩、五十肩が現実味を帯びてきた弥津です。

肩こりに悩んでいるみなさん、どうやって対処していますか?
今回は、肩こり解消にはストレッチが一番だというお話です。血流改善する為の手順もご説明します。

肩こりには「叩く」、「揉む」が昔の定石でしたね。

私も、父に無理やり長時間の肩叩き、肩揉みをさせられていたものです。児童虐待ですね(笑)。

でも、実のところは叩いたり、揉んだりしても肩こりは治らないのです。
治らないどころか、逆に悪化させてしまう結果になります。

では、どんな手順でやっていけば肩こりが改善するのでしょうか。
まずは、揉んだり、鍛えたりしてもダメだという理由からお話します。

【SPONSORED LINK】

 

揉む、鍛えるが肩こりに良くない理由

肩を揉むと気持ちいいのは間違いないです。
でも、それは一時的な心地よさ。

揉みほぐすことで、こりが改善したと脳が誤解しているだけ。
実は、揉みほぐすことで肩の末梢神経が破壊されてしまうのです。

末梢神経が破壊されると、こりとして現れる。

そしてまた揉みほぐす・・・さらに、肩の末梢神経が破壊される・・・もっと揉む・・・破壊し続ける。こんな泥沼にハマってしまいます。

また、肩は筋によって適切な位置に保たれています。

その筋の周辺には筋肉があり、支えてくれているのですが、肩の筋力が弱ると筋がつっぱった状態に。

このつっぱり感を「こり」として感じます。
「筋肉の衰えが肩こりの原因」という理論も目にしますしね。

それに、肩こりとは『肩の緊張状態』と言うことも多いです。

そういった観点から、筋トレによって肩に負荷や緊張を与えるのは、肩周囲を酷使しているだけで逆効果なのだとか。

揉むのも、鍛えるのも、悪い状態の肩に追い打ちをかけるようなものなので控えるべきなんですね。

肩の血流を良くすれば、こりは軽くなる!

今までの話しで、肩こりは筋肉疲労の問題ではないことが分かりましたね。
では、いったい何の問題?

結論からいうと、肩こりの原因は『血流』です。

『肩の血行不良』が問題なんですね。

改善する為には、「肩の血流の悪さ」に目を向けないとダメという事です。

人は血流が悪くなると、その部分が固くなります。
固くなると動きが悪くなり、重く感じます。

こりを取り除く為には、過度な刺激は逆効果である事が先程お話しました。

こっている部分はすでに「不良箇所」なのですから、激しい処置はご法度です。

改善させる為には「優しく穏やかに」です。
適度な刺激で傷つけないことが重要。

では、次に具体的な「肩こりを改善させる手順」について見ていきましょう。

【SPONSORED LINK】

 

肩の血流を改善する手順

肩こりを起こしている原因は、「血行不良」
その血行不良を起こす更なる原因は、「ストレス」

激しい刺激を与えるよりは穏やかな処置が必要という理由は、そういった点からも理解できます。

まずは「安静」

肩に痛みが出た時は、無理に動かしたり、伸ばしたりしてはいけません。
前述の通り、痛い部分をさらに傷つけるだけです。

まずは、安静にすることが基本。

肩がストレスなどで過度に疲れてしまっています。
軽度の肩こりは、安静すれば改善します。

ここで揉んだりすると、泥沼サイクルにハマりますのでやめましょうね。

「疲れたら休む」
日頃の生活と同じ対処が必要なのです。

急なこりには「アイシング」

今まで痛みを感じなかった箇所に、急なこりが生じた際には冷やす(アイシング)事が効果的です。

市販のクールパットや、100円均一のお店で売られている氷のうで15分程度のアイシングを行うようにしましょう。

これで軽快するようであれば、一時的な肩こりですので心配はいりません。

慢性的なこりには「温める」

アイシングでは治らない、長く続く慢性的な痛み、こりの場合はどうすればいいのでしょうか。

慢性的なひどい肩こりには、「温める」のがベスト。

繰り返し使える肩用のホットパックをドラッグストアなどで購入できます。
上手に使って、慢性的な肩こりを改善しましょう。

一応、注意しておきますが、決して使い捨てカイロを皮膚に直貼りしてはいけませんよ。

柔軟性を取り戻す「ストレッチ」

そして、安静、アイシング、温めるといったケアを行ったら、その後に是非して欲しいことがあります。

血行不良で肩が柔軟性を失っているのですから、ストレッチで柔らかくしましょう。

ストレッチであれば、末梢神経が傷つくこともなく、肩への負担も適度です。

動画をみながら、行ってみましょう。

出典:katakori LABS「肩こり研究所」

いかがでしたか?
今回は「肩こり解消にはストレッチ!肩の血流を改善する手順とは」と題してお話しました。

肩こりは放置していると、頭痛など肩以外の場所にも症状が出てきます。

肩こり改善は、身近な商品や、その他お金のかからない方法で取り組めますよ。
続ければ必ず効果があります。

まずは何事も継続ですよね。

それでは。
以上、弥津でした。

【こちらの記事もおススメ】