金運が落ちる、貧乏神に憑かれてしまう5つの悪い思考

2019年4月7日

こんにちは。宗教の訪問勧誘には「私自身が神なので、よその神は必要ありません」といって断る、弥津です。

神と言えば、今回は貧乏神に憑かれてしまう金運が落ちる悪い思考についてお話します。

自分自身や自分のいる環境を磨かずして金運が上がるはずがないと、私は思います。

「持っていれば、いつかビッグな金運が来るはずだ」と信じるだけ信じて、ないまま人生が終わる・・・なんて人が多いのも事実。


金運を上げたければ、金運を掴む思考を持ち、そして、行動を起こすのかが重要ですよね。


その、金運を上げる為に必要な「行動力」を阻害する「悪い思考」

それこそが「貧乏神」の正体なのです。


まずは、自分に「貧乏神に取り憑かれる」、悪い傾向がないかを確認していきましょう。

金運が落ちる悪い思考例

人を騙したり、法を犯すような手段でなければ、「お金への執着」は決して悪いことではありません。

「お金を稼ぐぞ!」って段階で、何らしかの努力を始めるようであれば、自分に磨きをかける契機にもなりますし。


最初から何をして良いのか分からず、努力を諦めてしまう思考・・・それも「貧乏神」が好む思考なのです。

では、金運が落ちる悪い思考の具体的な例を見ていきましょう。

貧乏の原因を他者のせいにしている

自分の運の悪さや、人望の無さを親の育て方など「人のせい」にしている人は、金運が落ちてしまいます。

Photo by sergio souza on Unsplash

問題を他者のせいにしている段階で、「自分の力でどうにかしたい」、「今の自分より進化したい」という気持ちになれませんよね。


金運を引き寄せるには、「お金を手に入れる為に、自分でどのような努力を始めるのか」が重要です。


上手くいかない事を他者のせいで片付けて、自分を磨くことをしない人には、一生かかっても金運は振り向いてくれないでしょう。

そもそも、金運が来ないというよりは、お金を作り出す努力をしていないのです。

自分はもともと運が悪い人と決めつけている

「人生は全て運で決まる」と思い込み、自分には幸運は舞い込まないと諦めている人も、金運が上がることはないでしょう。

人は「希望」を持ち続けることで、「浮上」のきっかけを掴みやすくなります。

そこには運のせいにせず、経験し・研究する事で、必ず結果が出ると信じて取り組む姿があります。


幸運を呼びこむのは、自分の行動次第。

自分で自分の可能性を信じ、お金を作る為にコツコツとできる事を積み重ねましょう。


運が悪いのではなく、幸運が舞い込まない努力なき生活をしていることが原因なのです。

働かずにお金持ちになる「夢」を抱いている

宝くじを買い続けることで、将来の高収入が約束されていると錯覚している人は危険です。


たしかに、高額当選を夢見ることは、時に生きる意欲や希望を生みますね。

しかし、当たらず・・・ただ当選を待っているだけだったので、進歩なく年齢だけ重ねてしまう。


そんな後戻りのできない、最悪な結果が待っているかもしれません。

Photo by Alexis Fauvet on Unsplash

また、親の遺産をあてにする人もいるかもしれませんが、そのような人も「ただ待つ」だけで自分を磨くことはしないでしょう。


何もなかったところからお金が出てくることを期待せず、自分でどうにかしてお金を創りだすぞという気持ちが金運を呼ぶのです。

無理をしなくても将来どうにかなると思っている

特に根拠はないのに、「将来どうにかなる」と信じていると、実際にどうにもならない時に後悔しかないという結末が待っています。


どうにかなるはどうにもならないという件について書いた記事がありますので、合わせてお読み下さい。

楽観で困難を打破できるケースは、ごく稀です。

「なりゆき任せ」では、他人任せと同じなのです。


他人が力を貸してくれなかったら、あなたの現状は何も変わらず、悪いままです。


金運を上げるには、将来を見据えた計算ができるようになる必要があります。


また、何でも『運』というものは、自分の今の不遇さを打破しようとする人以外には向いてこないものです。 


「将来どうにかなる」と思いながら、何もしないままでは、何も起こらないのは当然なんですね。

最初からできないと思って挑戦しようとしない

自分の能力の限界を、実行する前から勝手に決めて諦めている人には、金運は巡ってこないでしょう。


金運を掴む人は、自分自身や、その環境を改善しようと、様々な『挑戦』に取り組もうとします。

スポーツや学習などで、今の自分を更に進化させる意識が強く、「自分磨き」に熱心。


スポーツや学習以外にも、新しい趣味の活動に取り組むなど、とにかくアクティブです。


その活動力が、停滞している運気を循環させる為、金運も巡りやすくなります。


自分の可能性を信じる、あるいは人生を愉しむことが自然と出来る人は、運気が淀みません。


金運を上げる為に必要な考え方【まとめ】

今までのお話のまとめ。


「動きを無くす(停滞する)ことで、悪い運気が取り憑きやすくなる」ということが分かりますね。

「今とは違う自分がこの先にいるはずだ」と信じ、金運を上げる為に活動的な生活を意識しましょう。


毎日、同じことの繰り返しのような生活では、運気も停滞してしまいます。

自分や生活環境の風通しをよくし、循環させることを心がけましょう。


『貧乏神は行動しない人間に取り憑く』


嘆いたり、諦める前に、運気のルーレットをひたすら回すイメージで、とにかく挑戦し続けることが重要です。


自分自身が淀んだ状態でないかを意識しながら、金運は自分の力で上げていくようにしましょう。


それでは!
以上、弥津でした。

【こちらの記事もおススメ】