口臭を防げ!中年男性の私が絶対使うべき口腔グッズ8選

こんにちは、社会福祉士ブロガー・弥津@yazusui)です。

口臭で周りの人に迷惑をかけていないか不安・・・口臭を防ぐ方法を知りたい!!

このように、アラフォー・アラフィフになって自分の口臭が気になる方、いるのではないでしょうか。

でも、大丈夫です!!

この記事で分かること

  • 口臭は中年男性の私にとって他人事ではない!
  • 口臭の大きな要因「歯周病」
  • 中年男性の私が絶対使うべき口腔グッズ8選
弥津
弥津

もはや『中年のなかの中年』と言う領域真っ只中の私。

自分の口臭を特段気にしたことがありませんでしたが・・・もしかして、『口臭おじさん』になっているのではないかと不安を感じる今日この頃。

そんな私にどのような口腔グッズが必要なのか、考えてみることにしました。

中年男性が使うべき口腔グッズ

というわけで、今回は『中年男性の私が絶対使うべき口腔グッズ8選』について説明していきます。

口臭の一番の原因は『歯周病』。

自らの口臭の有無を自覚し、歯茎ケアを心掛ければ今からでも軽減できます!!

私と同じアラフォーからアラフィフの男女みなさま。

口臭改善にどのような方法があるのか、一緒に考えてみませんか?


口臭への不安のある方、ぜひ参考にしてみてください。

口臭は中年男性の私にとって他人事ではない!

口にバツマークをつけている男性
弥津
弥津

結論、自分の口腔ケア意識を高めれば、口臭は改善できます!!

アラフォー・アラフィフになると、自分から発せられる加齢による臭いが気になるものですよね。

体臭にばかり気をとられていると、ついつい意識が疎かになるのが『口臭』。

弥津
弥津

自分の臭いって、ホント分からないですよね・・・。

私は高齢者相手の相談業務をしているので、会話中に感じる高齢者特有のお口の臭いで・・・。

弥津
弥津

自分の口の臭いはどうなんだろう?

と、気になる機会が多くあります。

朝に感じる口腔内の不快感や、仕事の疲れによる口腔環境の悪化・・・私もそれなりに口臭を発しているのではないかと、ビクビクしている毎日です。

たしかに、おじさんの年齢になってから、歯茎下がりが気になりだしたし、知覚過敏でヒリヒリしたこともあったし・・・。

そう考えると、口臭は中年男性の私にとって他人事ではない!

ミドル世代になったら、「自分がまだ大丈夫」なんて思わずに、キツイ口臭が出ているものとして、対策を心掛けないといけませんよね。

口臭の大きな要因は「歯周病」

歯について説明する人形

では、キツイ口臭は、何が原因で起こるのでしょうか。

私でも「口の乾燥」や「ストレス」が原因だと思いつきますが、それらが関係して歯周病になってしまうのでが、一番の原因と言われています。

(口臭の原因として)口腔で一番考えられるのは歯周病です。

過去の研究で歯周病と口臭の間には高い相関性があることが知られています

引用:日本臨床歯周病学会
弥津
弥津

なるほど!!

歯周病を予防・改善しないと口臭はおさまらないということか!!

なんせ、歯周病は国民病と言われる、誰しもリスクのあるお口の病気。


以前、『国民の8割が歯周病』という話題を目にしたことがありますからね。

でも、「超多すぎないか」と思った私・・・ちょいと調べてみました。

「国民の8割が歯周病」といった謳(うた)い文句を耳にすることがありますが、これは以前の歯科疾患実態調査[3](2005・2011年)に用いられていたCPIの改定前の方式で何らかの所見が認められた人が約8割だったことに由来しています。

ここで言う所見とは、歯肉出血・歯石・歯周ポケットのいずれかが認められた場合を指しますので、少しでも歯石がついている場合も「所見あり」と評価されます。

したがって「8割が歯周病」というのは、ウソではないものの、大げさな捉え方といえます。

引用:e-ヘルスネット(厚生労働省)

『国民の8割が歯周病』という表現は、少し『大げさ』とのことですが、それでも歯周病が疑われる方は多いのは間違いないようです。

詳細は、以下の資料をご覧ください。

歯周病の割合表

歯周ポケット(4mm以上)の保有者の割合は高齢者層で高値を示し、45歳以上で過半数を占めています。

一方、歯肉出血がある人の割合はどの年齢階級も4割前後と概ね一定した値を示しています。

引用:e-ヘルスネット(厚生労働省)

歯周病が疑われる4mm以上の歯周ポケットの保有者が、45歳以上で過半数!!

上のグラフにありますが、30代でも40%ほどが歯周病が疑われるんですから、国民病と言って間違いないレベルですよね。

弥津
弥津

・・・ということは、30代過ぎると半数近く、あるいは半数以上の人に、キツイ口臭を発している可能性があるということ。

これはもう!!・・・私が不快な口臭をばらまいていると考えて紛れもないということ!!

歯周病を防ぐことに、すぐにでも取り掛かりたいと思う私ですが・・・では、実際にどう取り組めばいいのでしょうか?

私と同じ口臭への不安を感じる、アラフォー・アラフィフの方、ここからが重要なお話しです!!

中年男性の私が絶対使うべき口腔グッズ8選

歯を磨く男性

私と同じ中年男性だという自覚のある方。

私と共に以下、8点のグッズで口臭をおさめましょう!!

  1. ブレスチェッカー(アルコールチェッカー)
  2. 電動歯ブラシ
  3. 歯周組織の回復を助ける歯みがき剤
  4. 口内薬
  5. 口臭サプリメント
  6. 洗口液
  7. デンタルフロス
  8. 舌ブラシ

順をおって解説していきますね。

①ブレスチェッカー(アルコールチェッカー)

まずは、自分の口臭度合いを知りたくないですか?

自分の臭いって、自分ではどうしても分からないですからね。

自分の口臭がどの程度なのかを把握する方法として、『ブレスチェッカー(アルコールチェッカー)』がいいと思います。

弥津
弥津

自分自身を本気にさせるには、客観的に臭いを把握することが大切ですよね。

ネットで探せば、比較的手に入れやすい金額で売られていました。

カバンに入れても邪魔にならないくらいのサイズなので、持ち運びが便利。

3000円程度で購入できて、自分の口臭の度合いが分かるのであれば、安い買い物かも。

私もすぐにでも欲しいと思ったのですが、製品によっては『センサーの使用期限』があるようなので注意が必要です。

たとえば、こんな感じ。

※センサー寿命は購入後1年経過または1000回測定した場合のどちらか早い方となります。

※センサー使用回数を4段階でお知らせするのでセンサー寿命が事前にわかります。

引用:デジタルライフ

3000円程度の製品になると、内蔵電池が終了するとダメになっちゃうんですね。

1年限定だと割りきって購入する必要があります。


でも、一度でもいいので、自分の口臭レベルが分かれば、それで役は果たしているのかもしれないです。

また、アルコールが大好きな方は、アルコールチェッカーも口臭レベル確認に役立つかと思います。

こちらも、コンパクトサイズで、息を吹きかけるだけで測定可能。

口臭チェックだけでなく、朝どれだけお酒が残っているのかを自覚するためにも役立ちますね。

自分ではお酒は残っていないと思っても、結構醒めにくいもの。


以前、私も検挙されかけたことがあるので、みなさんもチェッカーで確認しながら飲酒量をコントロールしましょう。

しかし!!

こちらも、センサー寿命がある製品ですので、ご注意を!!

※センサー寿命は購入後1年経過または1000回測定した場合のどちらか早い方となります。

※センサー使用回数が1000回以上になると「SENSOR」「OVER」マークが点灯表示されます。

引用:デジタルライフ

値段が安いにはわけがあるって感じですかね。

今の自分がどんな感じか分かればそれでいいってことでしょうか。

「まずは、安い製品で試したい」という方は、上記製品で充分ですが、できるだけ長く使えるものが良いと考える人には物足りないかも。

センサー寿命がなさそうな製品はないかと思い、探してみました。


そこで出会ったのが、こちらの製品。

上記のタニタ製より少し大きいし、金額が約倍になりますが、電池交換可能で寿命を気にせずに使えそうです。

しかし、何でも一生壊れないというものはないので、過信しすぎないように注意ですね。

また、アルコールチェッカーにも電池交換式がありました。

長期的に口臭&アルコールを数値化して把握したい方には、こちらがおすすめ。

②電動歯ブラシ

自分の口臭レベルを把握できたら、次は歯周病改善に向けたケアが必要。

歯を磨いているのに、なぜか虫歯になったり、歯茎下がりが進んでしまう。

このような人って多いのではないでしょうか。

実際、私もそうなんですよね・・・子供の時から歯磨き習慣はしっかりついているのに、虫歯に悩まされていました。


これは、親から虫歯を感染させられたとか、歯磨き以外の要因があると推測できますが、多くは『歯磨きが不十分』という理由があるかと思います。

弥津
弥津

性格が短期な私は、歯ブラシを時間をかけて丁寧に動かすことがどうしても出来ないんですよね・・・長年、磨き残しが多い傾向があったのかも。

歯ブラシを自分の力で丁寧に動かせないのであれば、『電動歯ブラシ』に頼るしかないでしょう!!

そこで、電動歯ブラシを調べてみたのですが・・・なんともスゴイ電動歯ブラシを発見しましたよ!!


それが、『クールシャ(coolssha)』という製品です。

何がスゴイって、歯ブラシヘッドが左右に裂けて、左右同時に歯と歯肉をケアできるのです!!


こんな電動歯ブラシ、見たことないわ。

詳しくは、動画でご確認を。

従来の歯ブラシヘッド形状の電動歯ブラシだと、きちっと歯と歯肉に当てないと、結局は磨き残す結果になりかねませんから。

クールシャだったら、ただ歯に押し付けるだけで、歯と土台の歯肉を同時に磨いてくれます。

弥津
弥津

これ、超すげぇわ・・・ほ、欲しい。

ただ、ネックなのが金額・・・最初に1万6千円ほど必要です。

それに、ヘッドも特殊なので、交換に2千円かかります。

電動歯ブラシ『クールシャ(coolssha)』は費用がかさみますが、歯茎環境が格段に良くなるでしょうから、歯周病予防&口臭予防にはかなりの効果があるかと。

多少の金額がかかっても、口臭で嫌われるよりはマシということでしょうか。

クールシャ

また、「電動歯ブラシは欲しいけど、費用は抑えたい」という方には『電動歯ブラシのサブスク(GALLEIDO)』が最適ですね。

弥津
弥津

これなら、家族全員で電動歯ブラシが安く使えそう!!

こちらも動画で説明がありますので、ご確認ください。

電動歯ブラシを購入したあとの気になることは、とにかく『ヘッド交換』。

サブスクなら、その不安が軽減しますよね。

GALLEIDO DENTAL MEMBER

電動歯ブラシで磨き残しを軽減し、歯茎のイヤな臭いを解消しましょう!!

③歯周組織の回復を助ける歯みがき剤

電動歯ブラシで歯茎を清潔する習慣が出来たから、お次は『歯周組織の回復』です!!

電動歯ブラシで臭いのもととなる歯茎のウミを綺麗にしたとしても、歯茎が劣化したままでは、まさにイタチごっこ。


歯茎といえば、アセスやデントヘルスといった製品を思い浮かべますが、私がぜひとも使いたいのが『コンクールリペリオ』。

コンクールリペリオはネットでも高評価な歯周組織の回復磨き粉なのですが、私の街のドラッグストアには、そうそう売っているものではない!!

実は、私自身、店頭でいまだにお目にかかったことがない製品なのです。

だからこそ・・・。

弥津
弥津

どれだけ効果があるか、使ってみてぇ!!

そんな製品なのです。

歯茎が改善すれば、歯周病による口臭も軽減します。


【コンクールリペリオ】

歯肉を活性化して、歯周組織の回復を助ける歯みがき剤です。

表層タンパク質を凝固することで、組織内部における生体の修復を促し、そして血行促進することで組織の代謝を活発にする歯肉活性化歯みがき剤です。

イヤな口臭の原因となる歯茎のウミを治すために、コンクールリペリオを是非とも試したい!!

現在使用しているシュミテクトと併用したいと思う私です。

コンクールリペリオ 1本(80g)【Concool】
歯科医院専売品のデンタルフィット
¥ 1,099(2021/03/20 16:36時点)

④口内薬

歯磨き剤で口腔内の不快感が消えないようであれば、『口内薬』を試しましょう。

私も以前、使用したことがあるんですよね、口内薬。


その時は、デントヘルスの塗り薬を使用したのですが・・・唾液のせいでジェルが歯茎にまとわり付かず、指先で固まるだけで大した意味を持たなかったのを覚えています。

弥津
弥津

それでも、医薬品パワーは伊達じゃないと、信じたい私。

最近、私が気になる製品が『ハレス 口内薬』。

ハレス口内薬は、歯を失わないことを目指し、本来の強い歯ぐきへ再活サポートしていく歯ぐきのための医薬品。

これ、絶対効きますよね!!

OK!!!

それなら、絶対効果ありだわ!!


歯科に行っても保険外の高い治療法を提案されるだけだし!!

【第3類医薬品】ロート製薬 ハレス口内薬 15g
マツモトキヨシ楽天市場店
¥ 1,650(2021/03/20 17:02時点)

⑤口臭サプリメント

さて、今までは歯の表面をケアする視点でしたが、お次は内面に目を向けてみます。

体の菌のバランスが悪いと、歯茎の状態が悪くなるのだとか。


そこで、歯茎を元気にして口臭予防に繋げる大切な菌が『ロイテリ菌』。

ロイテリ菌は、お口のなかの菌バランスを整え、歯ぐきを健康に保ち、カラダを守る心強い味方。

ロイテリ菌を手っ取り早く、そして効果的に摂取するなら『サプリメント』。

ロイテリサプリは、良好な細菌バランスを保つことで、お口の菌質『口内フローラ』を整えてくれます。


サプリメントについては、こちらの動画で内容を確認して下さい。

ロイテリ菌については、医師領域の治験・効果報告において、以下のような有効性があるとされています。

口臭防止に関連する効果ばかりですね。

『L.ロイテリ菌』歯科領域での治験・効果報告

・5種類の歯周病菌を抑制
・中度・重度の歯肉炎を治療
・病原菌が作る「バイオフィルム」を内側から破壊
・虫歯菌(ミュータンス菌)の抑制
・歯垢形成の抑制

引用:医療法人安井歯科

歯周病改善は内面からもアプローチしないと、大きな効果が期待できないケースが。

そういった面では、腸内と口腔内は関連しているという視点を持つ必要がありますよね。

ロイテリ

⑥洗口液

自宅や職場での歯磨きだけで、口臭は改善できるものではありませんよね。

できるだけ、歯茎環境を長い時間清潔にする必要が。

丁寧に手入れ出来ない時間帯は、洗口液で口腔内を清潔に保てば、口臭を緩和できます。

仕事中やお酒の席など、口腔内が乱れそうな時間帯は、洗口液で歯茎のウミを洗い流したいところです。

少し値段は張っても、有効成分の多く入っている洗口液を選びたいですね。

⑦デンタルフロス

私はデンタルフロスを2年ほど前から使用しています。

歯茎が腫れていると思われる箇所にフロスを当てると、時折嫌な臭いを感じるので、「やはり、日頃から使うべきだな」と痛感します。

弥津
弥津

口臭の原因となる嫌な臭いは、結構歯間に溜まっているのかなと感じるので、フロスを使っての手入れは口臭予防にかなり有効だと思います。

100均でもフロスは売ってますが、安いだけあって細いヒモが一本付いている程度なので、汚れをかき出す能力に乏しい。

どうせ使うなら糸繊維が何重かになっている、かき出し能力の高いフロスがおすすめ。

弥津
弥津

私は一度きりの使い捨てなのかと勘違いしていましたが、フロスは洗ったら繰り返し使用可能なんですって。

質のいいフロスの方が多少お金はかかっても結果として、口臭対策になるわ、経済的だわで、何かとGOODということ。

ぜひ毎日の習慣に!

⑧舌ブラシ

歯周病とは直接関係がないかもしれませんが、口臭対策で忘れてはならない『舌のケア』について。


うちの子供は歯はキラキラ、歯茎もイキイキなのですが、時折お口の臭いを感じる時があります。

舌を見ると、舌苔が溜まっていて真っ白白。

これが臭いのもとになるようです。

弥津
弥津

舌に菌が溜まると、口腔内の全てに影響与えそうなので、清潔に保ちたいですよね。

そこで、『舌クリーナー』の出番。

ガリガリ擦って取ると、舌組織も削ってしまうので、優しくナデナデするのがポイント。

週に一回くらいは臭い対策として、舌ケアを心がけたいと思います。

【まとめ】

歯のケアグッズ

いかがでしたか?

今回は、『口臭を防げ!中年男性の私が絶対使うべき口腔グッズ8選』を紹介しました。

記事の要約
  • 中年男性の私が絶対使うべき口腔グッズ8選
    • ①ブレスチェッカー(アルコールチェッカー)
    • ②電動歯ブラシ
    • ③歯周組織の回復を助ける歯みがき剤
    • ④口内薬
    • ⑤口臭サプリメント
    • ⑥洗口液
    • ⑦デンタルフロス
    • ⑧舌ブラシ

健康に気をつけていても、寄る年波に完全には逆らえないもの。

加齢臭のように、年齢を重ねることで起こる『臭い』との戦いは、中年男性の宿命とも言えます。

でも、不快の度合いで言えば、口臭がNo. 1では?

どんなに体臭がさわやかでも、口の臭いでアウトなら全てが終わってしまいますよね。

まずは、自らの口臭に向き合い、そして歯周病ケア!

口臭知らずで、自信を持って人と接することの出来る、清潔感のあるおじさんになりましょう!


それでは。
以上、弥津でした。