高野豆腐は栄養素の宝庫!食べるだけで病気知らずに

2019年4月13日

こんにちは。子供の時は高野豆腐を「豆腐」と認めていなかった、弥津です。

その高野豆腐ですが、実は病気の予防や美容など様々な面において、体に良いことだらけな食品
今回は高野豆腐の栄養素をみていきながら、そのパワーについてご説明します。

高野豆腐って不思議な食べ物ですよね。

どうみてもスポンジですし、これをわざわざ作って美味しくした最初の人には敬意を表したいです。


でも、だしがしみ込んだ高野豆腐は本当にうまい!!・・・と、おじさんになって感じるようになりました。

最近の市販の高野豆腐は水と付属のだしの素を入れて、ちょっと煮込めば誰でも失敗なくつくれるので、私だって手軽に食べれるようになりました。


その高野豆腐のパワーについてお話する前に、まずは高野豆腐とは何そや!?についてご説明します。

高野豆腐の原料と作り方について

高野豆腐の原料は『大豆』です。


どうやれば、大豆からあのスポンジっぽいものが出来上がるんでしょうか?

作り方は以下の通りです。

高野豆腐は、硬く水切りした豆腐を適当な大きさに切って、寒い外に置いて冷凍させます。夜に固めた豆腐は日中に溶け、水分が蒸発していきます。冷凍と蒸発を繰り返し、完全に水分を抜きます。こうして出来上がった物が高野豆腐です。


出典:つくる楽しみ

冷凍して乾燥させるを繰り返すと、高野豆腐が出来上がるんですね。

市販のものは機械で作るんでしょうが、自分で作るとなると結構時間がかかりそうです。


それに、「豆腐」から冷凍するって知りませんでした。

大豆を擦り潰して加工するのかと思っていたので、それも意外でしたね。


では、豆腐を手間暇かけて「高野豆腐化」させることで、どんな栄養素が生まれるのか。

次はその栄養素と効果について見ていきましょう。

高野豆腐に含まれる注目すべき栄養素たち

高野豆腐は「豆腐(大豆)」が原料ですから、栄養素として「イソフラボン」がすぐにイメージできます。

でも、それだけではありません。

食べれば様々な美容や健康効果が期待できる「スーパーフード」なのです。

大豆と言えば「イソフラボン」

大豆の栄養成分といえば、真っ先に思い浮かぶのが『イソフラボン』


頭に「大豆」と付けて『大豆イソフラボン』とも呼んだりもしますね。

どちらの呼び方でも正解です。

イソフラボンは女性ホルモン『エストロゲン』に似た性質をもっています。

イソフラボンを摂取すれば、エストロゲンの作用もゲットできるというわけです。


エストロゲンには「骨粗鬆症を予防する効果」があります。

それに女性に多い「更年期障害の予防・緩和」にも役立ちます。


また、イソフラボン(エストロゲン)には強い「抗酸化作用」があります。

エストロゲンを体に取り込めれば、アンチエイジングや免疫力を強化する効果も期待できます。

何かと優等生「レシチン」

『レシチン』という栄養素をご存じですか?

レシチンとはリン脂質と呼ばれる脂質の一種。


このレシチンも大変優秀な栄養素です。


筋肉の動きのコントロールなどをサポートする働きがあります。

さらには、記憶や認識の機能向上、アルツハイマー病などの認知症予防効果があるんです。

超高齢化社会になると叫ばれている昨今。

介護知らずでいる為には、欠かせない栄養素と言えますね。


脳、体も両方に作用するのであれば、高野豆腐は介護予防におススメな食材として、もっと高齢者のみなさんに勧めるべきですね。


高齢者だけではなく、若者にはレシチンは有効です。

特に、スポーツをしているお子さんには大豆レシチンは取らせたい栄養。筋肉の運動機能を高めてくれるので、練習効率も上がりそうです。


また、他にも動脈硬化の予防、肝臓を強くする、肌質の改善、コレステロール値抑制といった効果が期待できます。


コントロールの改善にも役立つのでダイエットにもGOODです。

高野豆腐を食べて、ダイエットに取り組んでみるのもいいでしょう。

美容に効果発揮「ビタミンE」

高野豆腐には「ビタミンE」も含まれています。

ビタミンと聞くと、調理すると流れたり、熱に負けてしまうイメージがあります。


でも、ビタミンEは脂溶性(水に溶けにくく脂に溶けやすい性質)なので、水にも熱にも強いビタミン。

ビタミンEは、強い抗酸化作用が特徴です。


摂取することで体内の活性酸素を取り除き、アンチエイジングに効果大!!

さらには、免疫力の向上も期待でき、あらゆる病気の予防に役立つと言われています。

さらに、ビタミンEには血行を良くする、血液をサラサラにする、ホルモンバランスを整えるといった効果もあります。

よく市販の入浴剤にも使用されていますよね。

がんやエイズに有効性「サポニン」

「サポニン」という栄養素も高野豆腐には含まれていますが、あまり聞き慣れませんね。

ですが、この大豆サポニン、コレステロール値の上昇を抑える、中性脂肪や血圧を低下させるといった私のような中年世代にはありがたい効果があるのです。


また、余分な脂肪の蓄積を抑制(ダイエット)、肝機能の向上、血流改善といった効果もあります。


ただ、サポニンの効果はこれでは収まりません。
とんでもない効果が他にもあるんです。


最近の研究では、サポニンの免疫力向上効果によりナチュラルキラー細胞が活性化することで「ガンやエイズウィルスに対して有効である」と分かってきています。

これは、摂取し続けるしかない!!
サポニンがガンの恐怖から、守ってくれるかもしれませんね。


いかがでしたか?

今回は「高野豆腐は栄養素の宝庫!食べるだけで病気知らずに」と題してお送りしました。


高野豆腐に含まれている栄養素は、どれをとっても素晴らしい効果の数々。

病気になりたくなければ、進んで食べるように心掛けたい食材ですね。


それでは!
以上、弥津でした。

【こちらの記事もおススメ】