やたら「痛い」とアピールしてしまうおじさん心理とその癖を治す方法

2019年4月18日

こんにちは。中年にさしかかり、体のあちこちが固まりやすくなった弥津です。

動き始めや、座る時に「痛ててて・・・」や「痛たた・・・」といった痛い系の言葉を発するおじさんたち(私を含む)・・・。

今回は痛いアピールからみるおじさん心理と、その癖を治す方法についてご説明します。

年を重ねてくると、独り言が多くなると言いませんか?

徐々に気力がなくなり、体を動かすにも「きっかけ」や「勢い」が必要になってきます。


「よっこいしょ」や「あ~、いたたた」など、動くたびに出てしまう独り言は、若い人からみれば、うるさい中年特有の深い言動かもしれません。


このような癖は、ほとんどが無意識。

自らの力で気付くことは、至難の業だったりします。


何かにつけて、「痛い」だの何だのいうおじさんの心理を理解し、その癖を治すように意識してみましょう。

なぜ年を取ると「痛い」と口にしてしまうのか

座る時、立つ時に「いてて・・」と言うおじさんたち(私を含む)。

当然、本当に痛いわけではありません。


私が以前働いていた職場にいた30代の同僚は、体を動かすたびに「いてて・・・」という、奇妙な癖を持っていました。

その姿を目にすると、優しい職員のひとりが「どうしたの?」と構ってくれます。


すると、「え?何か言ってましたか、僕??」


彼は、それにデスクチェアに座るたびに「いたた・・・」と言います。

「腰でも悪いんですか?」と私が尋ねると、またしても不思議そうな顔して「え?なんで?」と答えてきました。


これは、まさに心身が「おじさん化」しているからに違いない!!


しかし・・・もしかしたら、何かしかの心理的要因が大きく関わている可能性がありますよね。

「頑張っている自分」に気付いて欲しいという気持ちとか。


おじさんたちの「いたたた・・・」癖は、痛いという声を発することで、「傷つきながら、頑張っている自分を理解して欲しい」という心理が表れたものかもしれないと、気付いた私なのです。

「痛い」アピールをしてしまう5つの理由

では、さらに、男性が無意識に「痛い」アピールをしてしまう理由を考えていきましょう。

あなたの中にも、同じ傾向はありませんか?

ただ単に運動不足で体が固まりやすい

年齢を重ねてくると、徐々に体の柔軟性がなくなってきます。

特に、仕事で椅子に長時間座っていたり、逆に立ちっぱなしな​ど、同じ姿勢でいると腰や膝といった負担のかかる箇所が固まってしまいます。

また、筋肉だけの問題ではなく、中年以降になると四六時中働いている「内臓」にも疲れが出てきます。

内臓の経年疲労によって、体全体の血流が悪くなることで、足腰の慢性的なコリが悪化するのです。


運動不足や内臓機能の低下といった「老化」が原因と言える無意識言動ですので、本当に体調不良を起こしているサインかもしれないので、注意が必要です。

精神的疲労が原因の痛み

実のところ、痛みは体ではなく、脳が先に感じています。


例えば、足腰に痛みの原因となる異変がなくても、脳が正常に働かないと、気にしている箇所に痛みを感じるようになっているのです。


それを精神性疼痛(とうつう)と言います。


何気に「いたた・・・」、「いてて・・・」のような言葉の癖が出てきたという事は、ストレスなどで脳が疲れている可能性があるのです。


脳が「痛い」という言葉を発せさせることで、心に限界に来ていることを自覚していない本人に、異常を知らせようとしているのかもしれません。

痛みに弱い性格

例えば、注射を打つ前。

針が肌に近寄っただけで「痛い!」という人がいますよね。


これは、迫り来る痛みへの「心の準備」です。


先に「痛い」と口に出すことで、痛みの感じ方や恐怖感を少しでも和らげたいという、脳の防御反応です。

元々、痛みへの恐怖心が強い人は、自分に身の危険を感じると、脳が先回りして痛みを感じたかのような感覚を覚えさせます。


その反応の全てが過剰。

体調が優れず、足腰が重く感じると、「もしかしたら、痛みを感じるかもしれない!!」と、先走った痛みへの反応を示します。


それが原因となり、動作するたびに「いたたた・・・」などとつい言ってしまうのです。

自己顕示欲が強い

「精一杯頑張っていると認めて欲しい!」という意識が強い人にも、アピール体質があります。 

こういった人は黙々と作業に取り組むことができず、どこかで頑張っている自分をアピールしたいと狙っています。

体を動かすたびに「痛い」と無意識に言ってしまう癖がある人の中には、痛んでいる姿を見せることで、周囲の注意を引き寄せようとする心理が働いている人がいます。


その自己顕示癖は、本人が意識していない場面によく出ます。

自己主張が成功すると快感で、その後も常にアピールをしてしまう傾向が抜けなくなります。

行動の原動力を得るため

声を出すことはストレス発散効果があります。

また、自分の行動に勢いをつける為に用いられる時があります。


例えば、スポーツの場面では、陸上競技のハンマー投げで出される大きな声。

または、テニスでもボールを打つ時に大きな声を出す選手がいますよね。


これはシャウティング効果と呼ばれています。

シャウト(大声を出す)する事で、アドレナリンが一時的に分泌される効果があるようです。


「力を出したい!」と思えば、脳がアドレナリンを出す為の司令としてシャウト命令を下すのです。

そうやって、自分の「行動の原動力」を得ているのです。

実は、私達が何気に口にする独り言もシャウティング効果と同じ効果があります。

「もうひと頑張りしないと!」、「キツイけどやらないと!」と、少し無理をして行動を起こす時にも、アドレナリンが起爆剤になります。


勢いとつける言葉として「よっこいしょ」がありますが、これも「勢いつけワード」として出されているものです。


そういえば、私の祖父母は仕事の作業に入る前や休憩に入る前、よく「あ痛(あいた)、あ痛(あいた)」と言っていました。


このような「痛い、痛い」も、行動に勢いをつける言葉のひとつ。

「体疲れているけど、頑張るぞ!」っていう自分自身への励ましみたいなものなのです。

「痛い」アピール癖を治す方法

以上のように、おじさんの特徴というべき「痛い」アピールですが、どうすれば治すことができるのでしょうか?


まずは、自分の独り言を自覚することから始め、セルフコントロールできるようにすることが重要です。

おじさん化している自分を自覚しよう

何事も『自覚なくして、改善なし』!!


先程のお話のように、自分の何気ない独り言の中にも心理が表れます。

他者にとって気になる言動はアピールとして取られやすく、敬遠されてしまうことを覚えておきましょう。


痛いと言ったからといって、周囲が心配してくれるのは若い時だけです。

おじさんになってからの「痛い」アピールは、「おじさんアピール」でしかありません。


無用な口癖は減らすように意識しましょう。

頑張り過ぎない

無理をし過ぎている時は、その辛さをみんなに分かって欲しいという心理が強く働きます。


その「無理」が、「痛い」癖の原因です。

また、職場で「自分が必要とされずに、居場所がなくなるのではないか」という不安を感じていると、何かしらかアピール行動が出てしまうものです。


自分の経験は必ず活きるし、若者に頼りになるはずと、多少自信過剰になるくらいでOKです。


職場などでの「不安感」を取り除けるように、自分の仕事スキルを上げるべく、集中して業務や作業に取り組みましょう。


やたらと、「体が痛い」とか何とか言っていると、落ち着きのないガチャガチャした人という印象にとられてしまいますからね。


体が痛いだの何だの独り言を言わずに、どっしりと構えて仕事をしている姿を示せるようにしたいものです。

体力をつけて自信を持てるようにする

そして、心と体の両方をほぐすという意味で、運動は重要です。


運動不足はカッコ悪いですからね。


ウォーキングやジョギング、または辞めてしまっていたスポーツを再開してみる・・・といったように、自分ができる運動を生活の中に取り入れてみましょう。


体力に自信がつけば、脳自体が痛みに強くなりますし、「痛い」アピール癖も消えてゆくでしょう。


心身ともに自信が持てる自分に変わっていきましょうね。


いかがでしたか?

自己改革に取り組む事で、日頃の素行も変わってきますね。


素敵な中年おじさんになれるように、私も日々勉強でございます。


それでは!
以上、弥津でした。

【こちらの記事もおススメ】