認知症に悪いイメージを持つのは本当に呼称の問題なのか

スポンサーリンク

こんにちは。弥津です。

先日、認知症のイメージが悪いのは『認知症』という呼称影響が大きいと主張される方に出会いました。

しかし、本当に悪い印象は『認知症』という呼称のせいなのでしょうか?

一人暮らしをしている認知症を患っている方々をどう支えていくかの会議が地域で行われています。

私もケアマネジャーとして参加させてもらうのですが、各専門職から多くの意見が出てきて、毎回有意義な時間と感じます。


先日、同じグループで討議をしたお医者さんから、こんな意見がありました。

「認知症という呼び名が良くないイメージを与えてしまっているのではないか」


私は納得したような、何か違和感があるような・・・。

そこで、悪いイメージを持つ原因が本当に呼称の問題なのかについて、私なりに考えてみることにしました。

スポンサーリンク

認知症という呼称に問題があるという指摘について

医師やケアマネジャー、介護士であっても、『認知症』と聞くと引いてしまう人がいます。


認知症の方とかかわる専門職たちであっても、その対応には苦慮するもの。

それほど、認知症という病気は対応法が画一的にはいかず、100人いれば100通りの関わり方の違いがあると感じます。


先日のグループ討議で「認知症という呼び名のイメージが悪い」という医師の意見ですが、半分は同意できます。

過去にかかわりが上手くいかずに困った経験があるのならば、その言葉だけでトラウマになってしまうでしょう。


その点でいえば、悪い印象は呼称だけが問題ではなさそうに感じます。


『認知症』と聞いて、人は何を思い浮かべるのか。

認知症という文字を頭に浮かべて、その文字の形に恐怖をだく人はいないでしょう。

たいがいの場合、かかわったことのある認知症患者さんの顔や言動を思い返すでしょう。

また、出会ったことがなければ、テレビでみた情報、あるいは「偏見」で想像するかもしれませんね。


そのぎゃくに、認知症の方でも好意的に受け止められる人に出会えているのであれば、人によっては嫌悪感はないケースもあるでしょう。


ようするに、認知症という呼称が影響して印象が決定しているとは言い難いと思うのです。

認知症であろうが、物忘れ症であろうが、呼び方云々ではなくて、その人の頭の中にある「認知症関連の情報の良し悪し」でイメージが決まっているのではないでしょうか。

「認知症」に呼称変更しても悪いイメージが変わらない理由

『認知症』という呼称が出てくる前は、『痴呆(ちほう)』と呼ばれていたことはご存じですか?

この『痴呆』という呼称・・・『痴』は「愚か(おろか)」。『呆』は呆れる(あきれる)という言葉でも分かるように「あっけにとられて驚く」といった意味で表されます。


ようするに、今でいう認知症を「愚かで、あっけにとられるほど驚かされる状態」といった侮辱的な呼び方で表現していたのです。


難治性かつ進行性の病気という意味では、『がん』と変わりはないと私は思います。

そうかといって、『がん』に侮辱的な呼称はつけませんよね(「がん」という言葉の響きは私は好きではありませんが・・・)。


命にかかわる病気であるがんと、認知症とでは違うという意見があるかもしれませんが、認知症が原因で命を落とすことだってあります。

たとえば、持病の管理ができずに命を落とす、交通事故で命を落とすといったことが想像されます。

認知症を他の進行性の病気と同じように、深刻に考えてもらえないのはなぜでしょうか?


ひとつ考えられるのは、認知症で現れる『症状』にあります。


今まで当たり前にできていた日常生活動作ができなくなる。

特に、排泄や食事摂取など・・・大人として失敗しては恥ずかしい部分に失敗が目立つようになるからです。


様々な面で赤ちゃんや子供の頃のようになってしまうので、「いい年して恥ずかしい人だ」という目で見られがちに。


それに、『老人』という言葉の悪いイメージも関連しているのではないでしょうか?

「老いた人」という字をみて、前向きな印象を持つ人は少ない。


俗にいう『老いぼれ』というイメージと、『子供返り』と取られてしまう行動のイメージ・・・この二つの悪いイメージが根底に残っている限りは、認知症と呼称を変えても見方は同じだと思うのです。

問題行動と形容するうちはおさまらない偏見

それでは、認知症という呼び方に影響されず、その病気の印象を良くする方法はないのでしょうか?

まずは、印象を悪くしている原因を探ってみましょう。


認知症の場合、『深刻な病気』であるにも関わらず、対応の困難さゆえに「迷惑な存在」と評価されてしまう悲しい側面があります。

それに、その病自体で死に直結するというイメージが湧かないことと、好き勝手やっているように見えることも深刻さを感じにくくさせている要因と思います。


そしてさらに、認知症からくる言動は『問題行動』と認識されてしまいます。

この『問題行動』という意識が、認知症への理解を欠く理由なのです。


認知症に罹ってもひとつひとつの言動には必ず「意味」がありますし、良く理解してあげれば特殊な思考から来るものでもないことが分かります。


『認知症=問題行動』という思考があるうちは、何度もいいますが、呼称がどうあろうが「悪いイメージ」は変わらないのです。

呼称の良し悪しを言うのではなく、自分の中にある悪いイメージがどこからくるのかを深く掘り下げて考えられるようになりたいですね。


それでは。
以上、弥津でした。