一瞬にして相手の心を掴む会話術について

2017年12月7日

こんにちは。会話が苦手なのにケアマネジャーという相談業務に就いてしまった弥津です。

みなさんは会話が得意ですか?

今回は、会話中に一瞬にして相手の心を掴む会話術をお届けします。
「あるポイント」だけ心得ておけばいいので難しく考えずにお読み下さい。

会話が上手な人とそうでない人の違いは何でしょう?
「度胸がある?」それとも「自分のペースで話せる?」

自己主張の強い話し方では、逆効果。

相手に好感を持たれるような話し方は、しっかりと相手に向き合っている姿を感じさせる必要があります。

一瞬にして相手の心を掴む会話術についてお話する前に、NG会話の例を見ていこうと思います。


【SPONSORED LINK】


相手の心を掴めないNG会話

他者から嫌われる話し方ってありますよね。
あなたは相手に「この人、何だか話しづらいなぁ」と思わせてませんか? 

自分にNG会話の傾向がないか、確認してみましょう。
相手の心を掴む会話術を身につける前に、NGを冒さないよう心掛ける事が重要です。

人の話が終わる前に話し始める

自己主張が強い人は、自分の意見が頭に浮かんだ瞬間、反射的に言葉が出てしまいます。

人が話しだそうとするとすぐ遮断してしまうので、相手は会話が終わった後に消化不良を感じます。

自分の言いたいことだけ言って、人の話はまったく聞かない。
これでは会話に「好感」は持てません。

相手は「この人は自分中心の人なんだろな」と評価するでしょう。

相づちがおおげさ

相づちは「打てばいい」ってものではありません。

あなたに「うんうんうんうん」や、「はいはいはいはい」といったおおげさな相づちを打つ癖があると、相手は気持ちよく話すことができません。

「この人、私の話を聞く気がないな」と思われてしまいます。

無駄に多い相槌は、「私は自分の意見だけ伝えられれば満足」という気持ちが透けて見えます。

こちら側の伝えたいことを話せさえすれば、あとはサッサと話を終えたいという、自己中心的な考えを相手に感じられてしまいます。

体の向きが相手に向いていない

話す相手の方向に向いて話すのは、会話の基本的な「作法」と言えます。

横を向いたまま姿勢を正そうとせずに、会話する態度は「横柄」。

相手も自分に関心がないと感じて、真剣に会話することを諦めるでしょう。 

「あなたの話を聞く準備がありますよ」という気持ちを伝える為にも、聞く姿勢は大切です。

聞く姿勢の悪さによって、相手は「馬鹿にされている」と感じるものです。
体の向きもそうですが、大人になれば相手の目をみて話すことも心がけたいですね。

会話中のしぐさに落ち着きがない

持っているペンをクルクル回したり、カチカチとノックしたり。
あるいは、何度も忙しなく体を動かしたり、貧乏ゆすりしたり。

あなたにとって無意識の行動なのでしょうが、会話する相手は「この人、話しに集中していない」と解釈します。

また、会話中に忙しそうに体を動かすと、「私との会話は面倒なんだ」という悪い印象を持たれます。

体がつい動いてしまう癖がある人は、自分のその傾向を自覚し、動かさずに黙って聞く訓練を日頃からするようにしましょう。


どうですか?
自分に思い当たる節はありましたか?

NG会話の傾向を持っていると、どんなに優しい言葉を投げかけても、相手はそれを感じ取ってくれません。

ダメな傾向を無くし、正しい態度で会話に臨めるようになれば、相手の心を掴む準備ができたようなものです。

それでは、相手の心を掴む会話について考えてみましょう。

【SPONSORED LINK】

  

「尊敬の念」を身につけよう

会話を円滑に行う為には、こちら側の基本姿勢を正す必要があります。

あなた自身に他者を見下すような考えがあれば、会話中に態度として表れます。
また、言葉使いも荒くなり、相手の心を掴むような会話には程遠くなります。

相手に悪い印象を与えない為に、まずは全ての他者に対して「尊敬の念」を持つようにしましょう。

自分自身を振り返り、素直に反省できる体制を作ってからでないと、人の話を聞くことなんてできません。

仮に自分はパーフェクトと思っている方は、何でも相手が合わせてくれるものと勘違いしがちです。

そんな感じでは相手目線で会話はできませんね。

まずは、「どんな人でも私より優れている面を持っている」という尊敬の念を持つように。

それができれば、相手はあなたの友好的な姿をみて、その言葉の全てを素直に受け止めてくれるでしょう。


【SPONSORED LINK】


相手の心を掴む会話術とそのポイント

私が実際に会話をしていて好印象を持った方の特徴を考えてみました。
以下の4点が挙げられます。

【好印象を持たれる会話】

・会話中、自然に相手の名前を呼ぶ。
・顔をみながら話してくれる。  
・会話中の相手との距離が適度。  
・落ち着いて最後まで話を聞いてくれる。

この4つの中で、一瞬にして相手の心を掴む会話術として最も有効なのが、「会話中、自然に相手の名前を呼ぶことです。

ただ「こんにちは」ではなく、「こんにちは、〇〇さん」と名前をつけて挨拶された日には、妙にホッとするんですよね。

相手が何気に名前を呼んでくれると、「私のことを覚えてくれている」、「馴染みの関係になれている」と感じ、安心感があります。

最近では私も会話の際には「お疲れ様です」だけでなく、「〇〇さん、お疲れ様です」と名前付きにするようにしています。

名前を呼ばれた相手は感謝で返してくれます。
名前を呼ばれると、「この人は私を深く認めてくれている」と感じて嬉しくなるものです。

ただでさえ覚えきれない人の名前。
そこを敢えて意識して名前で呼びかける事で、相手にこちら側の誠意が伝わります。

いかがでしたか?
今回は「会話中に一瞬にして相手の心を掴む会話術」についてお話してきました。

ご説明してきたポイントを自然と出来ている方も多いと思いますが、あくまで重要なのは「自然さ」です。
「無理やり名前呼んでる感」は相手も分かりますからね。

以上、弥津でした。

【こちらの記事もおススメ】