職場で仲良しアピールする人の心境とその対処法

2018年6月6日

こんにちは。小学生の長男と仲良くする為に毎日気を使いまくっている弥津です。

みなさんの職場には、仲良しアピールをする上司・同僚がいませんか?

今回は「不快な仲良しアピールをしてくる人の心境を理解し、その対処法を考える」というお話です。

私の職場には、何人か「明らかな仲良しアピール」をする職員がいます。

それを見せ付けられて、複雑微妙な気分になることがしばしば。


人に親しみを持って交流しようとする姿自体に問題はないのですが、『仲良しアピール』となると別問題です。

仲良しアピールとなると、子供っぽくなってしまいますよね。


特に職場では、『稚拙なアピール行為』と判断されてしまうと、せっかく仕事をバリバリ頑張っても評価が下がってしまいますよね。

自分の評価を落とさない為にも、仲良しアピールが自然と出てしまわないようにしましょう。

私の職場にいる仲良しアピーラー

私の職場にいる「仲良しアピーラー」を例に出してみます。


私の勤務先の部門長の事をアダ名(ムネリンみたいな感じ・・)で呼ぶ女性職員がいました。


彼女は部門長とは以前からの知り合いで、俗に言う引き抜きで入社した経緯があります。

それもあって、その部門長とは「今の職場に来る前からの10年来の仲間」とか聞いてもないアピールをしてきます。


「だから?」と返事をしたくなりますね(笑)。

それに、先輩の男性Aさん、女性Bさん。

入社当時からの長年の同僚とか何とかで、お互いを「Aちゃん」、「Bちゃん」で呼び合います。


それだけならいいんですが、この二人は他の職員の前でわざと稚拙なジョークでじゃれ合うんです。


新人職員のいる前で、「Aちゃ〜ん、昨日の夜は燃え上がったなぁ」とか・・・「Bちゃ〜ん、俺との間にできた子供はしっかり育ててくれてるん?」とか・・・(書いてて恥ずかし)。


そして、その先輩は私に「この前、こんな冗談(上記のやりとり)を二人で言い合ったよ」って、仕事中に余計な報告をしてきます。 


果たして、この2組の方々にはどんな心理があるんでしょうね・・・。


どうしてわざわざ、すすんでこんな言動でアピールしてくるんでしょうか。


では、ここから私なりに分析し、理解を深めると共に、こういった方々への対処法について考えます。

このような人でお困りの方、あるいは自分自身がどうなのかの振り返りなどの参考になればと思います。

仲良しアピールをする目的は?

まずは、仲良しアピールをする人の心理を分析してみましょう。

何でも、人は自分にとってメリットがないと、労力を費やしてまでアピールなんてしませんからね。


私が思うに、そこには優越感というキーワードが絡んでいるのではないかと思います。

自分の存在を大きく見せる為

自分の判断や主張をしっかりと通す為の手段として、仲良しアピールが利用される場合があります。


仲良しアピールの「仲間」は、誰でも良いわけではありません。

必ず、そのグループの中心で存在感を示している方です。


例えば、社長、施設長、工場長・・課長、部長、リーダーなどです。

その方との親密な関係性をアピールする事で、自分自身もグループ内で同様の影響力がある存在だと見せつけようとするのです。


そうすれば、今後は自分の発言などに重みを持たせる事が出来、何事においても他の人より優位に立てます。


仲良しアピールの仲間にされている人は、『利用されている』と言えそうです。

自分に好意があるか反応を試している

これは職場の中に気になる異性がある場合です。

ある女性が男性上司と親密そうにしている姿を部署で見せつける事で、好意ある男性職員の反応を確認する・・・みたいな感じです。
男女逆パターンもありますよね。


嫉妬心をかき立てて、自分に好意を持っている異性の興味を引くといった目的です。

性格的に、とってもいやらしい・・・絶対に付き合いたくないタイプです。

特定の人に自分の方が「上」だと分からせる為

わざと主張したい相手がその場にいる時に、じゃれ合ってみせたり、慣れ合い的な話し方をしてみたり。


ある特定の人に対して、自分の方が「上なんだぞ!!」と主張する為に、この仲良しアピールが用いられる時があります。

影響力のある人と仲良しているところを見せることで、「あなた達にはこういう事はできないでしょ?」と、言いたいのです。

それによって、相手に「この人にはかなわない」、「この人には負ける」って白旗をあげさせたいんですよね。


「勘違いするなよ、私の方があなたより『上』なんだから」
そう主張して、相手がでしゃばることを食い止めようとしているのです。


しかし、これを見せ付けられると、影響力のある人に媚び売っているように見えるので格好悪いんですよね。

また、別の視点で見れば、根底にある自分の劣等感を他者に力を借りて、必死に大きく見せようとする心境も見え隠れします。


出てこようとする杭に対する恐怖感もあるでしょう。

その部署に優秀な職員が現れたりすると、このアピール行動を出してしまう人が多くなる傾向があります。

人から見て「羨ましい」自分でいたい

人によって支配欲が強い人っていますよね。

その支配欲は、個人に向けてだけではなく、集団・グループにおいてもみられます。


自分がその組織の中で、存在感を周囲に示したいという欲求が強い人は、そのスイッチが入りやすくなります。


周囲の人達に対して、「妬ませて優越感に浸りたい」のです。

人から尊敬される存在になりたいという憧れが強く、他者に対しても「羨ましいと思って欲しい」と求めています。


そこには、自己満足」を満たす目的しかないと言えますね。

このような自己満足を求める人は、自分が危機な状況や不安感に襲われるのではないかという恐怖心がとても強いのです。


必要に応じて、自分が個人相手や集団で、存在感を示す言動をすることで、自分のポジションが不動のものであるのかを確認しているとも言えます。


この手の仲良しアピールは、周囲の人に対して、グループ内での自分のポジションの高さや位置を確認、誇示する手段であるようです。

これは、自己を慰める行為とも言い換えられますね。


自分自身が、他者にどう見られているかを過度に気にしている様子もうかがえます。

自分の苦手な空気を崩し、自分の快適な空気にする為

私の以前の職場に、沈黙がやたら耐えられない人がいました。


私はその点にはまったく気にならない「黙々と仕事」タイプなので、いつも通りにマイペースで仕事をしていたのですが・・・。

その人は必ずと言っていいほど、自分の近況・・・特に職場の上司や先輩との仲良しエピソードを、突拍子もないタイミングで切り出し、無理やり聞かせようとします。


これは、自分にとって苦手な空気を打ち破る目的があったのだと思われます。

そして、黙々と仕事をするという自分の苦手な空気を作っている私に対して、マウンティングをしようとしたのだと考えられます。

ちなみに、マウンティングに関しては、以下の記事をご参照下さい。

それに、自分に関心を持ってくれていない人との時間や場所の共有は、不安や苦痛そのものなのでしょう。


ですから、自分色にその場を変えることと、自分が認めていない変な空気を作るんじゃないという主張として、突拍子もない仲良しアピールが出てきたです。


たいがい、そんな時の仲良しアピールは、上司からこんなジョークを自分に振られて困ったとか、あるいは先輩と参加しているフットサルチームの練習中に先輩がこんな事をしてきたといったような、その場に関係のない話しばかりです。

仲良しアピールに出会った時の対処法

仕事中、突然向こうからやってくる仲良しアピールを回避することって結構難しいですよね。

だって、敵もさる者。
対象者にどうにかしてアピールしたくて、絶妙なタイミングで行ってきますから。


その波に飲み込まれないように、自分サイドの心構えと、仲良しアピーラーへの反撃法を頭に入れておかないといけませんね。


以下に、私の考える対処法を挙げさせていただきました。

反応は小さく、冷静な目で見つめよう

まずは、「動揺を見せない」こと!!


こちら側のメンタルを「平穏な状態」でキープしないといけません。

相手のペースに飲まれて、羨ましいなんて思わないようにしましょう。


仕事だろうが、プライベートだろうが、他者に見せつけるような慣れ合い自体が、大人としてどうなのかと感じませんか?


相手の自分を格好良くみせようとする格好悪さを冷静に見つめるという気持ちで・・・クールな眼差しで対処しましょう。


新人さんは職場の大先輩の慣れ合いが目の前で演じられると、さすがに無視はできませんね。

そんな時は、ほんのちょっとだけ愛想笑いをするくらいで、目線を仕事の作業に戻しましょう。忙しいアピールをし返せばいいのです。

目の前で真似しちゃいけない事例をみせてもらっていると考えて、「これは、私は絶対マネしてはいけないやつだ」と自分に言い聞かせましょう。


職場にはお手本より、反面教師にしないといけない人の方が多くいる場合がありますから。

相手の発言を復唱するような相づちを打つ

人は自分の行動や言葉を、映し鏡ですぐにみる事ができないものです。

ですから、自分の恥を知らないまま、妙な行動を続けてしまう事が多くなりがちに。


私の仕事である、ケアマネ業務での面談では、私達は相談者の考えを相手に気付かせる為に、あえて言葉を復唱する手法をとります。


例えば「母を施設には入れたくないんです」と相談者が言えば、「そうですかぁ、施設には入って欲しくないんですね」といった具合です。


このように、ブーメランのように返してあげる事で、自分の考えを確認する事ができるのです。
ときに、自分の言動の問題に気付き、反省のきっかけにもなります。


ですから、仲良しアピールをするような人の場合もこの手法を行いましょう。

仲良しエピソードを聞かされたら、淡々とした態度で「言ってきた内容を復唱」。


「リーダーと私は10年来の仕事の戦友でね」なんて話には、「10年来の仕事の戦友なんだね」などどといった返事で。

自分の格好つけな言葉に違和感を感じてくれれば、仲良しアピールが減るかもしれません。

聞きたくもない仲良しエピソードで、特に印象に残るフレーズを冷静に返し続けましょう。

そうすることで、話を聞いてないわけでもない。それでいて、相手の言葉の愚かさを相手に徐々に知らせる事ができる。ちょうどいいバランスでその場を凌げます。


うまくいけば、先程お話したように、「私ってそんな自慢話ばかりしてるんだ」って何気に気づいてくれるでしょう。


また、いちゃいちゃパターンは言葉返しが難しいですが・・・同じ行動をし返すというわけには行きませんからね。

そんな時は、見ていないふりが一番!!



あるいはさりげなく、他の用事があるようなふりをして、その場を立ち去りましょう。

そんなやつ、その場に置き去りにして放置してやればいいんです。


その対処に徹していれば、相手もそのうちに自分の行動の虚しさを知ってくれるでしょう。


しかし!!人によっては、無関心やその場からいなくなるといった行動を対象がとると「私が勝った」を思う猛者もいるでしょう。

それでも、何度も一貫した態度を貫けば、相手はアピール自体が疲れてきますから、こちらが負けないことです。


何事も根気勝負ですね。
疲れさせられないように、みなさんにとっての防御策も準備しておきましょう。


最後まで読んでいただいてありがとうございました。

それでは!
以上、弥津でした!。

【こちらの記事もおススメ】