人はなぜマウンティングをするのか。 原因と対処法を考えてみた

2018年6月30日

こんにちは。「不幸」から常にマウントポジションをとられている感覚の弥津です。

最近では、自分の方が優位性をアピールして優越感に浸る行為をマウンティングと言いますよね。
今回は、マウンティングしてくる人の心理的原因対処法を考えていきます。

Photo by Ninz from Pexels

マウンティングは動物によくみられる行動です。
相手の後ろから乗っかって抑え込むかのような姿勢をとる。生殖行動という意味合いだけでなく、強さなどを誇示する為に行う『優位行動』でもあります。

人のマウンティングの場合、されるととっても不愉快。
これをしてくる人が職場や友人にいると結構厄介ですよね。

人間のマウンティングも他者に優位性を誇示する行動ですから動物を同じです。

先日、私も別の記事で『仲良しアピール』についてお話しましたが、あれも一種のマウンティングです。

なぜそのような行動をしてしまうのか。
マウンティングは『自己肯定』というキーワードが関係しています。

要するに、自分のポジションが他者より上にあると確認しないと不安でたまらない。
自ら、「アナタより上です」と主張することで、自分の価値は低くない・・自信を持っていいんだと自分に言い聞かせているんですね。

SPONSORED LINK

人はなぜランク付けをしてしまうのか

人はなぜマウンティングを行うのでしょうか。

ランク付けは人間が動物である以上、本能として行う「自然な行動」とも言えます。

では、そのランク付けは何の為に行うのか。
全ては『自分の身の安全を守る為』なのです。

相手が自分より上なのか下なのかを見極め、それによって危険なのか安全なのか、そして損なのか得なのかを判断します。

マウンティングは周囲に「私の方が上なんだから大人しくしておいてね」と先手を打って他者を押さえつけることで、自分の安全を確保していると言えます。

他者に活躍されると自分の居場所がなくなる。
その恐怖心から、他者の動きを抑制させているんですね。


【SPONSORED LINK】


承認欲求とマウンティングの関係

人間には『承認欲求』というものがあります。
承認欲求とは「他者から認められたい」という欲求のことです。

自分が他者に充分に認められていないのではという不安感が強いと、必死に自分を上位においてランク付けを行い、それを他者に誇示しようと(見せつけようと)します。

周りに「自分は君らより上位に君臨くる人間なんだぜ」とアピールし、意識を植え付けようとするんですね。

自分が他者より優越感のある状況だと、周囲に知らせたらミッションコンプリート。
任務遂行完了です。

自分自身に安心感と優越感というプレゼントが贈られます。
自己満足とも言い換えられますが。

しかし、「そんなことしなくても、みんなあなたをスゴイって認めてるよ」って思ってくれているのに、マウンティングをとってしまう人もいますよね。
全員が認めるグループの中心なのに、マウンティングをして逆に評価を落とすこともあります。

充分に周囲の人からの高評価がマウンティングする人に伝わっていないことが考えられますね。
「すごい!」とか「アナタがいてくれて助かる!」とか「いつもありがとう!」のような認めてくれる言動を周囲の人が投げかけてくれていないとか。

マウンティングさせたくなければ、十分に認めてあげる・・・褒めてみるっていうのも対策として良いでしょう。

また、マウンティングには自分に自信がないというだけでなく、見下されたくないという抵抗心から来るケースもあります。

マウンティングする人はただ単に『自己主張が強い』というだけでなく、頑張りを周囲から認められない哀しい状況にある人という見方もできるのです。

SPONSORED LINK

マウンティングする人への対処法

「自分が孤独な状況になっていないか、自分が見下されていないか」
このような不安感の中で、人は無意識、あるいは意識的にマウンティングを行ってしまうことはイメージできましたね。

学歴や収入に関することから、「2時間しか寝てない」というような不健康アピール、異性関係のアピールなど・・私は凄いんだぞというアピール。
そして、組織やグループの中で大きな存在感のある人などとの仲良しアピール。

どれも好意的に受けとめられるものではありません。
そうなんです・・・結果として、マウンティングは何も得るものはない。逆に失うものの方が大きいということに気付かないといけません。

マウンティングの裏には「認めてもらいたい」という気持ちも隠されており、周囲はその人が適切に評価されているのかを考えてあげる必要もあります。

マウンティングがその人の悪い性格から来ると決めつけずに、自分たちが疎外感を味合わせていないか、頑張りを認めていないような態度をとっていないかなど、自分たちにも何か要因があるのではないかと考えてみましょう。

ですが、どうしようもないくらい酷い自己中心的なマウンティングにはどう対処すればいいのでしょうか。

もうそうなったら、「興味がない」といった態度でひたすら受け流すしかありません。

心の中で「この人、今マウンティング中だな」とつぶやき、その人の言動を冷静に受け止める事も重要。

仮に上司であれば、その無視加減も難しいでしょうが、相手が調子にのらないように「すごいですね〜」といった褒め言葉を抑揚つけずに淡々を繰り返すのもひとつの技です。

そうすれば、こちら側の疲れを最小限に抑えられます。

それに、さらに上級者テクニックとしては、そのマウンティング会話の内容にちなんだ「その話で思い出したんですが〜」とか言って話題をそらすといった事も。

マウンティングはする側も結構疲れるはずです。
自分を大きくみせようと必死ですから。

当然、聞く側はもっと疲れるんですが。
要するに、双方ともにストレスが溜まる行動。

他者との優劣をいつも意識しながら生活することは無駄に疲れます。
その無駄に疲れることを無くすには、マウンティングをなぜ人がしてしまうのかを理解し、自分がマウンティングを犯さないようにする事。

そこには自分の自信のなさ(自己肯定感の低さ)が影響し、時に他者への妬み、承認欲求が原因となっていることを理解しましょう。

このような特徴がわかっていれば、自分がするマウンティングも防げますし、他者から受けるマウンティングにも適切に対処できます。

まずは、今の自分がマウンティングをしていないかを確認してみましょうね。

【こちらの記事もおススメ】