もしかして嫌われてるかも?!普段の行動で見える拒否のサイン

2018年7月27日

こんにちは。時々全ての人から嫌われている感覚になる、ネガティブ野郎・弥津です。

みなさんは「私、この人から嫌われてる」と気になったことはありますか?
今回は、普段の行動で見える「拒否サイン」をしっかりと見抜いて、嫌われモードから脱する心得をお伝えします。

「私はみんなから好かれている」
こんな風に高を括っていると「傲慢(ごうまん)」と取られて、いつの間にか嫌われていた・・・なんて事になりかねません。

嫌われている事に気付かないとどうなるか。
今のあなたを改善しないまま、放置状態となり、手の施しようのない悪い人間関係になってしまいます。

嫌われ男子、嫌われ女子にならないように、しっかりと拒否サインを察知できるようになりましょう。
そして、あなた自身の意識改革を行っていきましょう。


【SPONSORED LINK】


拒否サインを見逃さない為に必要な事

『拒否サイン』を見ていく前に、サインを見逃さない為に必要な点をいくつかご説明します。

まずは、相手の『感情の空気』を読み、サインを見逃さない観察力を身につける事から。

「観察力なんて簡単には身に付かない」
そう簡単に身に付きそうにないくらい、難しいですよね、「観察力」なんて聞くと。

でも、ポイントをしっかりと掴んでおけば、どんな場面においても『空気の読める』人に進化できます。

ポイントは簡単です。
「相手の感情をコピーする」

空気が読めない人は「とにもかくにも自分の感情が全て」です。
周りがしらけていても、自分が楽しければガンガンアピールします。

自分の感情に素直になるのではなく、目の前にいる人の顔、言い方を真似する意識で接してみて下さい。

徐々に他者の感情が乗り移り、あなた自身が相手の気持ちを理解できるようになります。
また、グループの中にいる場合は、その中で影響力のありそうな一人に焦点を合わせれば大丈夫です。

SPONSORED LINK

8つの拒否サイン

では、ここから「拒否サイン」8例を挙げていきます。
私の実体験も含まれての8例ですので、参考にしてみて下さいね

話しかけてくる回数が減る

嫌いになってくると、話しかけるのも面倒になってきます。 

仕事などで今まで自然な感じで話しかけてくれていたのに、徐々に会話回数が減っている場合は要注意です。
日頃からどれくらいの頻度で相手から話しかけてくれていたのか、ある程度は意識しておくようにしましょう。

あくまで「相手から話しかけてくる回数」に変化があるかです。
こちらから話しかける分は「会話回数」に入りません。

普段通りと同じ状況の中で、一日どれくらい話しかけてくれているかで判断します。
拒否されているのに、ひたすらこちらから話しかけても「ただ空気が読めない人」になってしまいます。

会話中のテンションが上がってない

嫌いな人と会話しててもテンションが上がりませんよね。
「早く会話が終わって欲しい」とばかりに、その空気を閉じようとします。

話す機会があっても、真剣に話している姿がみえません。

会話のキャッチボールがとても淡白になります。
例えると、ボールが飛んできて受け取りはするけど、相手まで届くような送球をせずに足元にポイッと投げてその場を立ち去っていったイメージですね。

やけに仕事に集中しだす

今まで適度にコミュニケーションをとりながら仕事をしていた人が、急に会話なく、仕事に集中しだしたら拒否サインです。

どんなに仕事が忙しくなっても、人はずっとエンジンをかけっぱなしという事は本来できません。
どこかで心の充電(リラックスタイム)が必要ですよね。

それなのに、黙々と仕事に没頭し、相手にしてくれる機会が減ってしまった場合は、嫌われている可能性があります。

「今までは仕事でのリラックスタイムの良き相棒だったのに、最近は仕事ばかりで見向きもしてくれない」
そんな状況が当てはまる人は注意が必要です。

目線を合わせて会話してくれなくなる

「目は口ほどに物を言う」と昔からいいますが、拒否サインも目線で分かります。

嫌いな人は顔を見るのも不快に感じるもの。
それに、嫌いになっている自分に引け目を感じて、避けようとする心理も出てきます。

目が泳いだり、他の場所に目線がいって見てくれなかったりしてきます。

基本的に構いたくないので、目線が合う事自体を嫌います。

目線が合うことで会話しないといけなくなります。
その状況をならないように、意識して目を合わさないようにしているのです。

自分の方を向いてしっかり話してくれているか、確認しましょう。


【SPONSORED LINK】


困っていても相談してくれなくなる

嫌われているわけですから、信頼感もなくなっています。
困っている時に助言が欲しい相手は、自分にとって「信頼できる人」ですよね。

拒否の感情がある人には、相談事はしません。

困っているのに自分に相談せずに、他の人に相談しているような姿がある場合、拒否サインが出ています。

あなたへの拒否感情があるので、逆に自分が困った状態だと知られたくない。

妙な対抗心も出てくるので、あなたに心配もしてほしくないし、構ってもらいたくもないのです。
構ってアピールは絶対にしてはいけない状況ですね。

今までたいして交流のない人と妙に仲良しになっている

相手が今までたいして交流していない人と妙に仲良しになっている場合、あなたは避けられている可能性があります。

あなたへの拒否があるので、他の人で代替しています。
または、拒否感情を口にしたことで、意気投合してしまった事も考えられます。

この状態を放置していると、最終的にあなた一人になってしまいます。

自分の何が悪かったのかを確認するために、気付いた段階でしっかりと対話の機会を持つようにしましょう。

嫌われていることを知らないふりして、無理なり仲間に入ろうとすると、火に油を注ぐ結果になってしまいます。

LINEやメール、電話などの返事が遅くなる

大切な人からの連絡は、嬉しいし、遅い返信で嫌われたくないから早く反応しますよね。

嫌いになってしまうと、その逆の反応が起こります。
拒否感情を持っている人のLINEやメール、電話の返信は明らかに遅くなってきます。

「ごめんなさい。スマホみる余裕なくて」
「昨日はすぐ寝てしまったので」

返事が遅かった理由をこんな感じで済ませようとします。

実際はメッセージや電話を受信していると分かっているのですが、わざと「あとでいいや」の対応をしているのです。

飲み会に誘われても断りだす

嫌いな人とは飲み会に行きたくなくなります
飲み会は楽しい人と一緒にいきたいものです。

私は嫌な人と飲みに行く為にお金を使うくらいなら、子供にご飯ごちそうした方がよっぽどいいですからね。

仮に飲みに行くことになっても、テンション上がらず、お酒に頼る。
そうすると悪酔いして、拒否反応露骨に出る言動をしてしまう。

こんな最悪な状況は誰だって避けたいですからね。
その危険性を感じて、嫌な人がいる飲み会には行きたくないという理由もあります。

上司や先輩の権限・圧力で押し切って、強引に飲み会に誘うのだけはやめましょう。
断られたら、空気を察して無理強いしないのが一番です。

SPONSORED LINK

「嫌われてる」状態からどうすればいいのか

何らしかの理由、誤解で嫌われてしまった場合、その関係を修復する手立てはないのでしょうか。

あなたは心得るべき基本は「相手のせいにしない」です。
謙虚さがない、自己中心だ・・・このような理由で嫌われている可能性が高いので、「まずは自分の否を認める姿勢」が重要なのです。

相手のせいにする思考を排除しよう

誰でも「私は正しい」と思いたい本能があります。
自分を正当化することで、自分の存在価値を高めようとしているのです。

でも、それが強く出過ぎると嫌悪感を抱かれ、拒否に繋がることもあります。
それでは次から次へと、自分の元を去る仲間が増える一方です。

まずは、自分が何をして嫌われているのか。
何をして誤解を与えてしまったのか。

しっかりと自分の否を認めることから入り、他者を責める思考を一切排除しましょう。
相手の方を向いてではなく、自分の方に視点を置いて考えてみるのです。

拒否サインが出た原因は、あなたの日頃の言動がきっかけとなり、積み重なったことでパンクさせてしまったと思いましょう。

「私は悪くない」という言葉が自分から出てきたら、その性格が相手の嫌悪感に繋がったとも考えられます。
私と共に謙虚さを意識していきましょうね。

関係修復の「チャンスは必ず来る」と思って待つ

嫌われていると分かったからといって「早く仲直りしたい」と焦らないようにしましょう。
急ぐことで「強引で自分勝手」と思われてしまいます。

嫌われていると分かって冷静でいられる人は少ないでしょう。

そこで重要なのが、あなたの心を平穏にすること。

「早く仲良くなりたい」とばかりに、話し合う機会を持とうと強引に場を作ったりしがちですが、まずは「そっとしておく」ことも大切です。

あなたを理解してもらうチャンスは今ではありません。
あなたと相手の加熱している感情が穏やかになった時が、関係修復のチャンスなのです。

言い方変えると「お互いに頭を冷やす時間を作る」という事ですね。

そして、その時が来るまで出来ることがあります。

相手の会話に耳を傾けたり、今まで話していなかった人と会話をするようにしてみましょう。
今まで知らなかった他者の感情を理解することができます。

人の気持ちを分かろうとする姿勢をみせることで、拒否サインを出している人はその前向きさに好感を持ってくれます。
相手は徐々に自分の拒否感情を振り返るようになり、もう一度あなたに向き合おうとしてくれるでしょう。

そして、相手に何らしかのトラブルが起きたその時には、率先してサポートしましょう。
助けられる事でその人の価値を再確認し、関係が深まるのはよくある事です。

いかがでしたか?
ここまで「拒否サインと、その後の関係修復の為の心得」をお話してきました。

これから一緒に『自己中心になり過ぎていないか』と自問自答していきならが、拒否サインが出ないように気をつけていきましょう。
しっかりとアンテナ感度あげて、他者の感情の変化を感じていきたいですね。

以上、弥津でした。

【こちらの記事もおススメ】