素直にアドバイスを受けることができない人との接し方のポイント

2018年11月15日

こんにちは。親から過去に「お前の為だから勉強しろ」と言われて、それ以後まったくする気がなくなった弥津です。

今回は、素直にアドバイスを受けることができない人との接し方ポイントについて考えたいと思います。

困っていそうな仕事の同僚や友人をみかけると、余計なお世話とは思ってもアドバイスをしたくなります。

でも、そんな時・・・なぜか、相手から素直に「ありがとう」の言葉が帰ってこない時がありました。


「そんな事分かってるよ」
「心配しなくていいから」
「余計なことしないで」


さらに、たたみかけるように、こちらのハートにグサッと刺さるような攻撃的な言葉が送り返されることもありますよね。

助言したのに、ケンカや険悪な関係になるきっかけになるなんて残念すぎますが・・・。


しかし!!アドバイスを素直に聞けないのには何か理由があるはずです。

まずはこちら側のアドバイスの仕方などが適切だったのかを省みるところから始めましょう。

あなたも私も「プライドの塊」である事を理解しよう

「小さな親切、大きなお世話」

こんな言葉が昔からありますね。


基本的に、親切にされると誰しも幸せな気分になるもの。
でも、四六時中、アドバイスって欲しいものではありませんよね。


誰だって、他者の作ったレール通りに走らずに、自分の判断や経験を元に行動したいという欲求を持っています。

プライドは全員持っているものです。


プライドとは「思い上がり」「高慢」といった意味だけではなく、自分の仕事、判断などに「自信と誇りを持つ心」という意味でも使います。

言い換えれば、『自負心』です。


子供でも大人でも、「自我」を持っています。

「自立したい」という思いがあり、本来は余計な口出しは無用なのです。


そのような点から分かるのは「素直に人の話を聞く」という事は、自我の背く事と言えるので、とても難しい話だという点。

特に、黙々と懸命に頑張っている人には、困ってそうだからといって勝手なアドバイスをすると、反発という形で返ってきやすいので注意が必要。


このような人は、「頑張っている自負」があるので、アドバイスをされる事で「みっともない自分を周りに見せてしまった」と、恥ずかしさを感じたりします。

それが「小さな親切、大きなお世話」的な反応になる原因です。


親切の押し売りになっていないか・・・。

相手のプライドを意識してあげないと、せっかくのアドバイスも関係悪化のきっかけになってしまいますね。


こちらのタイミングで行うアドバイスは、場合によっては「相手の頑張りを否定する」事と同じになってしまう可能性がある点に注意しましょう。

アドバイスのタイミングを考えよう

相手が成長するためと思ってアドバイスしても、された相手が自分を「否定された!」と感じれば、拒否的言動が出てしまうことが分かりました。


また、相手にとっては「自分が下に見られている」という印象を持つこともあります。


アドバイスにも、適切なタイミングがあります。

相手にとって突拍子のないアドバイスは、相手を追い詰める場合があるので注意すべき。



アドバイスはいつでも相手にとって有益ではないのです。

出すタイミングや言い方、こちら側の一方的なアドバイスは攻撃とみなされます。


こちらとしても、自分のアドバイスが相手にとって痛いものではないのかに気をつけましょう。


素直にアドバイスを受けることができない人の原因を作っているのは、無用な助言をしている自分なのかもしれない。

この意識を持つことで、あなたの助言は「タイミング」と「優しさ」が適正化され、他者が吸収しやすい言葉となるのです。



では、そのタイミングなどのアドバイスのコツについて、次でお話しさせていただきます。 

素直にアドバイスが受けられない人との接し方3つ

アドバイスを自分勝手に投げかけてはいけない事を、ご理解いただけたかと思います。


誰が相手であっても「素直に話しを聞き入れられる状況作り」を行わないことには、アドバイスが関係悪化のきっかけになるリスクは減りません。

それには、以下の3つのポイントがあります。 

最初に相手の労をねぎらう

こちら側からの助言を「攻撃」と取られないようにするには、まずは、こちらが「味方」であると認識してもらう必要があります。

その為に重要なことが、「相手の労をねぎらう」です。


「さっきはよく頑張ってたね」や「今日までよくやってると思うよ」といった、相手の努力を認めてあげる言葉を、最初に投げかけてあげましょう。


褒め言葉が最初に投げかけられることで、相手の心はほぐされます。

誰が相手であっても、褒めてくれる人には友好的な姿勢になるものです。


このように、「私は敵じゃないよ。味方だよ」という姿勢で入る事を心がけましょう。

相手の心の扉を開いて、こちらの言葉を素直に受け入れさせるには、相手の努力や苦悩を認めること。


あなたの言葉を「ダメ出し」と取らずに、ありがたい忠告ととってくれる環境が整います。

アドバイスをする前に「まずは褒め言葉から入る」と、覚えておいてもいいでしょうね。

相手の感情を吐き出してもらう

最初に相手の心をほぐす事ができたら、次に相手に感情を吐き出してもらいましょう。


さっきまでどれほど辛かったのか。
逆に、うまく行ったと思う点は何だったのか。


話しているうちに、愚痴、自分に対しての不満・・・いろんな感情が出てきて、相手の心境が見えてきます。


その感情は、「怒り」なのか、うまく出来ない自分への「嫌悪感」なのか。


その相手の「空気」を察することで、アドバイス今するべきなのか、ここは控えておくべきなのかが分かります。


アドバイスを素直に受けられない人には、特に相手の感情を読んでタイミングを選ぶ必要があります。

相手の感情とアドバイスを必ず連動させる

あなたは吐き出された相手の「感情」に合ったアドバイスができていますか?

こちら側目線で気付いたことを、感情任せでアドバイスしているのでは誰でも聞き入れてくれません。


特に、自分に自信があったりする、素直にアドバイスを受けられないタイプの人は、自分の思いと違うアドバイスが投げかけられると猛反発します。


そこで、しっかりと相手の喜怒哀楽を把握し、相手の感情に合わせながらアドバイスを出してみましょう。

冷静沈着ではなく、あえて同じ喜怒哀楽を出して接するのです。



同じ感情を持っている相手を見ると、親近感が湧きますね。

その後も、助言を素直に聞いてくれる心の繋がりができあがりますよ。


いかがでしたか?

今回は「素直にアドバイスを受けることができない人との接し方のポイント」についてお話してきました。 


助言をするにも、される側の「心の整備」が必要ということですね。


助言を受ける側は、例え前向きな助言であっても、心の衝撃がそれ相応にあることを理解しておかないといけませんね。


それでは!
以上、弥津でした。

【こちらの記事もおススメ】