本音で生きるのは得なの?損なの?私なりの結論について

2019年4月7日

こんにちは。本音を言えないストレスを解消するのが物凄く下手な弥津です。

今回は、本音で生きる人が本当になのか、あるいはなのか」を考えます。

本音で生きている人をみると、憧れを感じてしまいますね。

だって、いつも腹に溜め込んでないから、楽なんだろうなと想像しますし。


私は、自分自身の消極性が目について、「もっと本音で勝負できる人になりたい」と常に思っています。


でも、そもそも『本音で生きる』ということは、本当に得なことなのでしょうか?


一見、得しているように思える本音勝負ですが、今回は私なりに損得の判断をしてみたいと考えました。

その前にまずは、本音で生きる人の傾向を見ていきたいと思います。

本音をぶつける相手は誰か

みなさんは「本音」と聞いて、どんなイメージが思い浮かびますか?


私は、自分の腹の中に溜めている本音には、とても攻撃的なイメージがあります。

言いたくても言えないことですから、溜まっているのは「不満」がほとんどのように感じます。


また、好きだという感情を溜め込んでいるというケースもあるでしょうが、その本音は相手を喜ばせるとは限らないという悲しい現実がありますよね。


要するに、本音には「自己中心的」な傾向が強いものが多く、自分の思いを他者に押し付ける結果になりがちだと言うことです。

そして、本音勝負を地で行く人は、その吐き出す相手を選ばないという良くない傾向がありますよね。


ときに、本音をぶつける相手は「自分より弱い人」になりやすいのです。

本音を出す相手が反抗しそうな人だったり、自分より立場の強い人に対してだと、「逆襲」が怖いですからね。


無意識のうちに、安全牌な人を選定して本音を出している人もいるでしょう。

本音をぶつける相手が、後輩や部下など立場の弱い人に対してだと、弱いものイジメに取られかねませんから、今の時代とても危険です。

では、本音勝負の生き方で尊敬できる、憧れすら感じる人にはどんな特徴があるのでしょうか。

それは、先程の話と逆で、強いもの、大きな存在のものに向けて、本音で応酬できることです。


自分より大きな物に立ち向かう姿は、勇猛果敢。
誰でも出来る事ではありません。


しかし、ただ「反抗」すればいいと誤解しないように。

その本音勝負は、しっかりとした「正論」での対決でなければ簡単に切り捨てられます。


仕事や周囲の人への関心、的確な情報の把握など一歩先いった知識があってこその「正論的本音」ですから、日頃から精進が必要なのです。

本音を吐き出す事と自己防衛の関係

人などの動物は自分の生命を守るために『自己防衛』という能力を持っています。

自分がストレスに押しつぶされないように、嫌なことを避けるのも自己防衛です。


自分の言いたい事を言わないものストレス。
そのストレスを吐き出そうとして、いつも本音を放出し続ける・・・。


ストレスを溜める「容量(タンク)」が小さい人は、不満などの思いがすぐに溢れ出てしまいます。

それが、常に本音を言い続ける人のメカニズムだったりします。

自分の言いたい思いを黙って我慢することは、誰しも過度のストレスが溜まりますからね。

自分の体調を維持するために、脳がストレス吐き出しの司令を出している時は、本人はまったく気付きませんし、罪悪感もありません。


本音で生きる人はストレスが溜まらなくて羨ましいと思いますが、溜まらないのではなくて「溜められない」可能性があるのです。


しかし、これでは「我慢が出来ない人」と評価され、周囲の人達からマイナスイメージを持たれやすいという、デメリットな側面がありますね。

本音で生きる人は頼もしいのか

本音で生きる人には、他者にとっては「言いにくい事を代わりに言ってくれる頼もしい人」という特徴があります。


防戦一方だった舌戦の中で、よい対抗手段となる論理が出ない時、本音でズバズバと指摘してくれるとどれだけ助かるか。


身近にこういった人がいると、自分も強くなったような感覚になりそうです。

友人、同僚だったら、つい信頼して、いつもそばにいて欲しくなりますね。

しかし、先程お話したように、その刺激的な言動によって、周囲に敵を作りやすいことを覚悟しなくてはなりません。

その意見に同調したひとりとして、あなたも「こいつは仲間だ!」と警戒されるかもしれません。


頼もしい存在となる反面、余計なことまで言ってしまう場合が多く、平和解決しようとした空気を台無しにするケースがあります。


自分にとって味方なようで、敵のようで・・・結局は、「微妙」な存在なので注意が必要な人と言えますね。

本音で生きるのは得?損?

結果として、本音を出し続けて、爽快感を感じているのは本人だけなのです。

本音で生きている本人とすれば、言いたい事を吐き出して爽快なのですから、ある意味「ひとり勝ち」なのかもしれませんね。


本音で生きている人は、常に勝利を手にしている感覚なのかもしれません。

しかし、他者に与えるマイナス影響を考慮すれば、本音で生きる人は『損』をしているとしか言いようがないですよね。


だって、人は一人では生きていけない生き物です。

必ず他者の力を借りて生きていかないといけない時がやってきます。

あなたが本音をズバリというたびに、共にいる家族・仲間に重い荷物を渡しているようなものです。

そんな一方的に渡された重い荷物に、好感を持つ人は少ないでしょうし。


自分の溜めている本音の数々は、それを知った他者からすれば、とても衝撃的なものがあり、出す側としても配慮が必要であると意識しましょうね。

本音で生きている人は、とにかく損!!


多くの人々との共存を否定しているとも言えるので、本音の出し入れは身に付けるべきでしょうね。


いかがでしたか?

今回は本音で生きることを私なりに損得で結論づけてみました。


私の結論としては、本音主義は人生で損をしている面が多いということです。

「本音を出すタイミングは見計らいながら慎重に」を意識していきましょう。


それでは!
以上、弥津でした。

【こちらの記事もおススメ】