自己論理

私の完全なる独り言

全肯定はNG?依存されない「適度な優しさ」とは何か

人は相手の意見を全肯定すれば優しいと言えるのでしょうか?肯定しすぎれば依存を生む。依存されない適度な優しさについて考えてみました。
仕事術

仕事が簡素化されない一番の弊害は「紙文化信仰」だと思う私の見解

高齢者介護業界においても仕事の簡素化が求められています。でも、いまだに出来ない一番の弊害は「紙文化信仰」だと思うのです。行政や介護職員たちが今の書類のあり方をどう考えるべきなのでしょうか。
恋愛・結婚・家庭

結婚を成功させる「相性の見極め方法」についての私の持論

結婚が成功なのか失敗なのかはしてみないと分からないでは辛いですよね。結婚を成功に導く「相性の見極め方法」についての私の持論をお話します。
スポンサーリンク
マナーや常識

相談対応の場のおいて笑いは必要か、無用なのかについて思うところ

ケアマネや弁護士など相談対応を行う職種の場合、相談の場のおいて笑いは必要なのでしょうか?笑いで和ませる必要があるのか、それとも無用なのかについて私の思うところをお話します。
私の完全なる独り言

疑う方が悪いのか、疑われる方が悪いのかについての私の考え

人から信頼されずに嫌な思いをしたことはありますか?それは疑う方が悪いのか、それとも疑われる方が悪いのか。そのどちらなのかについての私の考えをお話します。
私の完全なる独り言

ある程度は近所の情報を知らないとトラブルになりやすいと思った話

ご近所の子供の年齢や親の仕事は把握しておかないと、生活リズムの違いなどでトラブルに発展する可能性があります。今回は非常識者と思われない為の配慮についてお話します。
高齢者介護(ケアマネ日誌)

ダメ職員が減らない高齢者福祉特有の理由と必要な心構え

高齢者介護の仕事を長年してきて、ダメ職員が減らない高齢者福祉特有の傾向に気付きました。その理由と、その状況を打破するために必要な心構えを考えます。
人と上手に付き合う

被害者意識が強い人の特徴と対処法

良かれと思って言ってあげたのに激しい逆ギレを食らうって事ありませんか?もしかしたら置いては被害者意識が強い人かも?その特徴を知って対処法を身につけましょう。
高齢者介護(ケアマネ日誌)

なぜケアマネジャーは「質が悪い」と簡単に批判されてしまうのか

ケアマネジャーの質が悪いというネット書き込みをよく見ます。実際にその『質』はまちまち。ケアマネの質が問われるのはなぜかを私なりに考えてみました。
私の完全なる独り言

無信仰もある意味「信仰」!わがまま信仰のススメ

心の平穏を得る為に信仰を持つことは良い事です。でも、既存の神仏を信じないと信仰ではないのでしょうか?他人の神仏を信じないことも、ある意味「信仰」だと思う私です。
高齢者介護(ケアマネ日誌)

認知症に悪いイメージを持つのは本当に呼称の問題なのか

認知症と聞くと、深刻な病気にも関わらず悪いイメージや苦手意識を持つ人は少なくないでしょう。その悪いイメージを呼称の問題という人がいますが、本当になのかを考えていました。
自己啓発

若さ保てる人と老いていく人にはどのような思考の差があるのか

年を重ねると出てくる言動の変化。こういった自分の変化に気付く人と気付かない人がいますよね。その差はどこにあるのでしょうか。私の経験からある傾向を導き出しましたのでご説明します。
マナーや常識

人の病気の苦しみが分からない人は一生優しくなれない理由

人が病気の苦しみについて話している時に真面目になれない人っていますよね。今回は病気のような人の苦悩が分からない人は一生優しくなれない理由を考えます。
体験・取材報告

ゲットした物を早く自分の懐に入れないと人の物になる理由

みなさんは好意として貰い物をゲットした時、喜んでいただいていますか?今回は欲しい物は早く自分の懐に入れないと人の物になってしまう、その理由について考えます。
高齢者介護(ケアマネ日誌)

「長生きしたからもう充分やろ」という家族や高齢者支援従事者に物申す

ご長寿だった高齢者が亡くなった時、「長生きしたからもう充分やろ」という家族や高齢者支援従事者がいます。果たして、本人は本当に充分だと思っているのでしょうか?しかし、私はそうは思わないのです。
スポンサーリンク