防振ゴムブロックで室外機音を軽減!取り付け手順を画像解説します

防振ゴムブロックの取り付けて手順を解説

室外機が大きくてうるさい!!

音を軽減する、具体的な方法を知りたい!!

こんにちは、社会福祉士ブロガー・弥津@yazusui)です。

このように、エアコンやエコキュートの室外機の音に関する悩みを持っている方、多いのではないでしょうか?


でも、大丈夫です!!

室外機の音に困ったら、防振ゴムブロックを使えば、簡単に軽減できます。

弥津
弥津

室外機の音対策の中で、特に効果のあった防振ゴムブロック!!

今回は私の体験を元に、どのような製品なのか、取り付けは簡単なのかについてお答えします。

私の場合は、エコキュートの室外機で使用しました。

高音域の騒音にはかなり効果があると感じますので、お困りの方はぜひ参考にしてみてください。

人付き合いや仕事・家庭の悩み、そして心の悩みをお持ちの方は、『スキルマーケット・ココナラ(coconala.com)』(※別ウィンドウで開きます)でも解決法がみつかります。


【ココナラ】悩み相談・話し相手はこちら

防振ゴムブロックで室外機音を軽減できる!

弥津
弥津

結論、防振ゴムブロックを使えば室外機音を軽減できます!

室外機は、新品であればそんなにうるさいものではないんですけどね・・・。

しかし、エコキュートや大型のエアコンとなれば、室外機の大きさもデカイ!!・・・そして、結構音が大きい!!

さらに、室外機を設置している場所や老朽化によって、作動音は増すもの。

しっかりと防音対策をしないと、自らが不眠に悩まされるだけではなく、近隣住民とのトラブルにもなり兼ねません。

そこで、大切なのが、室外機の足元!!

弥津
弥津

室外機の動作音は、足元をケアすれば、かなり軽減しますよ!!

室外機の初期設定(?)でほとんどの場合取り付けられているプラスチック性(樹脂性)の架台。

プラスチック性(樹脂製)架台は、安価で軽いのでよく使われているのですが、状況によっては室外機音を増大させてしまう原因になるとか。

ネットでその情報を仕入れた私は、「何か良い製品はないか」と探した先に見つけたもの。

それが、『防振ゴムブロック』であります!!

正直、思った以上にお値段が高いので、買うのに躊躇したのですが。

エコキュートの室外機音に悩まされていた私としては、まさに藁にもすがる思い。

結果、購入して良かったです。

室外機の音量がかなり軽減しました!!

取り付けも一人で出来るくらい簡単でしたので、次の章で詳しく、画像をまじえながら説明しますね。

防振ゴムブロックの取り付け手順を画像解説

では、『防振ゴムブロックの取り付け手順を画像解説』していきます。

  1. 対応迅速!そして、包装が雑で少し驚く
  2. 樹脂製架台とは比べ物にならないくらいGOODです!

購入を検討している方は、どのような製品なのか、この記事で確認してみてください。

①対応迅速!そして、包装が雑で少し驚く

セイコーテクノは、Yahoo!、楽天のどちらにも出品しています。

私はTポイントを使うことを考えて、Yahoo!ショッピングで注文GBKL-45を選択


すると・・・。

即日発送!!!

キャンセルうんぬんを考える余裕を与えず(笑)。

まぁ、早く欲しい製品ではあるので、これはこれでヨシということで。

注文してから3日後に到着!!

早い!!!

早さは誠意とも思える私。

宅急便の箱

でも、包装が雑で笑う。

箱を開封

私の場合、包まれていた段ボールは『カロリーオフ・ジンジャーエール』と書かれていました。

ジュースの箱を有効活用されているようですね(笑)。

弥津
弥津

でも、新型コロナのご時世でしたので、マスクを無料プレゼント(同封)してくれていました。

梱包は雑でも、どこか優しさを感じますわぁ。

中には、防振ゴムブロックと、接続用のボルト4本(そして、プレゼントのマスク)。

開封後の中身

さすが、ゴム性ですね。

思った以上に横幅があるし、縦も長いしでどっしりとした印象・・・それでも、軽い!!


触った感じ、硬すぎず・柔らかすぎずで心地良い。

クッション性は確実にありそうですから、期待大ですね!!


ただ、ゴムくずが段ボールの中に落ちてたりで、すぐにボロボロにならないか、買ってすぐに心配に。

②樹脂製架台とは比べ物にならないくらいGOODです!

見た目以上に軽い理由は、中が空洞になっているからでしょうか。

基礎との接地面が少ない方が、振動は防止できるようですから、その理由もあるんでしょうね。

ゴムブロックの裏側

う〜ん、今までの架台がこれですからね。

たしかに、バカデカい室外機の足としては、樹脂製だと貧弱な感じ・・・。

樹脂製の架台

見るからに、室外機本体の振動を受け止めてくれそうです。

この、防振ゴムブロック様。


絶対的に、樹脂架台よりGOODに決まってる!!・・・期待しかないっす!!

一人で取り付けられるか挑戦!

  1. ちょっとだけコツが必要なボルト固定
  2. 前の取り付けが出来れば、あとは簡単

まずは、樹脂架台のボルトを外します。

ボルトサイズに合うスパナが倉庫にあったので、簡単に外せました。

スパナでボルトを取り外す
ボルトを取り外したあと

そして、防振ゴムブロックの登場。

横に並べると、樹脂架台との違いが一目瞭然。

防振ゴムブロックの方が、地面にしっかりと設置して、室外機を支えてくれそうに見えます。

樹脂架台とゴムブロック

前もって敷いていた防振ゴムを取り出しつつ、悩む・・・さて、どうやって架台を取り変えるか?

樹脂架台を一気に取ってしまうと、室外機を傾けてコンクリートに一旦置くしかない・・・でも、後ろのホースが裂けたら悪いし、ボルトを止める部分が曲がっても良くない・・・。

それなら、樹脂架台を少しづつズラシながら、やってみよう!!

樹脂架台とゴムブロック

こんな感じで、少しづつ樹脂架台をずらしていきます。

架台が外れた室外機

そして、この形にしたまま、ボルトを準備。

同封されていた専用ボルトですが、想像していたより太くて大きめ。

大型の室外機でも問題なさそうなくらい頑丈なボルトでした。

すぐに劣化するような心配もなさそうです。

ゴムブロック専用ボルト

穴にボルトを通してみましたが、まったく問題なしですね。

ワッシャーが大きいので、ガッチリ固定できそうです。

ただし、外す時は一旦室外機を持ちあげないといけないので、一人で無理だと思ったら家族に協力してもらいましょう。

専用ボルトを室外機に通す

①ちょっとだけコツが必要なボルト固定

防振ゴムブロックをボルトで固定する際、少し注意点があります。

簡単にブロック本体のレールには通せるのですが、『一文字型』になっているので、レール横幅にしっかりかませる必要があります。

ボルトをゴムブロックのレールに通す

ボルトがブラブラな状態だと、レース内部でクルクル回るので、ある程度締めてから動かして固定した方がいいです。

ゴムブロックに固定されたボルト

このように、レールにしっかり固定できたらOK。

あとは、ワッシャーと取り付けて、スパナでネジを回せば完成。

ゴムブロックに固定されたボルト

②前の取り付けが出来れば、あとは簡単

次は、後ろも同じようにボルトを取り付けますが、前方より簡単。

後ろは室外機の固定部分がU字なので、ボルトを緩めたらスーっと横移動させるだけ。

室外機後ろのボルトを外す

あとは、完全に樹脂架台を抜き出し、前方に装着済みの防振ゴムブロックのレールとU字を合わせる。

レールの端から専用ボルトを入れて、しっかりカムように固定すればOKです。

ボルトを固定

これで、片方は完成。

これをもう片方も行い、取り付け完了となります。

両足取り付けた感じがこちらです。

私は、ゴムブロックの下にさらに正方形にした防振ゴムを4角に敷きました。


それに、柔らかいゴムですから、夏場に溶けないように、100均で購入した人工芝を一番下に挟みました。

作業時間は約15分ほど。

一人でも、問題なく取り付けできました。

設置後の感想

私の場合、エコキュートの室外機音に悩まされたので、購入しました。

エコキュートの室外機は、動作時、かなり内部で振動します。

本体の振動を樹脂架台では吸収できず、一緒になって揺れてしまいます。

そして、その振動が基礎であるコンクリートにも伝わって、大きな音が出るというワケです。

しかし、防振ゴムブロックであれば、室外機の足元への影響はほぼなし!!

樹脂架台装着時と比べて、『ボーー!!』という高い音はマジなくなりました。

念には念をおしたい場合は、上の画像のようにボルトとゴムブロックの間に『穴あき防振ゴム』を挟むのも効果的。

エコキュート室外機は、低周波音がしつこいので、さすがの防振ゴムブロックでも無音とまではいきませんでした。

低周波音については、高音ほどの効果はありませんでしたが、防振ゴムブロックを付けない時と付けた時では、音の大きさは違います。

低周波音対策としても、ある程度の効果はあるかと思います。


エアコン室外機であれば、もっと顕著に効果が期待できるのではないでしょうか。

【まとめ】

まとめ

今回は、『防振ゴムブロックで室外機音を軽減!取り付け手順を画像解説します』と題して紹介しました。


エコキュート室外機の低周波音との闘いについて、まとめた記事がありますので、他の方法を知りたい方はこちらもお読みください。

記事の要約

値段は高いが、室外機の音(特に高音域)は防振ゴムブロックで軽減できる!!

防振ゴムブロックは、お値段がトータル1万円ほどの予算で考えないといけないので、お世辞にもお手頃な方法とはいえませんね。

しかし、室外機の騒音に悩んでいる方は、あれこれ購入して試すより、これ一つで充分かと。


本体は軽いし、柔らかいしで、扱いは簡単。

取り付けも、私でも一人で出来たくらいなので、お手軽。


自分や近隣住民への配慮という意味では、有効な製品ではないでしょうか。

お困りの方がいれば、購入をお考えください。


快適なエアコン&エコキュートライフを!!


それでは。
以上、弥津でした。