お腹グーグーは恥ずかしい!空腹対策におすすめの小腹食品まとめ

お腹グーグー対策におすすめの小腹食品

授業中や仕事中に、小腹が減ってお腹が「グーグー」で恥ずかしい!!

小腹対策に良い方法はないの?

こんにちは、高校当時から授業中のお腹グーグー音に悩まされてきた社会福祉士ブロガー・弥津@yazusui)です。

空腹時のお腹グーグーで恥ずかしい思いは、これ以上したくない!!


小腹対策法、知りたいですよね!!

腹持ちがよく、それでいてさりげなく口に入れられる食品で、お腹グーグーを予防しましょう。

弥津
弥津

お腹グーグーでこっ恥ずかしい思いをしてきた私が、色々と小腹食品を試してきましたので、おすすめを紹介します。

仕事や学校で胃に補給する、おすすめなお腹グー対策食品をご紹介します。

お腹が鳴る理由

弥津
弥津

まずは、何でお腹がグーってなるのか気になりませんか?

お腹が鳴るのには以下のような理由があります。

胃の中がほぼ空っぽになると、周期的に胃の収縮運動が始まり、小腸にその動きが伝わっていく。

この時に、消化しきれなかった食べ物のかすや水分、空気がかき回されて、空気が振動する。

これが「グー」という音になる。

引用:空腹時…おなか鳴る理由 : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

これは胃が活発な証拠っぽいですが、だからといって喜べない。

胃の中が空っぽになることが最初の理由なのであれば、これは適度に補給するしかないですね。

お腹が鳴るととにもかくにも恥ずかしい!

弥津
弥津

私もお腹が鳴りやすいので経験がありますが、このお腹グーグーってかなり恥ずかしいんですよね。

特に、学生時代は赤面ものです。

胃腸が活発な証拠ではあっても、恥ずかしいお腹グーグーはどうにかしたい!!

そんな小腹対策に、おすすめな商品はないのでしょうか?

今回は、手軽に食べられて小腹対策に最適な食品を探してみました。

空腹対策におすすめの小腹食品

職場や学校で、小腹が空いたからといって、仕事、授業の合間にガッツリと何かを食べたりすると、軽蔑されそうですよね。

できるだけ、ササッとさりげなく小腹を満たしたい!!

手軽にお腹のグーグー対策ができるおすすめな食品は以下の通りです。

一口大の菓子類5選

さりげなく、一口でパクっと食べられる食品を手元においておきたいですよね。

  1. ブラックサンダー
  2. 一本満足バー
  3. チアシードビスケット
  4. 忍者めし
  5. ハリボーのハードグミ

特に、腹持ちのいい「チョコレート」や「グミ」を選ぶといいでしょう。

①ブラックサンダー

秋から冬場にかけては、若者の心を掴んでやまない『ブラックサンダー』がおすすめです。

チョコレート系は夏場だと溶けやすいので、注意が必要です。


値段も安いので、小腹対策として毎日持参できる手軽さが嬉しいですね。

②一本満足バー

また、バータイプの小腹食品もいいですね。

少し固いので、食べるのに時間がかかるのが難点です。


でも、一度に食べるというよりは、空腹になったら合間に一口かじるようにするといいでしょう。

小腹が怪しいなと感じたタイミングでかじり、かじりしてグーグー対策を。

③チアシードビスケット

チョコレートや穀物系以外にも、腹持ちに役立つ食品があります。

一時、ダイエットの手段として『チアシード』が流行ったことがありました。


このチアシードですが、水分を含むと種の周囲にゼリー層ができて、膨張してくれます。

私は以前、オレンジジュースでチアシードを飲んでいましたが、それなりに「手間」なんですよね。


そんな時は、チアシードを含んだビスケットがおすすめです。

お腹がすいたら、一枚食べるだけでOKです。

④忍者めし

それでも、もっとさりげなく、誰にも気付かれずに口にできるものはないか!!

そのような方には、グミがいい。


私的には、『忍者めし』なる製品がお気に入りです。

ひと粒では足りないので、3〜4粒くらい食べてしまいます。


でも、忍者のようにこっそりと空腹対策したいなら、小粒系がありがたいですね。

⑤ハリボーのハードグミ

また、もっと経済的にグミで対策したいという場合は、「ハリボーのグミ」で!!

ハリボーのグミはとにかく「ハード」!


小袋に分かれているものを選べば、ポケットに忍ばせておくこともできますね。

噛みごたえがあるので、結構お腹を満たせますよ。

ブロック系の栄養補助食品3選

  1. バランスパワー
  2. ぐーぴた
  3. ビスコ

炭水化物系で小腹を満たしたいという人であれば、『ブロック系の栄養補助食品』を活用しましょう。

①バランスパワー

カロリーメイトが有名ですが、少し値段がはるので、私は以下にある「バランスパワー」を時折購入しています。

カロリーメイトよりブロックが小ぶりなので、人によっては損した気分になるかもしれませんが、この大きさがさりげなく口にするのにいいサイズだと思います。


私が大好きな『スイートポテト味』。

ドラッグストアやスーパーなどで手軽に買えるのもありがたい。

②ぐーぴた

ササッと食べて、より効果のある炭水化物系小腹食品が欲しければ、「ぐーぴた」を選びましょう。

コンニャクマンナンが膨らむので、ブロック系食品の中でも、効果が高い。


カロリー調整もされているので、ダイエット中の方にもおすすめです。

③ビスコ

あと、意外と? イケてる小腹食品が「ビスコ」です。

小分け包装されているし、一つ一つが小さくて食べやすさ抜群。


ビスコは栄養素も充分なので、優秀な小腹食品と言えます。


炭水化物系全般に言えることですが、「口の水分を奪われる」点には注意が必要です。

水分をかたわらに食べるようにしましょうね。

ゼリー系の食品2選

「ゼリーが大好き!!」という方には、ゼリー系の食品を。

  1. ゼリー飲料
  2. 蒟蒻ゼリー

ウイ−ダーインゼリーが超有名ですが、こちらもお値段が高めなので、安価な類似品で充分だと私は思います。

①ゼリー飲料

TIGORAやイオンなど、独自ブランドのゼリー飲料は単価が100円を切るので、毎日飲みたい人には最適です。

ウイ−ダーインゼリーと同じくらいアスリートに愛されているのが「アミノバイタル」です。


ドラッグストアによっては、100円程度で購入できるので、アスリート系な人であれば、こだわってこちらを選択してもいいでしょう。

②蒟蒻ゼリー

また、ゼリー飲料であっても、小腹対策として高い効果を期待したい人には「蒟蒻(コンニャク)ゼリー」がおすすめ。

こんにゃくゼリーは、食感もゼリーよりしっかりめで、食べている感覚があります。


味もフルーティーなので、女子の方々が喜びそうな製品ですね。

大豆食品(スティック系)

「ブロック系食品は口の水分を奪われるので食べにくい」という場合は、「ソイジョイ」が良いでしょう。

しっとりしているし、大きさも適度なので食べやすいですよ。


大豆食品なので、腹持ちがGOOD。

ボロボロこぼれ落ちることも少ないので、合間に食べるのに適しています。

【まとめ】

今回は『お腹グーグーは恥ずかしい!!空腹対策におすすめの小腹食品まとめ』と題してお話しさせていただきました。

【この記事のまとめ】

お腹のグー対策には、さりげない補給が重要。

腹持ちがよく、それでいてさりげなく口に入れられる食品で予防しましょう。

お腹が鳴ってその場にいるのが「恥ずかしい!」という、穴があったら入りたい状態にならないように、上手に小腹対策しましょうね。


それでは。
弥津でした。