気付く人と気付かない人の違いは何か?気付く人になる為に必要な事

気付く人と気付かない人の違いは何か

「気が付かない」、「気が利かない」とか言われるけど、何が足りないの?

どうすれば、気が付く人になれる?

こんにちは、社会福祉士ブロガー・弥津@yazusui)です。

気付く人だと言われると嬉しいですが、果たしてどうすればなれるのでしょうか?

経験豊富さが「気付く能力」を養います。

過去のつらい経験を活かしましょう。

弥津
弥津

気付く人、気が利く人になるためにどうすればいいのか、仕事で対人援助を行ってきた私がお答えします。

簡単なポイントを意識するだけでOK。

私と一緒に、気が付く人になるには何が必要なのか考えてみましょう。

よく気付く人とはどのような人?

Discoveryと書かれたネオンサイン

あなたの身近に「よく気付く人」はいますよね。

例えば

  • 他者のつらい心境を読み取り、気遣いの言葉をかけられる人
  • 仲間のピンチを察知し、さりげなく助けてくれる人
  • 良い言動や悪い言動を見逃さずに褒める・指摘するが上手にできる人
弥津
弥津

気付く人は、気配りができるので、周囲の人たちからは尊敬のまなざし。

憧れますよね。

では、どうすれば自分が「気付く人」になれるのでしょうか?

その秘訣は、逆に「気付かない人」の特徴を知れば見えてきます。

気付かない人が持っている4つの悪い特徴

話しかける人と無視する人

まずは、気付かない人になってしまう要因にを見ていきましょう。

自己中心的な傾向が強い人は、気付かない人になるリスクあり。

  1. 過度な自信がある
  2. 気が付かなくても支障がない生活だった
  3. スルーによって身を守ってきた過去がある
  4. 気付いたからといって褒められる事がなかった

気付かない人が持つ悪い特徴4点を説明します。

①過度な自信がある

自分は完璧だと勘違いしてサボるウサギ

幼い頃から厳しい指摘や指導を受けた経験が少ないと、自分を疑うことが身に付かず、過度な自信を持ってしまいます。

そうなると

私は完璧!

自分の完璧さに心酔し、他者への関心が薄くなります。

「完璧な自分は何の問題もない。私が周囲に対して悪影響を与えているはずがない!」

という考えが基本となり、他者への気遣いが身に付きにくい。

失敗を失敗と思わないので、他者の苦しみに寄り添うための経験値が不足しています。

②気が付かなくても支障がない生活だった

人は過去の経験にもとに、判断して行動を起こします。

過去に辛い経験をしたら、二度と同じ目にあわないように、当時の記憶を引き出し、回避行動をとります。


その経験は他者にも応用されます。

他者の危機を察知して適切な助言が出来たり、苦しい心境を共有出来たりします。

その一方で、つらい経験から逃げてばかりいると、判断材料が蓄積できず、「気付きの能力」が養えません。

親などに判断を依存し続け、気付く必要がない生活を送ってきた人も、気付きの能力は低いままです。

③スルーによって身を守ってきた過去がある

未読と書かれた旗

誰しも持っている「自己防衛本能」。

危険を感知し、自分の身を守る行動を取りながら、人は暮らしています。

身を守る行動には、反発や回避がありますが、時に「気付かないふり」という方法が用いられます。

スルーによって自己防衛を繰り返してきた人は、スルー回避が習慣化し、条件反射的に行うようになってしまいます。

ようするに、「周囲に関心がない」状態を常に作って身を守っているのです。


そのため、気付きの力を持てません。

④気付いたからといって褒められる事がなかった

他者に配慮しても褒められた経験がないと、「気付き」自体を諦めてしまいます。

弥津
弥津

周囲が認めてくれないと、「二度とするか!」となりますもんね。

優しさが評価されないと、その脱力感から「もう二度と優しくしない」と思ってしまう人も。

自分だけ損している気分になると、他者への嫌悪感に繋がる可能性もあり。


周囲への諦めがもとで、気付きの能力獲得を放棄しているパターンです。

気付く人が持っている良い特徴

敏感に気付いて後ろを振り返る猫

それでは、気付かない人の特徴をふまえて、「気付く人の特徴」は何かも見ていきましょう。

「気付かない人が持っている傾向」と反対の傾向を持っている人が、それに当たると思います。

  • 自信過剰ではない
  • 責任感がある
  • 自己防衛本能が適度
  • 他者に配慮することの良さを知っている

以上のスキルと持っている人は、気付きの能力を獲得している可能性があります。

弥津
弥津

「気付かない人が持っている傾向」が自分にないかを振り返ってみましょう。

また、周囲の人たちの感情を察知する能力をつけるために、他者への関心を持つようにしましょう。

弥津
弥津

目の前にいる人の感情をコピーしてみると、「共感スキル」が上がりますよ。

感情のコピーについては『コミュニケーション上手になるには?信頼関係を築くのに役立つコツ』でも説明していますので、こちらもどうぞ。(※別ウィンドウで開きます)

たとえば、相手が怒っているようなら一緒に怒ってみる、または笑っているようなら一緒に笑ってみるとか。

気付く人は、この他者の感情を掴み、共感する能力があります。

だからこそ、その場の空気や他者の変化に「気付く」のです。

気付く人になる為に必要な事

本の内容から重要な事に気づかさせられる!

他者への共感スキルを身につけるには、それ相応の「経験」が必要。

過去のつらい経験は、「他者共感」に役立ちます。

相手に強い印象を与える共感は、嫌なことや苦しいことを理解してくれた時。


自分のつらい経験を例に出して話せば、相手は心を開いてくるでしょう。

それによって、相手の本音を知ることもできる。

弥津
弥津

他者の本音は、「気付き」の経験材料となります。

つらい経験が自分を育てると思い、逃げずに挑戦する意識を持ちましょう。

つらい経験の積み重ねの先に、気付く人への進化があります。

>>>仕事やプライベートで逃げ癖が出る原因と「逃げ癖」克服法3選

【まとめ】

切り株の上に置かれた鍵

今回は「気付く人と気付かない人の違いは何か?気付く人になる為に必要な事」と題して説明しました。

【この記事のまとめ】

自分の嫌なことから逃げるのではなく、失敗すると分かってチャレンジする勇気を!

つらい経験の積み重ねが『気付く力』を育む。

それに気付く人になる為には、「自分への意識」と「他者への配慮」のバランスが大切ですよね。

私と共に意識していきましょう。


以上、弥津でした。