お尻と脚が楽!「フィットハニカムジェルクッション」のレビュー

フィットハニカムジェルクッションのレビュー

椅子に座っているとお尻が痛い!熱い!

どんな対策が効果的!?

こんにちは、社会福祉士ブロガー・弥津@yazusui)です。

このように、長時間椅子に座っていてお尻や脚の痛みや熱さにお悩みの方、多いのではないでしょうか?


でも、大丈夫です!!

クッション性もイイのですが、私的に嬉しかったのは、ふとももの負担軽減!

そして、お尻の熱さも
解消されて、とにかく無かった当時より格段に快適になりました!!

弥津
弥津

椅子との相性が合わず、デスクワークに集中できなかった私が、かの有名な「ジェルクッション」を試してみました!

今回は「ジェルクッションってホントにイイの?」という疑問にお答えします。

ジェルクッションはお尻の負担軽減が強く主張されていますが、それ以上にステキなのが『通気性』です!!

全身の新陳代謝の良い私としては、この通気性が何よりもありがたい限り。


私と同じ悩みを持つ方には、絶対的におすすめな商品でした。

デスクワーク時の「ケツが熱くなる問題」に悩み続けた私

燃える炎
弥津
弥津

結論、お尻と脚は楽になるわ、お尻の熱さは軽減されるわで、購入して正解でした!!

職場や自宅で使用しているクッション性の高いデスクチェア。

クッション性はそこそこあるけど、通気性が悪くてムレムレってことありませんか?

しかも、表面素材がザラザラで、お尻と脚が痛くなるんですよね。

おじさんの域に到達した私自身、姿勢が徐々に歪んできているのか・・・椅子に座っていることもつらくなってきました。

そして、おじさんになると気になるのは・・・『汗の臭い』!!

新陳代謝の良い私は、とにかく汗っかき。

ここ数年、デスクチェアに長く座るとお尻が発汗して、椅子自体から臭いを発しているのではないかと不安になることが・・・。

以前は、竹製のチェアマットを使用した頃もあったのですが、職場の同僚から「おっさんみたい」と揶揄されて、使用をやめたことがありました。

その後は、職場のデスクチェアに毎日リセッシュをふりかけてニオイ対策・・・それなりに経費のかかる夏場でした。

臭いもそうですが、とにかく『お尻と脚の負担』をどうにかしなければ!!

そう思った私は、興味はあったけど手を付けなかったジェルクッションを試すことにしたのでした。

今年は意を決してジェルクッションを購入!!

「いい加減、対策しないと周りが不快だろう」と思い、そして自らのケツ対策を施すべく、近場のスーパーでジェルクッションを購入してみましたよ!

ハニカムジェルクッションの箱

私がジェルクッションを購入したのはこちら。

『トライアル』です。

トライアルで税込み899円でした。

某・夢○ループでは似たものが2000円弱で売られてましたから、激安ですわ。


丸形であれざ600円程度で売ってるディスカウントストアがあるようですが、四角形のジェルクッションが絶対おすすめ。

あとで説明しますが、ふともも部分を支えるのってスゴイ大切!

ネットでも購入できますが、送料含めるとこちらの方が少しお値段が高いですね。

ハニカムジェルクッションの箱裏

ちなみに、『ハニカム』って何でしょ?

「ハニカム構造」とは英語で「Honeycomb(ハチの巣)」という意味で、六角形に隙間なく並べた構造のこと。

しかも、二重となれば効果ありそうじゃないですか。

こんな悩みを持っている方にジェルクッションは最適!

悩む男性

私が使用してみた感じ、以下のようなお悩みがある方に効果ありかと。

  1. お尻と脚が痛い
  2. お尻が熱い
  3. チェアに発汗してつらい
  4. 脚がキツイ

①お尻と脚が痛い

デスクチェアの座面が布生地だと、長く座るとお尻やふともも部分が結構痛くなりませんか?

お尻と脚が痛くなると、仕事に集中できませんよね。

私の場合、擦れるような感じがしてヒリヒリ痛いのを我慢しながら、デスクワークしていましたから。


座布団とかではなく、クッション性の高い柔らか素材でないと改善できそうにないです。

②お尻が熱い

私が夏場のデスクワークで苦しめられるのが、椅子の熱さ。

布生地のチェアって、長く座るとケツが熱くなるんですよ!

私の新陳代謝が良すぎるのか、夏場のケツホットにパフォーマンスが奪られまくりですから。

前述の通り、竹を使用してもダメでしたので、通気性とひんやりの両方を兼ねたクッションが欲しいところです。

③チェアに発汗してつらい

座面が熱くなると、どうしても起こるのが『発汗』。

知らず知らずのうちに、ケツからふとももにかけて汗をかき、それを放置するとチェアが妙に汗臭くなって・・・。

消臭スプレーでごまかしていたのですが、根本的な解決にならないですよね。

これ以上、布に汗を染み込ませないようにするため、ケツからふとももにかけての発汗を防ぐ必要があります。

④脚がキツイ

デスクチェアの座面は厚い素材なので足腰にかかる負荷は一見ないように思えます。

しかし、長く座っていると意外につらくなるのが『ふともも』。

股関節部分に支えがなく、何気に筋肉疲労しているのかもしれません。

クッションでふともも部分も支えられるとだいぶ楽になるのではないかと思われます。

『フィットハニカムジェルクッション』の商品レビュー

カバーに入ったジェルクッション

では、『フィットハニカムジェルクッション』の商品レビューを紹介していきます。

  1. 適度に柔らかい
  2. 脚まで支えるちょうど良い大きさとクッション性
  3. ファスナーに難あり
  4. 滑り止めはあまり効かない
  5. 通気性が良いのでケツ汗をかきにくい

以下に順を追ってお話ししていきますね。

椅子に設置したハニカムジェルクッション

①適度に柔らかい

箱から出すと、黒いメッシュカバーにすでにおさまっている形でした。

箱を開けたら、すぐに使用できます。


ファスナー式なので、中身は簡単に取り出せます。

ジェルクッションの中身を出す

『ジェル』って名前に、ブヨンブヨンのドロンドロンを想像していた私でしたが、思ったよりは硬くてしっかりした素材でした。

でも、素手で触ると心地よい柔らかさ。

指で押せるくらいの柔らかさですが、反発力もあるので、すぐに形状が元に戻ります。

それに、ハニカム部分は空洞になっているので、風通しは良さそうです。

ジェルクッション触ると柔らかい

しかし、テレビでやっているみたいに「生卵をお尻で押しても潰れない」という程、厚みがないように感じました。

実際に生卵で試してみたかったのですが、私がすると潰れそうだったのでやめました。

②脚まで支えるちょうど良い大きさとクッション性

大きさは40×40ほどです。


座ると、ハニカム構造になっている部分が各所横に倒れて支えてくれる感触がします。

テレビショッピングで言ってるような「分散して支える」みたいな感覚はないですね。

ただ、クッション性能は「いい感じ」なのは間違いないです。

お尻が「痛い」とか、「疲れる」とかいう事はなくなりました。

厚みが思ったほどないので、座ると「お尻がチェアの座面に到達している」感じがします。

「ハニカム構造が効いてるぜ」って実感がないのが少し残念でした。

適度な大きさのジェルクッション

しかし、『ハニカムジェルクッション』を使用して快適だと思ったのは、臀部のみにあらず。

適度な大きさなので、股関節・ふともも部分が支えられ、腰への負担が軽減。

たしかに、以前に比べて格段に「長く座ってもつらくない」です。

弥津
弥津

これで1000円弱(スーパー・トライアルでの価格)なら、文句言えんですわ。

③ファスナーに難あり

しかし、多少雑な面が見つかりました。

カバーのファスナーが残念な感じ。

端の作りが甘いので簡単に外れそうです。

しかも、購入時すでにファスナーが裂けており、噛み合わせが上手くいきませんでした。

ファスナーの破損

こういった細かいところはチープさが出ております。

ただ、カバー自体は伸縮性があるし、強度もあるので洗って何度も使用できそう。

何度もいいますが、これが899円で買えたのであれば、文句は言えないのかもしれませんね。

④滑り止めはあまり効かない

カバーの裏面は滑り止め加工が施されています。

黒い粒々がそれです。

ザラザラの座面であれば滑り止め効果ありですが、木製や樹脂になると多少滑りますね。

まぁ、「意味がない」までは言わないですが。

ジェルクッションの滑り止め

そう考えると、使用するチェアは座面が柔らかい布製の物が、滑りにくい合っているかもしれないですね。

⑤通気性が良いのでケツ汗をかきにくい

私としては、今回のジェルクッションで一番の期待する要素は『通気性』。

冷え冷えではないのですが、私を長年苦しませてきたお尻の熱さ解消されました。

長く座れば多少熱気は溜まるのですが、ケツ汗をかくほどではない。

今まで汗の臭いが気になっていた私ですが、ジェルクッションを使用してから悩まなくなりました。

蜂の巣構造のジェルクッション

この空洞は座れば潰れますが、それでも多少は出来るであろう隙間があるかないかでは大きな違いではと思います。

ジェル素材は熱をこもらせないのも大切な要素ですね。

通気性抜群のジェルクッション

メッシュカバーは結構穴が大きいです。

うっすらとジェルクッション本体が透けて見えますから。

長く座っても毛玉は出来ないし、簡単に破れたりしないしで、値段にしてはホントにモノが良いです。

カバーの通気性も十分でないと意味ないですからね。

その点では、カバーと本体ともにそれなりに良く作られています。

弥津
弥津

ようやくお尻アツアツ問題から解消されましたわ。

【まとめ】

まとめ

今回は、『お尻と脚が楽!「フィットハニカムジェルクッション」のレビュー』と題してお話ししました。

記事の要約
  • 『フィットハニカムジェルクッション』の商品レビュー
    • 適度に柔らかい
    • 脚まで支えるちょうど良い大きさとクッション性
    • ファスナーに難あり
    • 滑り止めはあまり効かない
    • 通気性が良いのでケツ汗をかきにくい

良い点もあれば、思ったほどではない点もある。

これはどんな製品でもそうでしょうけどね。


ただ、最後に一つ、私が思うところは

椅子の座面が木製や樹脂製のような硬い素材だと、効果の実感は少ないのではないかと。

高性能なジェルクッションを求めれば、お値段がこれでは収まりませんよね。

でも、手頃なところで対策したいのであれば、『ハニカムジェルクッション』で十分でしょう。


お近くのスーパーに行けば、1000~2000円くらいであるのではと。

今回の899円はお買い得でしたわ。


みなさんも、つらいデスクワークを少しでも楽に出来るよう、ジェルクッションを活用してみてください。

それでは。

以上、弥津でした。