運気の変わり目で起こる出来事10選&好転を活かす行動4選

こんにちは、社会福祉士ブロガー・弥津@yazusui)です。

運気の変わり目ってあるの?

運気好転を活かすためにはどうすればいいの?

このように、運気を好転を逃したくないけど、どう見極め、行動すればいいのか分からないという方、いるのではないでしょうか?

でも、大丈夫です!!

この記事で分かること

  • 変わり目に気付いた後の行動次第で幸運を掴める!
  • 不調後に運気が好転する4つの理由
  • 運気の変わり目で起こる出来事例10選
  • 幸運の前触れを感じた後におすすめな好転を逃さない行動4選
弥津
弥津

何事も上手くいかないことばかりで自暴自棄に陥りまくりの私が、自らを変える為に試行錯誤した経験をもとに、今回はこの疑問にお答えします。

運気の変わり目と好転を活かす行動

というわけで、今回は『運気の変わり目で起こる出来事10選&好転を活かす行動4選』について説明していきます。

運気好転のサインや例を意識できれば、成功するために必要な『やる気』をゲットできます!!

成功を掴むも逃すも、自分のやる気をいかに高いレベルに持っていけるか。

その秘訣を知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

変わり目に気付いた後の行動次第で幸運を掴める!

5体の招き猫

運気好転の変わり目は誰しも訪れます!

弥津
弥津

結論!

幸運を掴みたいなら、「変わり目」を察知して、適切な行動をとることが必要です!

生きていれば誰しも出会う『運命の分岐点』。

そういった運気の変わり目に出会った時、みなさんはどう反応していますか?

弥津
弥津

何か良いことあるかも!?・・・と思ったら、そのまま良い出来事が起きるのを黙って待っていた私。

でも、これでは何も起こらないことをようやく知りました・・・。

「運気が好転したかも?!」と思ったところで、黙って待っても何も起こらない・・・。

重要なことは、運気の変わり目を感じたら、幸運を掴む為の行動を起こすこと。

弥津
弥津

魚釣りで例えると分かりやすいかもしれません。

魚のアタリを感じたら、アワセという行動を取りますよね。

ようするに、幸運の『アタリ』を感じた時に、いかに『アワセ』るのかが大切なのです。

裏返せば、運気の好転時に適切な行動をとれれば、幸運掴み放題ということ!!


そう考えると、『変わり目』を絶対見逃したくありませんよね!

不調後に運気が好転する4つの理由

幸運のクローバー

まずは、運気が好転する理由を考えてみましょう。

私としては、以下の4つの理由があるからだと考えます。

  1. ピンチはチャンスになるから
  2. 失う事で新たな物を吸収する余裕が出来るから
  3. 底まで来たら上がるしかないから
  4. 上昇する為の充分な経験を得られたから

それでは、順を追ってお話ししていきますね。

①ピンチはチャンスになるから

「人生はいいことばかりじゃない」ですよね。

ぎゃくを言えば、「人生には悪い時もある」ということ。

人生は上がったり、下がったり。

好調と不調を繰り返すように出来ていると考えましょう。

良い事は長く続かないのと同じで、本来悪い事も長くは続かないもの。

自分にとって最悪を味わったら、それは「大きなジャンプをするために、一度助走をとる目的で下がったからだ」と思うように!


ようするに、ピンチは大きなジャンプをするための助走と考えるのです。

そう考えれば、ピンチは運気が好転するサインと解釈できますよね。

②失う事で新たな物を吸収する余裕が出来るから

人の頭脳のメモリーには容量がありますよね。

スピリチュアル的な考え方になるかもしれませんが、運気にも容量があると思います。


容量オーバーだと新たな運を収容できないわけですね。

新たな運気を取り入れるために、何かを捨てる必要があります。

大切な物や重要な人間関係など・・・失って傷ついた時、新しい幸運を取り込む準備が出来たと考えましょう。

何かを失って心が折れそうになった時、自分の運気のメモリー容量に空きが出来たと思うこと。

そして、その空き容量に良い運気をメモリーできるとイメージしましょう。


こちらも運気好転のサインと言えますね。

③底まで来たら上がるしかないから

「どん底まで落ちたら上がるしかない」とよく言いますよね。

どん底を味わうと、開き直って怖い物なしになるのもあるからでしょうか。

自らの大失敗や他者に失望させられた時、大きく落ち込むものの、その後なぜか吹っ切れてやる気が出てくるってことありませんか?

この『吹っ切れた感』が、運気を好転させます。

落ち込む時はとことん落ち込んでいいと私は思いますが、そのあとにやる気がみなぎってくるタイミングを逃さないように。

底まで落ちたら、あとはバウンドして跳ね上がるしかない!


ようするに、底まで落ちたら運気好転のチャンスというわけです。

④上昇する為の充分な経験を得られたから

「失敗は成功のもと」という言葉があるように、人は失敗の積み重ねで大きな成功を掴める実力がつきます。

失敗続きで何をしても上手くいかない時は、自暴自棄にならずに、「多くの経験を獲得できた」と考えるようにしましょう。

数々の失敗経験は、上昇するために必要なスキル!

スキルを得たのであれば、あとは上がるだけ。


「最近上手くいかないな」と感じたら、悩む前にパワー充填中だと考えるのもいいですね。

このようなことから、上手くいかないことが続く状況は、運気が好転するサインと言えます。

運気の変わり目で起こる出来事例10選

 開運招福の看板

前章の考え方を持つだけでも、不調に陥った時の対処法には十分かもしれません。

しかし、ここからは前章の内容をふまえて、さらに具体的に運気の変わり目で起こる出来事例について見ていきます。


今回、私が挙げるのは以下の10例。

  1. その後の教訓になりうる大失態を犯す
  2. 大切にしていた物が壊れる
  3. 今まで経験したことのない病気・事故に遭う
  4. 相性の悪い人が急に去る
  5. 身近な人に幸運が訪れる
  6. 引っ越しする必要が出てくる
  7. 急に人恋しくなる
  8. 睡眠不足に陥る
  9. 夢をやたらと見る
  10. 過去を振り返る機会が増える

それでは、1つづつお話ししていきますね。

①その後の教訓になりうる大失態を犯す

誰しも失敗は犯すもの。

しかし、大失態となると話しは別かもしれません。

自分が想像もしていなかった大失態を犯してしまったら、それは運気の大低迷を示しているのかも。

バウンドして上昇するために、大失態を自分の教訓にすることを忘れずに。

大失態には、自分が気付くべき改善点が示されている場合が多い。

そして、改善点を直せば、上昇するということ。


それゆえに、運気の変わり目となりやすいのです。

②大切にしていた物が壊れる

前述の通り、何かを失うことは運気好転のサイン。

大切にしていた物が普段通りに扱っていたのに、壊れてしまうって時ありますよね。

大切な物が壊れるのは、良くないことの前兆のように考えがちですが、考え方によっては良い運気が入るメモリーが空いたとも言えます。

実際に、壊れたらショックではありますが、その後に再ゲットするために一生懸命になりませんか?

『やる気』は、幸運を掴む要素となります。


運気の変わり目になりやすい出来事と言えるでしょう。

③今まで経験したことのない病気・事故に遭う

病気や事故は誰でもイヤなものですよね。

できれば、一生遭わずにいたいと思うのが当然かもしれません。


しかし、今まで経験したことのない病気・事故に遭うことは、他者の知らない経験をしたという意味では、大きな契機と言えます。

生きることの尊さを知る経験や、生きることへの意欲を獲得できる。

病気や事故は、人生の転機となります。

病気や事故に遭う前と遭ったあとでは、考え方そのものが変わる人が多いかと思います。

その『変化』が、運気の変わる目そのものです。

④相性の悪い人が急に去る

自分の運気が変わったと目に見えて分かる出来事は、相性の悪い人があなたの前から去ることでしょう。

悩みの種がなくなり、解放された感覚になりますよね。

閉塞的だった心が解き放たれ、活動的な自分を取り戻せます。

その活動的なあなたこそが、新たなものを生み出すのです。

相性の悪い人と一緒にいることで不調に陥っていた状態から、生まれ変わったあなたになれたのであれば、それは運気の好転(変わり目)としか言えないですよね。

幸運の虹

⑤身近な人に幸運が訪れる

運気の変わり目は、自分に何らしかの変化が起こる以外にもサインが表れます。

家族や親友、恋人などの身近な人の幸運は、あなたにも伝播します。

身近な人に幸運が訪れたら、嫉妬心は燃やさないように。

自分にとっても運気好転の兆候だと考え、ともに喜びましょう。

「自分が厄年であっても、配偶者が運気良好であれば、厄を消せる」と、以前厄除け寺の住職さんから説明されましたし。

身近な人の幸運を一緒に祝えば、運気好転のおすそ分けをもらえるというわけですね。

⑥引っ越しする必要が出てくる

よどんだ運気を改善するには、住まいを変えるのが良いと聞きます。

引っ越しはネガティブなイメージがあるかもしれませんが、新たな運気に変えるという意味では、とても前向きな行動。

引っ越しする必要が出てきたら、それは不調だった運気を総入れ替えできるチャンスと捉えましょう。

金銭的に大きな負担になるでしょうが、住環境は人が豊かに生きられるかを左右する重要な要素ですから、住みやすい場への移動は幸運の前ぶれとも言えますね。

追い出されたり、住みづらくなったりで、ネガティブパターンの引っ越しでも、「悪しき環境からの脱出」だと思って。


それゆえに、運気の変わり目だと考えられますね。

AWANAI賃貸

Lifull 引越し

⑦急に人と交流したくなる

無性に人恋しくなるときってありませんか?

これは、あなたの心に大きな空白が出来てしまっている表れ。

他者との交流を求めているということは、新たな知識や情報を得る機会が増えるということ。

また、成功を掴んでいる人との交流で、運気好転のコツを獲得するチャンスも!

運命を変える出会いというのは、行動を起こさなければ得られないもの。

人との交流を無性にしたくなったら、自らで運気を変えたい意欲が出たということ。


のちのち、運気の変わり目だったと言えるようになるでしょう。


また、人恋しいとは意味合いが違うので、ストーカーや束縛は絶対NGですよ。

行動には注意しましょうね。

⑧強い眠気に襲われる

日中やたらと眠くなるのは、季節や陽気、もしかして病気のせいもあるでしょうが、特段そのような状況が考えられない場合は、大きな飛躍をする前のエネルギー充填なのかもしれません。

強い眠気に襲われて、どうにもならない時は、逆らわずに休むのも方法。

心身が休みたいと訴えているのであれば、休ませる。

「大きなジャンプをする前だから、パワーを溜めたいんだ」と思うようにしましょう。

実際に、ぼんやりとしている時や、傾眠状態の時って、ふと大切なことに気付いたりしますよね。


深く考え込んだからといって、良いアイデアが浮かぶわけではない。

無心になった方が、起死回生の一手が思いつくものです。


眠気が治まらないと感じたら、『ただいま充電中』だと考え、運気の変わり目にさしかかったと思うようにしましょう。

⑨夢をやたらと見る

「めったに見ない夢を、やたらとみる」という時、運気転換の暗示かもしれません。

夢は、自らの潜在意識を投影しています。

夢をみるということは、今の自分の思いを形として知るということ。

自分の心を整理する機会になります。

自分の心の状態や思いが分かれば、自分が何をすべきかに気付くように。

夢をやたらとみるようになったら、自分が潜在意識の中で現状を打破したいと強く願っているのかも。


「自分を変えたい!」ともう一人の自分が言っているのです。

これは、運気を変えるきっかけになり得ますね。

⑩過去を振り返る機会が増える

今まで突っ走ってきたけど、急に過去を振り返る機会が増えたという方は、運気が変わろうとしているからかも。

振り返ろうとするのは、今目の前にある壁を突破する方法を知りたいから。

過去の経験から、一皮むけた自分に変化するための方法を探しているのです。

それは、壁にぶつかっていることを表しているとも言えますが、過去を振り返える冷静さがあるのであれば、突破したい意欲にあふれているとも考えられます。

壁をやぶり、進化した自分になる前兆と言えますね。

幸運の前触れを感じた後におすすめな好転を逃さない行動4選

幸運を呼ぶ鶴の折り紙

それなら、「運気の変わり目に気付いたら、どう行動したらいいの?」という話しですよね。

運気好転の気配を感じたら、以下のような行動をおこして心を整えてみましょう。

  1. 一人の時間を作る
  2. 自己啓発関連の情報に触れる
  3. 積極的に他者と交流する
  4. 環境を変える

心が整えば、運気好転を自分のものにするための、基盤が出来上がりますよ。

①一人の時間を作る

運気の変わり目を感じたら、すぐに行動をおこして、いち早く幸せな状態にしたいかと思います。

しかし、焦りは禁物。

まずは、一人の時間を作って、『自分自身に集中する』ことから。

周囲の雑音を取り除き、リラックスできるように努めましょう。

家族や友人と無理に接触せずに、一人でぼんやりする時間を作るといいでしょう。

ぼんたりタイムは、頭のメモリーが整理できます。


いざという時に備えて、パワーを蓄えられますよ。

②自己啓発関連の情報に触れる

運気の変わり目に出会ったら勢いをつける為に、自己啓発関連の情報に触れると効果アップが期待できます。

自分が前向きになる自己啓発本を読んではどうでしょうか。

好転を感じたら、前向きメンタルとキープしましょう!

そのために、成功するための習慣法を取り上げた自己啓発本がおすすめです。

「この習慣を身に付ければ、きっと上手くいく!」と自己暗示できるようになります。

この前向き自己暗示で、運気の好転を上手にいかせる土壌が出来上がるでしょう。

習慣が10割 [ 吉井雅之 ]
楽天ブックス
¥ 1,540(2021/02/22 22:59時点)

③積極的に他者と交流する

前述の運気の変わり目で起こる出来事例10選でも他者との交流について触れた項目がありましたね。

それ以外のサインを感じた時でも、他者との交流に積極的になることで、運気上昇を確かなものにできますよ。

他者から得るパワーと知識で、運気好転を上手に活かせるでしょう。

出来るだけパワーを持ってそうな、憧れる存在と交流するように。

幸運を掴みたいなら、掴んだ先輩からその秘訣を盗む。

そして、前向きパワーを吸収すれば、行動に迷いがなくなるでしょう。

④環境を変える

環境を変えることは運気好転を活かすには有効です。

前章でお話した引っ越しをしなさいという意味ではなく、書斎の上を整理したり、職場のデスクの片付け、日頃使っている文具を買い換える、部屋の模様替えなどなど・・・空間のマンネリ解消をするだけでOK。

ちょっとした環境の変化でも、良い刺激となります。

心がリフレッシュされ、新たな気持ちで何事にも取り組めるようになるでしょう。

気分が新たになれば、アイデアが浮かびやすくなり、挫折もしづらい。

それこそ、自らを幸運に導く環境が整いますね。

【まとめ】

元気の出るひまわりの画像

いかがでしたか?

今回は、『運気の変わり目で起こる出来事10選&好転を活かす行動4選』を紹介しました。

記事の要約
  • 幸運の前触れを感じた後におすすめな好転を逃さない行動4選
    • ①一人の時間を作る
    • ②自己啓発関連の情報に触れる
    • ③積極的に他者と交流する
    • ④環境を変える

運気の変わり目は誰にでも訪れます!

問題はそれに気付き、しっかりとパワーを突き込むことが出来ているのか。

ここぞという時に、勢いを持って前向きになれるのかによって、幸運を掴めるのかが決まると考えます。

この記事で説明した内容を意識すれば、良くない事が起こっても必要以上に落ち込むこともなくなる。

心の持ち方次第で、幸運を掴みまくりに!


運気の変わり目を感じ取って、やる気スイッチをしっかりと入れられるようにしましょうね!


それでは。
以上、弥津でした。

AWANAI賃貸

Lifull 引越し