人の病気の苦しみが分からない人は一生優しくなれない理由

こんにちは、弥津@yazusui)です。

優しい人はいつになっても優しい。

そして、優しくなれない人はいつまでたっても優しくない。

優しさのある無しは、ある意味で『センス』ですよね。

私は仕事をしていて、優しくなれない人には『ある理由』があると感じたことがあります。

今回は『優しくない人が持つ傾向(理由)』について考えていきます。

この記事では

  • 大人になって他者の苦しみが分からない人は、簡単には優しさが身につかない
  • とくに『病気』という誰もが体験する苦しみに寄り添えない人は一生優しくなれない可能性あり!

このような内容が分かります。

弥津
弥津

あなたのそばにいる人が「本当の優しさ」を持ち合わせた人かどうかの判断に役立つかと思います。

幼い時に人の苦しみにふれあう機会があったかによって身につく「優しさ」

では、優しくないままの人にはどのような傾向があるのか。

それは、私が思うに『病気に対して真面目に向き合えない』ということです。

人間として生きている限り、病気との縁は切れないですよね。

その一方で、病気に罹った当事者にならないと、その苦しみを知ることが難しいものとも言えます。


特に、若い頃には罹患する可能性の低い『認知症』に関しては、まさに「他人事」。


そのほかにも、『がん』、『心臓病』、『脳卒中』といった三大疾患においても20代、30代あたりの世代にはピンとこない人が多いでしょう。

それに、『難病』においても遠い世界の話のように感じている人がいるのでは?

だからこそ、若い時から病気にかかっている人の苦悩をイメージできる人はレアと言えます。

その苦しさが分かる人は、幼い時に身内の誰かが病気に苦しんだか、自らが苦しんだか。

その貴重な経験をもとに、自然と『苦しみを理解する心』を得たのでしょう。

病気の苦しみが分かる人はなぜ「優しい」のか

ここからは、私の仕事の経験をもとに病気と優しさについてお話していきます。

優しくする方法が分からないまま大人になった人たち

私が働く高齢者福祉業界。

優しい対応ができる人が適任の仕事と言われていますが、実際は人の苦しみを理解できる人ばかりではありません。

認知症にかかった高齢者の記憶力のなさや判断力のなさを非難するケアマネ、介護士は今も昔も存在します。

認知症という病気が、本人がいくら努力しても記憶できない病気、そして判断力を奪われる病気と説明しても、そういった職員の態度は悪いままです。

私の経験から言って、このような人たちはどんなに優しさの重要性を説いても、優しくなることはない・・・。

優しい風な口調に変わることはできても、必ず病気に苦しむ高齢者を責める言動が出てしまいます。


そういった方々は『人に優しくするやり方』が分からないまま大人になってしまったのではないでしょうか。

イメージ力のある無しで決まる「優しさの有無」

先程お話したように、病気は人間が体験する『苦しみ』の中で一番身近なものと言えます。

それに病気は多様ですし、罹ってみないと心底その苦しさが分からないものでもあります。


でも、病気という大きな括りで考えれば、万人が当事者となりうる数少ない『苦しみ』です。

その全員が体験するであろう『苦しみ』をイメージできない人は、その他の苦しみに寄り添えるとは考えづらい私。


それがゆえに

優しさにあふれた人は、自分に置き換えて『イメージする力』があるのです。

病気の実体験はなくとも、過去の自分の苦しい経験から似たものを引き出す能力が長けているのです。

それは、幼い時から優しい祖父母との関わりがあったなど家族との友好な関係の中で培ったものでしょうか。


その反面、優しさに欠けている人は、苦しさをイメージする経験という引き出しがないのです。

このイメージ力の弱さこそ、優しさを得る障害なのです。

病気の苦しみが分からない人が一生優しくなれない理由

それでは、優しくない人がなかなか優しくなれない理由を見ていきましょう。

イメージ力がないがゆえの他人の苦しみからの逃げ癖

弥津
弥津

人の苦悩をイメージする力は、幼少期からどれだけ「他者の喜怒哀楽を感じて生活してきたのか」によって身に付くか否かが決まると思います。

親や友人のような身近な人から得た、多くの感情のメモリーがあるかによるのはないでしょうか。


幼少期から過保護だったり、適切な助言や指導を受けずに育ってしまった場合、その場に適した感情を出すことが苦手になる傾向があります。

ようするに、他者の感情を推測する「材料」を得る事ができずに成長してしまうのです。

このような人は他人の病気の話といった苦しい話題になると、その場から「逃げ出したい」と強く思います。

他者の苦しい境遇を目の前にすると、「私には関係ない」と思い、自らに襲いかかるストレスを回避しようとするのです。

自分の好みの空気にする悪しき習慣がある

どのような状況であっても、自分好みの空気にする習慣がついてしまうと人の苦しみに対して拒否的になります。

辛い話や重苦しい空気がとにかく嫌で、ふざけることでその場の空気を自分好みの軽いものにしようとするのです。

そして、茶化すことで自分の苦手な空気になることを防ごうとする傾向が慢性化。

よって、人が病気で苦しんでいるといった話や、病気の恐ろしさについて説明を受けても、優しい対応ができないのです。


感情が合わせることができないとなると、ふざけてその場をごまかそうとし、周囲のひんしゅくをかってしまうでしょう。

【まとめ】病気の苦しみが分からない人が優しくなれない理由

『アドラー心理学』で有名なアルフレッド・アドラー氏は「人は自分の性格を変えようとはしないものだ」と言います。

人間には、自分にとって都合のいい情報だけを取り入れる本能があります。

ときに、事実が想像とは違っても都合のいいように解釈をねじ曲げます。


そして、常に「私の考え方は正しかったのだ」と、自分自身を納得させようとするのです。


前章のお話のように、自分にとって快適な空気や考え方を採用することで、自分自身の苦しみから逃れようとします。

マイペースでやっていきたいのに、他者の苦しみに合わせるなんて、それこそ「苦痛」なのです。

やがて、他者の苦しい状況にそっぽを向く、一生払いのけられない習慣がついてしまいます。

このような不合理な選択を心理学では『認知バイアス』と呼びます。

病気という万人で共有すべき苦しみに目をそむける人は、若い時から認知バイアスに支配されているのではないでしょうか。

自分を守るために発動される『認知バイアス』は、無意識発動であるため、セルフコントロールが難しいと言われています。


かりに、優しくない自分に嫌気がさして「優しくなるぞ」と決心したとしても、優しさを身につけるのはイバラの道です。

優しさを得るには『人の苦しみを知る経験』が必要。

そして、その経験を自分の糧にするという『素直さ』も必要。

他者の真似をして優しい対応をしたとしても不自然さは隠せません。

新たにスポーツを初めても、ちょっとやったくらいでプロのレベルには到達しないのと同じです。

ようするに、子供の時から病気に苦しむ祖父母に寄り添う姿を親がみせないと、そう簡単には優しさなんて得る事ができないのです。

若くして優しさを習得できている人は、子供の時から人の苦しみに対しての感受性が養われてきたのではないかと思います。

優しさは「素質」的な要素あり。

でも、素質がないと自分で決めつけて諦めないように。

優しさを身につける訓練として有効な方法は。

それは、『優しさの良い手本をみつけて、言動をコピーするように心がけること』。

私と共に、他者に癒しを与えられる優しさを習得できるように心がけていきましょうね。


それでは。
以上、今日も勝手な理論をまとまりなく話す弥津でした。