邪魔するつもりはないのに何故か人の邪魔をしてしまう人の理由

邪魔してしまう人の理由

本人は普通に行動しているつもり・・・それなのになぜか、行動がかち合ってしまい、他者から見れば『邪魔』だと言われてしまう悲しい人っていますよね?

では、どうして行動が一緒になってしまうのでしょうか?

こんにちは、社会福祉士ブロガー・弥津@yazusui)です。

このように、無意識のうちに人の行動につられてしまう人は・・・意図的ではないにしても、周りを戸惑わせてしないます。


邪魔してしまう人の理由と、そうならないポイントを知りたいですよね!!

周りが動くまで『待つ』はやめましょう!

すべきことは自分のタイミングで行うように意識を!

弥津
弥津

周囲の人に良くない印象を持たれたくないという方に向けて、仕事で多くの人の傾向を見てきた私がその経験からお答えします。

周囲から「うっとうしい」と思われると悲しいですよね。

どうしてそのような「つられる」行動をとってしまうのかを考えていきましょう。

弥津
弥津

この記事で、他者の行動に影響を受けず、自分のタイミングで行動する意識が身に付きます。

何故か他者と同じタイミングで行動を起こす人たち

私の勤務先には、私が何かしようとすると行動が一緒になる同僚がいました。

例えば、私がトイレに行こうとすると

同僚
同僚

そうだ、俺もトイレにいこう!!

我先にとトイレに駆け込む・・・そして、私は待つ羽目に。

弥津
弥津

コラ!!

私が昼ご飯を食べようと準備していると、仕事の手を急に止めて

同僚
同僚

そうだ、私も昼ご飯食べないと!!

職場の電子レンジを私より先に使おうとする。

弥津
弥津

おい!!

また、私が退社しようとすると、急に片付けだして

同僚
同僚

そうだ!!

今日はもう帰らないと!!

と、慌てて退社準備をしだすなど。

弥津
弥津

えぇ!?

急になに?

私に張り合って、意図的に邪魔するような行動をとっているのかと、一時期思っていました。

しかし、「俺もご飯食べとかないと」とか、「俺ももう帰らないと」などといったその人の行動前の言葉から推測して

弥津
弥津

人の行動に『つられている』のかな?

ということが分かってきました。

この人は常に、『私も○○しないと!』で行動しているのでしょう。

自分で考えて行動するタイプではなく、他者の行動を参考にしているのです。

仲良く湖面を泳ぐ二羽の鴨

それがゆえに、他者と行動が一緒になってしまい、状況によっては場を「横取りしている」、「邪魔している」ようになってしまいます。

では、どうして自分のタイミングで行動ができないのでしょうか。

その理由を私なりに考えてみました。

邪魔するつもりはないのに何故か人の邪魔をしてしまう人の理由3つ

  1. 好意のサイン「ミラーリング」
  2. 自分に自信がないから
  3. 場違いな行動をしたくないから

その気はないのに他者の邪魔するような行動をしてしまう人には、この3つの理由があると思います。

そこには、『自分一人なのは不安』という心理が見えてきます。

①好意のサイン「ミラーリング」

意識している人や、強い好意を持っている人と同じ行動を取ることを『ミラーリング』と言います。

例えば、好きな人と食事を一緒にしている時、相手が水を飲んだら、自分も水を口にしたくなります。

これは、好きな人と「同じ行動をとりたい」という心理の表れです。

同じ行動を取ることで「近い存在だと認められたい」という思いも出ています。


無意識のうちに、相手に「あなたと一緒だよ」というアピールをしているんですね。

鏡に映った自分を見つめる女性

職場であなたと同じような行動を取る人がいる場合、あなたに好意を持っている可能性があります。

好意といっても、恋感情だけではなく、そこには『尊敬』や『あこがれ』を持たれているケースもあるでしょう。


あなたをグループの中心として認め、「リーダーについていきたい!」という忠誠が表現されているのかもしれません。

周りの言動に常にアンテナを張っているのです。

②自分に自信がないから

自信を持てない人は、行動が消極的。

自分で判断して、率先した行動がとりづらい。

そうなると、誰かの判断に乗っかるのが一番の安全策。

自信がなさそうに遠くを見つめる男性

他者が新たな行動を起こした時に、乗り遅れないように急いで同じ行動をしようとします。

急いで行動しようとする為、時には判断に乗っかったくせに一番先に動くなんてことも。


結果として、「君は何で私と同じことをしようとするの!?」と、不快に思われてしまいます。

他者の行動につられないように、自分の判断で行動できる「自信」をみにつける努力をしましょう。

③場違いな行動をしたくないから

場の空気を過剰に気にする人は、「場違いな行動をして批判されたくない」という思いが強くなります。

そうなると、この場合においても、他者の判断や行動に乗っかって行こうと考えます。

沈黙したまま仕事を続ける男性二人

昼休みにしたいけど、まだ誰も昼食を摂ろうとしない・・・そんな時に、自分だけ先に昼食にすると冷たい目で見られるのではないか。

そう思うと、誰かが先陣をきってくれるまで待ちますよね。


そして、上司や先輩が「昼休みにするか」と言ったとたんに、「待ってました!」とばかりに一緒に食事の準備を始める。

行動が一緒になるので、職場の給湯室やレンジを同じタイミングで使用・・・「何で一緒に昼食の準備してんだよ、邪魔だな」と思われてしまうのです。

その場の空気に影響されず、自分のペースで業務に取り組めない新人職員さんに多くみられる傾向です。

【まとめ】自分のペースを作る努力を

以上のように、自分一人の判断で行動する習慣がついていない人は、他者の行動につられやすい事が分かります。


つられてしまうと、他者と同じタイミングで同じ行動をとってしまう為、「私がしようとしている時に、何で横から割り込んで邪魔するの!?」という悪い印象を他者に与えてしまいます。

その事態を防ぐ為には、まずは「行動がダブらないようにする」ことを常に心がける意識が重要です。

自分の行動が、他の誰かと同じ行動ではないかを注意しましょう。

マイペースで余裕の笑顔を見せる女性

また、自分のペースで判断、行動する勇気を持つように。

『僕も』、『私も』で行動するのは控えましょう。

自分と同じ行動をとられるのは、他者からすれば結構イヤなものです。

突き回されているように感じるからです。


あなたの行動が他者の邪魔をしていると勘違いされないように、あえてタイミングをずらすようにしましょう。

そして、自分のペースで仕事などに取り組めるよう「マイペース作り」を意識しましょう。

【この記事の一言まとめ】

他者の影響を受けず、『自分のタイミングで行動するように意識する』ことが大切!

それでは。
以上、弥津でした。