褒められて伸びるタイプと自分で言う人は褒めても伸びない理由

褒められても伸びない理由

自分「私は褒めて伸びるタイプ」って言うのって何かヘンじゃない?

褒めて伸びるタイプと公言する人は、褒めても伸びない気がする。

こんにちは、幼い時から親から褒めてもらった経験のない、社会福祉士ブロガー・弥津@yazusui)です。

このように、「褒められて伸びるタイプ」を上手く使う人への違和感がある方、いませんか?

「褒めて伸びるタイプ」と自分で思い込んでいると、成長のきっかけをつかめないままに!

弥津
弥津

「褒められて伸びる」という言葉に逃げている人が成長できない。

そう思う理由を、私の対人経験・仕事経験を生かしてお答えします。

「褒めてほしい」とアピールするだけでは『ぬるま湯』につかっているようなもの。

この記事を読むと、厳しい指摘を受け入れる姿勢を周囲にみせた方が有意義だと思えるようになります。

「私は褒めて伸びるタイプ」と自分で思ってませんか?

考えている男性

研修会の合間、私の近くに座っていた男性が一緒に参加している女性に、こう話している声が私の耳に入ってきました。

僕は叱られると萎縮しちゃうんですよね。

どちらかというと、褒められて伸びるタイプというか・・・。

弥津
弥津

「褒められて伸びるタイプ」って、自分で言うんだぁ・・・。

と、なんとなく違和感が・・・。

ですが、自分で「私は褒められて伸びる」って自分で言う人は本当に伸びるんでしょうか?

そして、このような思いが・・・

弥津
弥津

私個人の見解としては、「私は褒められて伸びるタイプです」と公言する大人は、『叱られるのが怖いからやめてください』とお願いしていることと同じだと感じるんですよね。

「褒められて伸びるタイプ」と自分で言う人が伸びない2つの理由

パソコンを使って問題を検証する三人

「褒められて伸びるタイプ」と自ら話す人が伸びない理由について考えます。

  1. 間違った道を歩んでも修正できないから
  2. 本当に褒められて伸びるのは「自分に厳しい人」だから

私としては、この2点があると思います。

①間違った道を歩んでも修正できないから

自ら「私は褒められて伸びる人です」と公言するのには、その人なりの「目的」あり。

それは、「叱られることのないように事前に防衛線を張ること」。

弥津
弥津

先程お話したように、「私の心が傷つくのが怖いので、私の喜ぶことだけ言って下さいね」って、事前にお願いしているに他ならないと思います。

誰だって、叱られるのは好きじゃない。

だからといって、「痛みのない道」ばかり通ろうとしては成長しませんよね。

不正解や失敗といった「痛み」の中にこそ、「進化のヒント」があるのです。

自分の欠点や改善点を見つめ、それを克服した先に『成長』があります。

>>>上手く行かないのにはワケがある!分岐点サインを意識すべき理由

弥津
弥津

「悪いところ指摘されると嫌なので、うまく行ったところだけで見てて下さい」では、できないところはできないままでしょう。

成長は「他者からの教育的指導を受けたこと」がきっかけになることの方が多いと思います。

ときに、目上の人から指摘やお叱りを受けたりする事で、「新しい自分に変わらねば!」という自覚が芽生えるもの。

成長するには、今の自分が間違っていると教えてもらう必要があります。

弥津
弥津

他者の迷惑をかけていたとしても、「それでいいんだよ。君はいつも正しい」と褒められると・・・勘違いしつづける大人になってしまいます。

そこが『私を褒めてください』とアピールする人の大きな問題点なのです。

正しい方角を示してもらい、進路を修正しながら経験を積み、成長していくのです。

>>>仕事やプライベートで逃げ癖が出る原因と「逃げ癖」克服法3選

②本当に褒められて伸びるのは「自分に厳しい人」だから

ネットにかかるテニスボール

テニスで四代大会優勝を成し遂げた、大坂なおみ選手。

初制覇を成し遂げた当時、彼女のコーチである、サーシャ・バイン氏の「前向きな励まし」が注目を集めていました。


元々、ネガティブ思考になりやすく、自滅傾向のあった大坂選手。

その彼女を、まさに「褒めて伸ばした」のが当時のコーチ・サーシャ氏だと言われています。

弥津
弥津

でも、誰でもサーシャ氏から褒めてもらえれば、本当の実力が出せるようになるのかというと・・・それは少し違います。

大坂選手が、褒めて伸びたのには理由があると思います。

それは、大坂選手が自分に厳しい「完璧主義者」いう一面の持ち主だから。


自分に厳しい人は、常に今の自分に満足していません。

自分自身に「もっとできるだろ!」、「なぜ出来ない!」といったように、自分に向けて「WHY」を投げかけています。


しかし、それによって自分で自分を追い詰めてしまうこともあります。

そのまま自分を追い詰め続けるだけでは、「自己否定」の連続で最後には自滅してしまうでしょう。

完璧を求めるがあまりに「自己否定」を繰り返す心理を開放するには、褒めて「自己肯定」に導いてあげることが有効。

「自分を叱る」を続けている人には「他者から褒めてもらう」という行動によって、「自己否定」の呪縛から解き放つことができます。

一方、自分に甘く「褒めて」と周囲におねだりする人は、「今の自分のままでいたい」という守りの姿勢が強く、進化のきっかけを掴めないのが分かります。

弥津
弥津

そういった理由で、自ら「褒められたら伸びる」と言う人は、褒めても伸びないのです。

自分で「褒めてほしい」と言わずにどう『自己改革』していけばいいのか

横柄な態度の男性のイラスト

大人になると褒められる方が、指導を受けるより「楽」だと分かってきます。

そして、楽な方である「褒めてくれ」という感情の虜に。

褒められて伸びると自負している人は、自分の問題点に気付くことが恐れ、成長が止まっている人と言えるでしょう。

例えれば、整地された平坦な道を走っているランナーと同じ。

走るのは快適かもしれないが、脚力を充分に鍛えられませんし、走りのスキルも身に付きにくい。


逆に、アフリカ人ランナーのように、日頃からデコボコ道を走っている人は脚力も鍛えられるし、起伏への対応スキルも身に付きます。


それと同じで、心身ともに打ちのめされることを恐れてしまうと、挑戦する機会から自ら逃げることになって、実力もつかないまま

ときには、過酷な状況に挑戦するくらいの意識が重要だと思いませんか?

【まとめ】

首の伸ばして葉を食べるキリン

今回は「褒められて伸びるタイプ」と自分で言う人は褒めても大して伸びない理由について考えてきました。

【この記事の一言まとめ】

「褒められて伸びる」と公言する人は、成長の種を得られる機会を失っているという事。

褒めて欲しいのはみんな同じ。

ですが、お褒めの言葉は催促するものではありませんから。


頑張っているあなたの印象を悪くさせてしまうので、「私は褒められて伸びるタイプ」という自己評価は口に出さずに心に秘めておきましょうね。


それでは!
以上、弥津でした。