紙の捨て方で分かる!人の心理や性格の傾向6選

紙の捨て方で分かる人の心理や性格

紙の捨て方は人によって違う。

紙の捨て方にどのような性格・心理が表れている?

こんにちは、社会福祉士ブロガー・弥津@yazusui)です。

このように、様々な紙の捨て方が気になって仕方ない方!

紙の捨て方をみれば、その人の性格や心理がのぞき見できます!

弥津
弥津

紙の捨て方って人によって違いますよね。

きっと性格・心理が出ているかと思います。

今回は『紙の捨て方別にその人の心理性格の傾向』について説明していきます。

弥津
弥津

また、紙の捨て方でストレス具合も推測できます。

自分や他者の心の変化をつかむきっかけとしても活用してみてください。

紙の捨て方別の心理や性格の傾向6選

積み重ねられた多くの紙

紙の捨て方を6種類に分けて、その心理や性格の傾向をご説明します。

  1. こまめにシュレッダーにかける
  2. くしゃくしゃに丸めて捨てる
  3. 小さく折りたたんで捨てる
  4. そのままの状態で捨てる
  5. ゴミ箱に押し込んで潰すように捨てる
  6. ビリビリに破って捨てる

①こまめにシュレッダーにかける

シュレッダーのシルエット

紙をその都度シュレッダーにかけたくなる人は、かなり神経質な人です。

自分のプライベートを絶対他者には見せたくないという、ガードの堅い性格が表れています。

他者のプライベート情報を漏らさないようにという責任感も強く、すぐに処理しないといてもたってもいられません。

周囲の人からの信頼は厚いでしょう。

その一方で

  • 小さなことにやたらと気付いてイライラ
  • ずさんな事は一切許せない

という、自他に厳しい面が見られます。

②くしゃくしゃに丸めて捨てる

紙をくしゃくしゃに丸める男性

紙をくしゃくしゃに丸めて捨てるという行動は、ストレスが溜まっている証拠。

基本的にストレスを溜めやすい傾向があると言えます。

性格的には「繊細」。

そして、ストレス耐性が弱いとも言えます。

紙の丸める時に出る、くしゃくしゃ音で快感を得て、ストレスを解消しようとする心理があります。

また、作業が終了した証として丸める一方で、「万が一何かあった時に広げてもう一度見れるようにしたい」という心配性の一面も出ています。

弥津
弥津

他者からすれば、くしゃくしゃ音は「うるさい」と感じる人もいるでしょうから、止められるなら止めたいところですね。

さらに、大きな音をたてる行為には「周囲の注目を集めたい」というアピール意識があります。

隠し事が苦手で、誰とでも気さくに接することができるオープンな性格でもあります。

③小さく折りたたんで捨てる

大きな紙飛行機を飛ばそうとする少年

「紙を小さく折りたたんで捨てる人」は、几帳面な性格です。

折る回数にも個性が出ます。

弥津
弥津

私は、人と話しながらで折っていたりすると、最終的にはもうこれ以上折れないというくらいまで小さくなってしまいます。

では、この紙を小さく折る心理から何が見えるのでしょうか。

それには「不安に押しつぶされやすい」という特徴が表れています。

完全に紙に書かれている中身を見られないようにしたいという、秘密主義な一面が見えます。

隠す傾向が強く見られるため、見栄を張ってしまいます

見栄で生きているところがあり、自分の本音を尋ねられても整理がつかずに答えられないことがあります。

④そのままの状態で捨てる

「紙をそのままの状態で捨てる人」は、対人関係や仕事に心広く向き合える大らかな性格です。

「他者がどうあっても関係ない」という周囲への無関心さが強いとも言えます。


また、捨てる時に、紙の形を変えないことから分かるように「変化」を求めていません。

改革意識があまりなく「平和主義者」です。

ゴタゴタを起こさないように自己主張は控えめ

本音をなかなか言わないという面があります。

⑤ゴミ箱に押し込んで潰すように捨てる

「紙をゴミ箱に押し込むようにして捨てる人」は、物事すべてにおいて「怒りや不満の感情を抱きやすい人」です。

イライラしやすい傾向があり、今の自分への不満、周囲への不満を常に感じています。

弥津
弥津

物を奥に押し込むという行動には、「殴ってやりたい」という心理が出ています。

自信過剰で他者への責任転嫁をしやすい傾向あり

高い向上心はあるのですが、怒りを原動力に行動している点があるので、周囲から孤立しがちに。

性格は攻撃的

仲間に入れても、少々あとの扱いが難しいタイプです。

⑥ビリビリに破って捨てる

中央で破られた紙

紙を破る行為には「完全に終わらせたい!」という思いがあります。

「紙を破って捨てる人」は

  • 「後悔したくない」
  • 「ズルズル引きずりたくない」

という潔い性格が見えます。

このタイプの方は、知的でクール。

公私共に頼られる存在です。


しかし、ときに冷静さがゆえに「冷たい人」とみられてしまうことも。

あまりにも真面目で、自分で勝手に精神的に疲れてしまう傾向もあります。

紙を破って捨てる習慣がある人は、心が疲れてきているサインなのです。

ビリビリと破る音を出して聞くことで、溜まってきたストレスを解消していると言えます。

>>>ストレスフリーになりたい!心の疲れで悩む私が考える有効な対処法

【まとめ】

切り刻まれた紙

今回は「紙の捨て方で人の心理や性格の傾向を読み解いてみました。

【この記事のまとめ】

紙の捨て方によって、今の心理状態悪化が表れているケースがあるので注意。

自分の紙の捨て方に変化があった時は、心が疲れていないか立ち止まってみるきっかけにしてみましょう。

また、画一的に全員がこの5通りで説明できるわけではありませんので、ひとつの参考として大きな心を持って参考にしてみて下さいね。


それでは!
以上、弥津でした。