真面目な話題の時にふざける癖のある人の心理と治す心得

2018年10月8日

こんにちは。ふざける時、ふざけない時の切り替えを心がけている弥津です。

今回は、ふざけ癖のある大人の心理、傾向と、それを治す心得についてご説明します。

私の上司は年上なのに「かまってちゃん傾向」の強い男性です。

私が業務上の真面目な相談事や報告をしている時に、ふざける癖があるんですよね。


俗にいうTPOができない人なんだろなって思います。
TPOとは、以下のような意味です。

TPO(ティーピーオー)
Time
(時間)、Place(場所)、Occasion(場合。Opportunityと使われることもある)の頭文字をとって、「時と場所、場合に応じた方法・態度・服装等の使い分け」を意味する和製英語。この概念の発案者は「VAN」ブランドの創始者・石津謙介である。

引用:Wikipedia

TPOができない人は「空気が読めない人」とも言い換えられます。

真面目な時にふざける人にならないように、まずが自分にその傾向がないかを、私と共に顧みてみましょう。


私が体験したTPOできない大人の例、その人の心理分析などをこれからお話します。

私のふざけられてムカついた経験

みなさんは自分が深刻に悩んでいる時に、目の前にいる人がふざけていると、どう思いますか?

その場で腹立つくらいでおさまらず、一気に嫌いになることだってありますよね。



うちの上司は深刻な空気になればなるほど、その空気を打ち破るような寒い「おふざけ」行動を取ります。


例えば、私が「現在、空き部屋のある有料老人ホームはないか」と同僚に尋ねると、「(貴乃花部屋が無くなるという報道を受けて)千賀ノ浦部屋なら受け入れてくれると思うよ。相談してみれば?」とか・・・愛想笑いもできず、極度にシラケる。

また、主張が多く、対応に苦慮している高齢者について報告した時も。

「高齢になり、疎外感があるので周囲の人に自分の話を聞いて欲しい思いがあるのでは」と私が真面目に分析すると。


「俺の話を聞け〜! (タイガーアンドドラゴンって歌??)」と、突然歌い出す・・・(一回ぶん殴ってもいいですか?)。


さらに、数人の職員でで支援事例の検討をしていると、突然割って入ってきて。

「真面目か! (タカアンドトシ??)」ってひとこと・・・(サムすぎて息が止まりそうです)。


彼のTPOの理解の無さは異常とさえ思いますが、それには原因となる心理的要因があるようなんです。

ふざけたくなる心理5つ

うちの上司のようにアラフィフにもなって、どうして「おふざけ」がやめられないのか。


その原因となる心理を読み解きます。

周囲を苦笑に包むような、空気の読めないおふざけ癖が自分にないかを確認したいですね。

常に人を馬鹿にしている・見下している

過保護に育てられると、自信過剰な人になる傾向があります。

自分に自信があるが故に、他者の言動の全てを馬鹿にしてしまう癖がついてしまいます。


ふざけ癖がある人は、無意識ではありますが、相手を見下しながら「自分の存在価値は高い!!」と、自分で自分に言い聞かせて生きています。

要するに、「自信満々な自分」をキープし続けないと、自己崩壊の危機に陥るので、常日頃から自分の存在を守る手段として、他者を馬鹿にしているのです。

話している相手に甘えたくて仕方ない

小学生の時とか、好きな人ににチョッカイを出したり、好きなのに酷いこと言ったりする事がありますよね。


たとえ、あなたが真面目な話しをしていても、相手にとっては「好きな人と絡める貴重なチャンス」。

ここぞとばかりに空気を読まずに、甘えてしまいます。


相手がやたらとふざけてくる場合、その人はあなたに「好意」を持っている可能性があります。


異性であれば、恋愛対象として見られているかもしれません。

その一方で、同性であれば、あなたと遊びたくてたまらないのでしょう。


このタイプは、自分のおふざけにより、相手が嫌悪感を抱いていると気付きません。

自分の満足する反応が返ってくるまで、ひたすらふざけ続ける傾向があります。


愛想笑いなどせずに、しっかりと「空気読んで下さい」とか、「そうやってふざけるの嫌いです」と正面から指摘しないと、永遠に続く可能性も。

自分が常に面白い人と思われたいという自己顕示欲

真面目な空気の中で、その空気を打ち破るような「異端児」を格好いいと思う人がいます。 

また、「気軽に行こうぜ(おふざけで行こうぜ)」が、座右の銘である人もいますね。

そのような人は、ユーモアのある自分が「異端児」であり、最高に格好いい存在だと思い込んでいます。


人から面白いと思われる事で、自己顕示欲(=自分の存在を必要以上に他人に目立つようにすること)を満たしたいのです。


グループ内で自分の存在価値をあげる為、必死に『自分色』にしようとしています。

異端児的なおふざけをすることで、「どうだ! 俺の色はこれだ!」って目の前でアピール。


真面目な話をしている相手と違う色に染めることで、「私にはそれだけの力がある、存在感があるんだ」という主張とも言えます。


周囲が苦笑であろうが、一旦全員が自分に目を向けてくれれば、それで満足なのです。

「子分」が欲しいという心理

他者の空気に合わせられない人は、特定の相手やグループを「支配したい」欲求があります。

相手やグループに対して「言いなりになりたくない。私に従え」という心理が見えます。


他者が真面目にしていたり、悲しそうにしていたりすると、その空気に飲み込まれる事は「敗北」になるのです。

他者に飲み込まれない姿を見せつける事で「私はあなたより上だ」と無言のアピールをしています。

これは、『マウンティング』という問題行動のひとつです。

以前、マウンティングについて書いた記事がありますので、合わせてお読みください。

「兄貴気質」は時には頼もしいものですが、普段は「子分」を見下し、ふざけながらイジルことで楽しむ傾向があります。


マウンティングの対処法を覚えておく必要もありますね。

自分にとって耐えがたい空気を好みの空気に変えたい

その人の仕事や家庭、友人関係に対する姿勢は、何歳になっても同じ。

ふざける癖を治すことなく、年齢を重ねてきた人は、とにかく「真面目な空気」が苦手です。


その居心地の悪い空気を自分好みの空気に変える為に、場違いなおふざけ言動をしてしまうのです。


苦手な空気の中にいると、それだけで精神は疲弊します。


脳はそのストレスを察知し、己の身を守るために快適な空気に変えるべく、おふざけ行動の司令を出します。


本人にとっては、無意識に行われている行動なので、指摘されても「私、そんなことしてないよ」と答えるでしょうね。

おふざけ癖を治す4つの心得

おふざけがやめられない性分の人達が、ついつい犯してしまう『おふざけ罪』。

自分が犯さない為にをどうすればいいのか。
また、どうすれば治すことができるのか。

その心得をご説明します。

空気の白黒をつける日頃からの訓練

「空気を読め」なんて突然言われても、難しいですよね。

そのポイントを知らないと、「場の空気って色々と複雑で判断できない・・・やめてしまえ」というあきらめの心理が働く人もいるでしょう。


空気を読む方法を難しく考える必要はありません。
考え方次第です。

まず、空気には『白』か『黒』の二種類しかないと考えるようにしましょう。

「今は白だね」、「今は黒だな・・黙っておこう」なんて感じで、分かりやすくなります判断すればいいのです。


もっと分かりやすく言えば、『白=笑っていい時』、『黒=笑ってはいけない時』と明確に分類しましょう。

「相手の顔をみて、笑っていれば一緒に笑っていい。笑っていなければ、自分も笑わない」という、ルールを作るのです。


毎日、どんな場面でも白黒分けする習慣をつければ、軽蔑されるようなふざけ癖も徐々に治ってくるでしょう。

相手の表情のマネをすれば、不謹慎なおふざけを防止できる

TPOが分からない人は、目の前にいる人の表情を見ていません。


通常、人は相手の顔などをみて8秒以内に印象を決めます。

その表情を読み取ることで、自分を受け入れている、拒否しているの判断をします。


その判断をする前に自分の言いたいことを言ったりすると、KY(空気が読めない)となります。


それを予防するためには、会話中は相手の表情を自分に転写(コピー)する」と心得ておくといいでしょう。


先程もお話したように、目の前にいる人が笑ったら自分も笑う。
悲しいなら悲しい顔をする。


自分の言いたいことばかり言うのではなく、他者の感情を真似をするという訓練を行うのです。

自分が「かまってちゃん」だと思い込む

誰しも他者に認めて欲しいし、かまって欲しい。

でも、それを強要したり、周囲に気配りさせようとすると、「かまってちゃん」と評されてしまいます。


そうかといって、「自分がかまってちゃんかどうかを意識しよう」なんて言っても、「私に限ってそんなことはない」で片付けてしまいます。


ここはいっそのこと、「私はかまってちゃんだ」と思い込みましょう。

自分自身を「かまってちゃん」だと断定することで、その状態から脱したいという思いを意識できます。

嫌なことから逃げよう、目を背けようという悪い姿勢が出ないように工夫しましょう。

一回、思いっきり叱られてみる

子供は親から怒られても平気だけど、他人から公の場で指摘されたり、叱られたりすると、その経験が大きく心に刻み込まれますよね。

おふざけ癖がどうしても治らない大人も、人によっては同様の経験が必要です。


相手が社長や上司であろうが、先生が相手であろうが、問題行動を起こしているのは向こう側です。

ここは、ズバリと「ふざけないで下さい」と言ってやりましょう。


不謹慎な態度への指摘ですから、まったく遠慮はいりませんよ。


いかがでしたか?

今回は真面目な話題の時にふざける癖のある人の心理と治す心得について考えてみました。


自分がTPOが分からない人ではないか。
ふざけてごまかす癖はないか。


これを機会に考えていきましょうね。


最後までお読みいただいてありがとうございました。

それでは!
以上、弥津でした。

【こちらの記事もおススメ】