ミスで失敗する原因は?ミスしないようにする2つの対策

なぜ仕事でミスが多いのか

仕事でいつも肝心な時にミスをしてしまう・・・どうすれば予防できる?

こんにちは、社会福祉士ブロガー・弥津@yazusui)です。

仕事でミスをなくす方法、知りたいですよね!

ミスをおかすたびに、自分に「傲慢サイン」が出ていると考えれば、ミスは減ります。

弥津
弥津

最近ミスが多くて原因が分からずお困りの方に向けて、私の長年の仕事での経験をもとにお答えします。

ミスの原因は自分にあり。

過剰な自信で傲慢になっていると意識しましょう。

いつになってもこっぱずかしいミスをしてしまう私

失敗して丸められた紙

私は仕事の経験年数がそれ相応になり、後輩の数が多くになってきました。

本来なら

弥津
弥津

オレ、失敗しないんで!

と言えるような先輩になりたいのですが、現実はそう上手くいきませんね・・・。

私は時折、後輩のいる前で「大恥」と言えるようなミスをおかしてしまいます。

たとえば、威張って後輩に指導したあと、全員がいる前でクライアントから苦情を言われるとか・・・。

「よりによって、こんなタイミングで」と思うような、恥ずかしい姿をさらけ出す時が結構あるのです。


みなさんも

なぜ、普段しないようなミスを人前でしてしまうのだろう?

と、何ともいえないミスを体験したことありませんか?

「不運」を感じるケースってありますよね。


ただ、本当に運の問題なのでしょうか?

ミスで失敗する原因

間違った字を消すゴムで消す

経験豊かな人なはずなのに、時折起こす『こっ恥ずかしいミス』は、ただの『不運』で片付けていいものでしょうか?

弥津
弥津

きっと、自分の中に何か原因があるはずだ。

そう思い、私の何が問題なのかを振り返って見ました。

  1. バイオリズムが低下しているから?
  2. ミスや失敗をする時に決まってある「傲慢さ」

①バイオリズムが低下しているから?

書類の提出忘れ、接客対応のまずさ等・・・ミスは不思議と連続して起きませんか?

人には『バイオリズム』があります。

何やっても上手く行く絶好調な時期があれば、逆に何やってもミスをしてしまう時期もあります。

『スランプ』とも言えますが・・・

弥津
弥津

しかし、結局のところ、ミスをおかしてしまうのは『メンタル』の問題なんだと思います。


自分のメンタルがミスを誘発しているのでしょう。

「威張っていて態度が悪い」ことにより、必然的にミスに繋がっているのかもしれません。

バイオリズムの低下が態度の悪さとして表れ、ミスを誘発しているのは自分なのでしょう。

②ミスや失敗をする時に決まってある「傲慢さ」

傲慢な態度で仕事をする男性

「謙虚さを失い、傲慢になっている時」に決まって、天誅のような罰が下り、ミスや失敗をしてしまいます。

弥津
弥津

自分が「他者より出来る」、あるいは「頭がいい」と錯覚した時、不思議と『ミス』という罰がやってくる気がします。

では、傲慢になるとなぜ、ミスをしてしまうのでしょうか。

それは、傲慢な心になっている時、人は「心が無防備」になるからです。

威張った心境になると、注意力が欠如します。

弥津
弥津

威張った人の姿を想像してみてください。

椅子に座ってふんぞり返り、無防備ですよね。

普段は回避できるようなミスも、注意散漫な状態であれば、迫り来る危機に気付くのが遅くなります。

迫り来る『危機』への注意力の欠如が、ベテランらしからぬ失敗をしてしまう原因。

また、ミスをおかしやすい時期「勘違い期」は、誰にでも定期的にやってきます。


勘違い期は、自分が一人前になったと勘違いし、余裕が出ることで仕事の態度が傲慢になる時期。

勘違い期の乗り切り方については『仕事に慣れてきた時に陥る自信過剰な「勘違い期」を乗り切るには』で説明しています。


勘違い期に入ると、とにかく態度が「威張るモード」に。


言葉の使い方や同僚への指示的言動・・・周囲の人から嫌悪感をもたれやすくなります。

そうなると、今まで助けてくれていた人達からも敬遠される。

リスクを察知して、危機を教えてくれる人がいなくなります。

謙虚さがあるからこそ、他者からも助言をもらい、危ない状況に未然に対処できてたのです。

傲慢化によって、ミスの付け入る先を与えてしまいます。

ミスで失敗しないようにする2つの対策

丁寧な接客の女性

ミスの原因は「自分の傲慢さ」ということは分かりました。

では、ミスをおかさないようにする為の対策を考えてみたいと思います。

  1. 自分のことを「傲慢野郎」だと思う
  2. 自分が一番アホだと思う

①自分のことを「傲慢野郎」だと思う

弥津
弥津

まずは、『傲慢野郎な自分』を自覚して、脱することが先決です。

ミスが重なってきたら、「私は高飛車な嫌なやつになっている」と意識しましょう。

ミスや失敗を、他者のせいにしないように。

自分の言動や態度に問題があり、ブーメランのように悪い行いが返ってきたと思いましょう。

ブーメランに関しては、『悪い行いはブーメランのように返ってくる!受け止め繰り返さない心得とは』もあわせてご覧ください。

②自分が一番アホだと思う

弥津
弥津

自分の否を認めたあと、次に意識しないと行けない事が『他者への尊敬心を持つこと』。

他者を見下してミスや失敗をおかしたのですから、「自分が一番アホ」くらい思うのがちょうどいい。

自分が一番未熟で、他者に教えてもらうレベルまで落ちたと思いましょう。

自分をレベルが高い存在だと考えず、常に「他者より未熟だ」という心で周囲の人に接するように。

【まとめ】

修正テープ

ミスをおかす原因は、他者にあらず。

また、運にもあらず。

弥津
弥津

自分が足をすくわれるほどの『傲慢野郎』になっているからだと考えましょう。

【この記事のまとめ】

ミスをおかすたびに、自分が傲慢になって足が宙に浮いているとイメージを。

私と共に謙虚さを意識する生活にシフトし、傲慢が原因のミスを無くしていきましょう。


それでは!
以上、弥津でした。