なぜ仕事でミスが多いのか?失敗する原因と対策を考えた

こんにちは、社会福祉士兼業ブロガー・弥津@yazusui)です。

仕事でいつも肝心な時にミスをしてしまう・・・何が原因?

このように、理由の分からないミスにお悩みの方は多いのでは・・・運の悪さのせいにしていいものか。

でも、大丈夫です!!

この記事で分かること

  • ミスは不運で起こるものではありません。
  • 傲慢な自分が自らのリズムを崩させる。
  • 自信過剰になると注意散漫になり、ミスを誘発します。

弥津
弥津

最近ミスが多くて原因が分からずお困りの方に向けて、私の長年の仕事での経験をもとにお答えします。

なぜ仕事でミスが多いのか

というわけで、今回は『なぜ私は仕事ミス多いのか・・・そして、その失敗を防ぐ為の対策は何か』について説明していきます。

ミスをおかすたびに、「自分が傲慢になっているサイン」が出ていると考えよう!

ミスの原因は自分にあり。

過剰な自信で傲慢になっていると意識しましょう。

弥津
弥津

自分の中に原因があるのなら、自覚次第でミスをなくせそうですね。

いつになってもこっぱずかしいミスをしてしまう私

仕事の経験年数がそれなりになってきて、職場には後輩の数が大多数になってきました。


本来なら

弥津
弥津

オレ、失敗しないんで

的な先輩になりたいのですが、現実はそう上手くいきませんね・・・。


私は、時折、みんなのいる前で恥と言えるようなミスをおかしてしまいます。

たとえば、威張って後輩に指導したあとに、全員がいる前でクライアントから苦情を言われたり・・・。


形無しとはこういう事を言うんですね。


みなさんも

「なんで、よりによって私が・・・」

と、恥ずかしい、そして悔しいミスを体験したこと、ありませんか?

偶然その場に居合わせたことで、恥ずかしい目をみてしまったという、「不運」を感じるケースってありますよね。

ミスをおかして失敗する原因を考える

経験豊かな人が起こす『ミス』は、ただの『不運』で片付けていいものでしょうか?

弥津
弥津

きっと自分の中に原因がある!!

そう思って振り返って見ました。

バイオリズムが低下しているから?

書類の提出忘れ、対応のまずさ等・・・ミスって、不思議と雪崩式に連続して起きませんか?

人には『バイオリズム』があるといいますよね。

何やっても上手く行きそうな絶好調な時期があれば、逆に何やってもミスってしまう時期もあります。

カッコよく言えば、『スランプ』とも言えますが。

上手くいかない時は、何してもダメな気がして逃げ腰にさえなりますね・・・。


いくら経験年数を重ねても、こっぱずかしいミスを人前でおかす私。

自分に何らしかの障害でもあるのでは?と、考え込んだ日もありました・・・。


結局はミスをおかしてしまうのは『メンタル』の問題なんだと思います。

自分のメンタルがミスを誘発しているのです。


スランプなんてことではなくて、ただ単に「威張っていて態度が悪い」だけなのかもしれません。

ミスや失敗をする時に決まってある「傲慢さ」

「謙虚さを失い、傲慢になっている時」に決まって、天誅のような罰が下り、ミスや失敗をしてしまいます

自分が「他者より出来る」、あるいは「頭がいい」と錯覚した時、不思議と『ミス』という罰がやってきます。

では、傲慢になるとなぜ、ミスをしてしまうのでしょうか。

それは、傲慢な心理になっている時、人は「心が無防備」になるからです。

自分が未熟だと分かっている人は、他者に迷惑をかけまいと失敗しないように常に注意しています。

その反面、威張った態度になると、注意力が欠如するんですよね。


普段は回避できるようなミスも、注意散漫な状態であれば、迫り来る危機に気付くのが遅くなります。

その、「迫り来る『危機』への注意力の欠如」が、ベテランらしからぬ失敗をしてしまう原因です。


また、ミスをおかしやすい時期として、仕事を始めて1年から2年あたりが挙げられます。

私はこの時期を、「勘違い期」と呼んでいます。

傲慢な態度で仕事をする男性

これは、自分が一人前になったと勘違いし、仕事の態度が傲慢になる時期です。


人によっては、この勘違い期が定期的にやってくる人がいますね。

たぶんに私もその部類だと思います。


勘違い期に入ると、とにかく態度が「威張る」モードになります。

言葉の使い方や同僚への指示的言動・・・周囲の人から「嫌な人」と判断されやすい状態ですね。


そうなると、今まで助けてくれていた人達からも敬遠されて知らん顔。

ミスになりそうなリスクを察知して、その危機を教えてくれる事もなくなります。


謙虚さがあるからこそ、他者からも助言をもらい、危ない状況に未然に対処できていたんのです。


まさに、傲慢によって「ミス」が付け入る先を与えてしまうのです。

ミスで失敗しないようにする2つの対策

ミスの原因はバイオリズムの低下を招く「自分の傲慢さ」ということは分かりました。

傲慢さによって、自分の警戒心や他者からの助言を失い、ミス回避ができない状態に陥るという簡単な『ミスをおかすメカニズム』も理解できました。


では、ミスをおかさないようにする為の対策を考えてみたいと思います。

自分のことを「傲慢野郎」だと思う

そこはとにかく、『傲慢野郎な自分』から脱することが先決です。

ミスが重なってきたら、「自分が高飛車な嫌なやつになっているからだ」と意識しましょう。

そして、そのダメな自分を素直に認めること。

決して、ミスや失敗を他者のせいにしてはいけません。


自分の言動や態度に問題があり、ブーメランのように悪い行いが返ってきたと思いましょう。

ブーメランに関しては、以下の記事もあわせてご覧ください。

丁寧な接客の女性

自分が一番アホだと思う

自分の否を認めたあと、次に意識しないと行けない事が『他者への尊敬心を持つこと』です。

他者を見下してミスや失敗をおかしたのですから、「自分が一番アホ」くらい思うのがちょうどいい。

傲慢なくらいですから、自分を卑下するくらいでいい。

自分を慰め過ぎないようにしましょう。

自分が一番未熟で、他者に教えてもらうレベルまで落ちたと思いましょう。

自分を高い位置に置かず、常に他者より未熟だという心で周囲の人に接するようにして下さい。

【まとめ】

ミスをおかす原因は、他者にあらず。

また、運にもあらず。


まずは自分が足をすくわれるほどの『傲慢野郎』になっていないかを考えましょう。

【この記事のまとめ】

ミスをおかすたびに、自分が傲慢になって足が宙に浮いていると考えましょう。

他者のせいにしてばかりでは、ミスはなくなりません。

私と共に謙虚さを意識する生活にシフトし、傲慢が原因のミスを無くしていきましょう。


それでは!
以上、弥津でした。