裏切られたと感じた時の心の対処法

2017年11月8日

こんにちは。どんなに頑張っても人間不信が消えない弥津です。

人間不信と言えば、みなさんは仲間に「裏切られた!!」と感じたことはありませんか?

今回は、「信頼していた仲間から裏切りのような言動を受けた時、どう心を鎮めればいいのか」というお話です。

私の職場には、性格の掴みづらい先輩がいます。

日頃は笑顔で面白おかしい話題で場を和やかにしてくれます。


でも、スイッチが切り替わると、一瞬で攻撃的な言動に切り替わります。

私達同僚のミスや不手際を見つけた日には、突如として表情が変わり、激しく責任を追求してきます。・・・その変貌ぶりには、恐怖すら感じるほど。


先輩に対して好印象をもって接していた私からすると、奈落の底に落とされる感覚です。

まさに、信頼していた人から「裏切られた」ようなもの。


そんな動揺している私の心を、どうすれば穏やかにコントロールできるのか。

裏切りのような言動を受けた時の、心の対処法を考えていきます。

裏切りのような言動の理由とは何か

相手の言動を「裏切り行為だ!」と、一旦とってしまうと、その理由を冷静に考えることはできません。


すでに、自分の心が相手に対して「険悪」になっている事もあって、その理由なんてどうでもいいという心境になってしまいます。


しかし、今回は裏切りのような感情の変化をみせる人の原因について考えてみました。
2点に分けてご説明します。

「自己防衛スイッチ」が入りやすい

動物には、自分の命を守る為に「自己防衛本能」があります。


人間だって動物ですから、生命の危機に陥らないように、危険が迫った時には自己防衛が発動するようにできています。


その自己防衛反応が正常に働いているからこそ、無意識に危険を回避しながら、今まで生活を続けることができたわけです。

この自己防衛反応がなければ、人は簡単に命を失っているでしょう。


そういう意味では、人間も動物と同様に、「自己防衛本能の塊」と言えるのです。

この自己防衛ですが、『発動スイッチ』は、当然全員が持っています。


自分に危険が迫ってきたと察知した時にスイッチを入れて、他者に対して攻撃性を出し、身を守ろうとします。

ただし、スイッチの入るタイミングには個人差はあります。


防衛心が強い人は、瞬間湯沸し器のように、一気に沸騰してしまいます。

脳が本人の意識とは関係のないところで、スイッチを入れているので、感情的になっている本人はまったく自覚がありません。


仲良かった人が、急に言動が荒々しくなった場合、この「自己防衛スイッチ」がONになってしまったのです。


あなたの言動で自分が責められていると勘違いしたか、それとも他者のミスによって自分が責任を負わないといけないと思ったのか。


まずは、こちらに落ち度がなかったのかどうかを振り返ってみてましょう。

スイッチをONにしてしまった原因が分かれば、一度「〇〇が悪かったからですか?」って聞いてみるといいでしょう。

「過去の傷」が原因で情緒不安定になりやすい

感情起伏の激しさは、その人のトラウマが関係しているケースがあります。


仲良しの親友が急に冷たくなって「裏切り」を犯している時、過去のトラウマがもとになって、退避行動をとっているのかもしれません。


その人は家庭や友人などの「人間関係」において、過去に辛い経験をした傷をかかえている可能性があります。

その経験によって、人間不信の傾向が強くなったのでしょう。


再び心が傷つきたくないので、居心地の悪い人のところからは、すぐに去ろうとします。

また、トラウマがなくても、自分の快適な人間関係を保とうと、自分にとって頼もしい人を探しては移動していく人もいます。


突如として他者のかたを持つような裏切りは、あなたは「期待通りの人でない」と評価された、あるいは「一緒にいると危なっかしい」など不安を感じさせた可能性があります。


そのような人には、日頃から多くの会話の機会を作り、過去の悩みなど聞き取り、共感するといいでしょう。

その人の中にある人間関係の傷が分かれば、その傷に触れないように接することができます。

裏切られたと感じた時に心得るべき事

私はの場合、今後は裏切りのような言動に対しては、相手に「自己防衛スイッチが自動発動したな」と思うようにしています。


そもそも、自己防衛スイッチは「自動」ですから、相手を責めても何の効果もありません。

逆に、火に油を注ぐって結果になるだけです。


対処法としては、そのスイッチがOFFになるのを冷静に待つことでしょう。

急に言動が攻撃的になったら、とにかく一旦引き下がりましょう。



「そっちがおかしい」なんて言い返して、言い合いのケンカにならないように。

仮に、いくらこちらが謙っても上手くいかない「究極の自己中心人間」が相手の場合はどうすればいいのでしょうか。

ここは、スルー」という対処法が一番です。


相手の感情が爆発したら、「あ、それはごめんなさい」と謝り、他の仕事や用事を思い出したフリをして、その場から立ち去りましょう。

その後も、相手の熱が冷めるまで、しばらく放置でOKです。


いかがでしたか?

今回は「裏切られたと感じた時の心の対処法」について考えてみました。


そうはいっても、まずは自分が自己防衛過剰ではないかも意識していきましょうね。


円滑な人間関係を維持できるように、人の感情の操作法を身につけられるように。

私と一緒に心がけていきましょうね。


それでは。
以上、弥津でした。

【こちらの記事もおススメ】