信頼していた人に裏切られて落ち込みやすい私の心の対処法5選

裏切られて落ち込む男性
問題を解決したい

信頼していた人から急に責められて、「裏切られた」と感じて悲しくなった。

こんにちは、社会福祉士ブロガー・弥津@yazusui)です。

信頼していた人から裏切られたと感じた時、絶望でしかないですよね。

弥津
弥津

私も信頼していた上司・同僚が態度を豹変させて突然叱責された事が・・・「裏切られた・・」と思ったものです。

信頼していた分、精神的ダメージはかなりのものでした。

信頼が崩れ去る裏切りを受けた時の心の持ち方とストレス解消法を解説します。

私が考える対処法5つは、誰でも今日から取り組める内容なので早速実践してみましょう。

信頼していた人に裏切られた時の心の対処法5選

信頼と書かれた紙を破る
  1. 過去の傷が原因で情緒不安定になりやすい人だと理解してあげる
  2. 「相手の自己防衛スイッチが自動発動した」と思う事にする
  3. スイッチがOFFになるまで冷静に待つ
  4. スルーする
  5. 日頃から質のいい休息をとる
弥津
弥津

無駄に人間不信に陥らないように、早めに心を静めましょう。

私なりのおススメ対処法を紹介します。

①過去の傷が原因で情緒不安定になりやすい人だと理解してあげる

傷だらけの床

信頼関係にあったはずの人が急に冷たくなって裏切りを犯してしまう時、「その人の過去のトラウマがもとになって、退避行動をとっているだけ」なのかもしれません。

弥津
弥津

その人は人間関係において、過去に辛い経験をした可能性が・・・。

トラウマがもとで起こる攻撃的言動は、自分ではどうにも抑えられない場合があります。

過去に受けた心の傷が原因のどうにもならない衝動だと理解してあげましょう。

それが理解できれば、傷に触れないように配慮する心構えが出来、再度同じような状況に陥る事を防げます。

関連記事自己愛が強すぎる人の良い点、問題点と8つの対処法』(※新しいタブで開きます)も参考になりますので、ご覧ください。

②「相手の自己防衛スイッチが自動発動した」と思う事にする

周りにバリアを張る人
弥津
弥津

私の場合、信頼していた人が私に牙をむいた時は「自己防衛スイッチが自動発動したな」と思うようにしています。

自己防衛本能は誰にでもあるもの。

自己防衛スイッチはコントロールが難しく、発動も本人の意志とは関係なく「自動」ですから、相手を責められないところがあります。

相手のスイッチをオンにしてしまったこちらの言動に何か問題があったのかもしれません。

③スイッチがOFFになるまで冷静に待つ

本日は店休日です。
弥津
弥津

怒りの感情は必ず静まります。

一緒に感情的になるよりは、「無感情」になるように心がけた方が得です。

スイッチがOFFになるのを冷静に待ちましょう。

スイッチの入った相手と戦うような姿勢はみせず、引き下がるように。

引き下がって、相手の熱が冷めるのを待つように心がけましょう。

④スルーする

弥津
弥津

心を静める余裕が無い時は、スルーするのが得策です。

聞き流せる状況でなければ、その場から離れるのもいいでしょう。

他の仕事や用事を思い出したフリして、その場から立ち去るといいです。

逃げたと思われないように、「この件はまたあとで」と告げるように。


時間がたてば少しは感情が落ち着いて話せるようになります。

関連記事対人関係のイライラで病む私が考える心の不調改善に役立つ方法(※新しいタブで開きます)』を参考にしてみてください。

⑤日頃から質のいい休息をとる

チェンジの文字

ストレスを溜め込んでいると、感情的になった相手に対して寛大な対応が出来ません。

日頃から十分な休息をとって、心を整えておきましょう。

休息法は、睡眠でもいいですし、趣味で心をリフレッシュでもOK。

自分に合った休息を見つけてみましょう。

心のモヤモヤ・イライラが改善できるサービスを、こちらの記事で提案しています。

心をすっきりさせたい方は参考にしてみて下さい。

関連記事 『在宅で取り組める心のモヤモヤ・イライラを改善する方法まとめ』(※別ウィンドウで開きます)

【まとめ】

二枚の絆創膏

信頼していた人に裏切られて落ち込みやすい私の心の対処法5選について説明しました。

【この記事のまとめ】

自分の言動の何が悪かったのかを省みることは大切。

しかし、自分を過度に追い込む必要はなし。

こちらが親近感を持っていても、相手も同じとは限らない。

私の期待値通りに相手が応えてくれると思わないこと。

弥津
弥津

一方的な期待をしているから、勝手に苦しい状況に陥っているのかも。

私は他者に対して甘えていたのかもしれませんね。

それでは。
以上、弥津でした。