素直にアドバイスを受けることができない人との接し方のポイント

素直にアドバイスを受けられない人との接し方

素直にアドバイスを聞いてくれない同僚・部下がいて困っている・・・どうすれば上手く行く?

こんにちは、社会福祉士ブロガー・弥津@yazusui)です。

このように、素直に話を聞いてくれない人にお悩みの方がいるのではないでしょうか?

アドバイスが『心に刺さるキツイ指摘』にならないように注意すれば、必ず受け入れてくれます!

弥津
弥津

アドバイスに耳を傾けてくれない人への対応にお困りの方に向けて、私の高齢者勤務経験の中からお答えします。

こちらがイライラせずに、相手の性格や心理、そして対処の仕方が身に付きます。

素直に聞いてくれない人を責める前に、一度自分の『言い方』を振り返ってみましょう。


簡単な注意点さえ理解すれば、上手くいきますよ。

想定外の反抗的態度に傷ついた経験はありませんか?

NOと書かれたプラカード

困っていそうな同僚や友人をみかけると、余計なお世話と思いつつもアドバイスをしたくなる私。

弥津
弥津

でも、そんな時・・・なぜか、相手から素直に「ありがとう」の言葉が帰ってこない時がありました。

そんな事分かってるよ

心配しなくていいから

余計なことしないで

弥津
弥津

What!?(なぬ!?)

相手のためだと思ってアドバイスしたのに、私の虚弱なハートにグサッと刺さる言葉が送り返されてしまいました。

弥津
弥津

相手にとっては「余計なお世話」なのかもしれませんが・・・。

私の言い方と態度に問題でもあったのでしょうか?

相手がアドバイスを素直に聞けないのには何か理由があるはず。

まずはこちら側のアドバイスの仕方などが適切だったのかを省みるところから始めましょう。

素直にアドバイスを受けることができない2つの理由

自己愛が強すぎる人のイラスト

「小さな親切、大きなお世話」

よくよく考えれば、私もアドバイスは、常に欲しいものではありませんからね。

素直にアドバイスを受けることができない理由を考えてみました。

  1. プライドを傷つけてしまった
  2. 助言のタイミングが適切ではなかった

①プライドを傷つけてしまった

弥津
弥津

誰でも他者の作ったレール通りに走らずに、「自分の判断で行動したい!」という欲求を持っています。


子供でも大人でも、「自我」を持っています。

「自立したい」という思いがあり、本来は「余計な口出し無用」。

「素直に人の話を聞く」という事は、自我やプライドに反発することになるので、とてもハードルの高い行為と言えます。

特に、頑張っている人には、「困ってそうだから」といって勝手なアドバイスをすると、反発という形で返ってきやすいので注意。

弥津
弥津

「頑張っている自負」がありそうな人は、アドバイスされる事で「みっともない自分を周りに見せてしまう」という不安感が高まります。

それが「小さな親切、大きなお世話」的な反応になる原因。

アドバイス自体が、親切の押し売り。

相手が求めていないタイミングで行うアドバイスは、「相手の頑張りを否定する(ダメ出し)」事、「恥をかかせる」事になってしまいます。

②助言のタイミングが適切ではなかった

砂時計

「相手の成長のためだ」と思ってアドバイスしても、された相手が自分を「否定された!」と感じれば、拒否的言動が出てしまうことが分かりました。

ようするに、アドバイスには適切なタイミングがある

相手にとって突拍子のないアドバイスは、相手を追い詰める場合があるので注意すべきです。

アドバイスはいつでも有益ではないもの。

相手の求めていない一方的なアドバイスは「攻撃」とみなされます。

弥津
弥津

自分のアドバイスが相手にとって痛いものではないのかに気をつけましょう。

素直にアドバイスを受けられない人の原因は、無用な助言をしている私なのかもしれない。

「タイミング」と「優しさ」を適正化する必要あり。

では、アドバイスの仕方についてのコツは、次でお話しします。

素直にアドバイスが受けられない人との接し方3つ

スマホに表示されたいいねマーク

誰が相手であっても「素直に話しを聞き入れられる状況作り」を行わないことには、アドバイスが関係悪化のきっかけになるリスクは減りません。

それには、以下の3つのポイントがあります。

  1. 最初に相手の労をねぎらう
  2. 相手の感情を吐き出してもらう
  3. 相手の感情に合わせる

①最初に相手の労をねぎらう

助言を「攻撃」と取られないようにするには、まずは「味方」であると認識してもらう必要があります。

重要なことは、『相手の労をねぎらうこと』です。

  • 「さっきはよく頑張ったね」
  • 「今日までよくやってると思うよ」

といった、相手の努力を認めてあげる言葉を、最初に投げかけてあげましょう。

弥津
弥津

褒め言葉が最初に投げかけられることで、相手の心はほぐされます。


褒めてくれる人には友好的になるものです。

助言する前に、「私は敵じゃないよ。味方だよ」という姿勢で入る事を心がけましょう。

相手の心の扉を開いて、こちらの言葉を素直に受け入れさせるには、相手の努力や苦悩を認めること。

アドバイスする前に、褒め言葉から入り、素直に助言を受け入れてくれる心の整備を行いましょう。

②相手の感情を吐き出してもらう

同じ目線で握手をする男性二人

最初に相手の心をほぐす事ができたら

次に、相手に感情を吐き出してもらいましょう。

  • さっきまでどれほど辛かったのか
  • 逆に、うまく行ったと思う点は何だったのか

話しているうちに、愚痴、自分に対しての不満・・・いろんな感情が出てきて、相手の心が解き放たれます。

相手の「心の空気感」を察することで、アドバイス今すべきなのか、ここは控えておくべきなのかが分かります。

相手の感情を読んで、アドバイスをしていいタイミングなのかを判断出来るようになる必要があります。

③相手の感情に合わせる

あなたは、相手の吐き出された感情に合った態度で、アドバイスができていますか?

こちら目線で気付いたことを、その場の勢いでアドバイスしているのでは、一方的に言葉の暴力を受けているように思われてしまうかも。

普通は、自分の思いと違うアドバイスが投げかけられると猛反発しますよね。

そこで、しっかりと相手の喜怒哀楽を把握し、相手の感情に合わせながらアドバイスを出してみましょう。

同じ感情を持っている相手を見ると、親近感が湧きますね。

その後も、助言を素直に聞いてくれる「心の繋がり」ができあがりますよ。

【まとめ】

助言を受けてメモする女性

今回は「素直にアドバイスを受けることができない人との接し方のポイント」についてお話ししてきました。

対人関係のイライラが治まらない方は『対人関係のイライラで病む私が考える心の不調改善に役立つ方法』も参考にしてみてください。

【この記事のまとめ】

よかれと思ってしたアドバイスは「何でも受け入れられるべきだ」というこちら側の一方的な考えはなくす!

アドバイスが『心に刺さるキツイ指摘』にならないように注意!

助言するもされるも、「結構心が揺れ動く」と意識することが必要ですね。


それでは!
以上、弥津でした。