自己愛が強すぎる人の特徴と問題点。その攻略法を知ろう

2018年9月1日

こんにちは。何をしても自分がダメ人間だとしか思えない、自己愛の弱い弥津です。

自己愛は強弱個人差があるもの。

今回は私のある経験から、自己愛の強すぎる人特徴問題点を整理し、どうすればそういった人を「攻略」できるのかを、私なりに結論付けてみたいと思います。

「自己愛とは自分を肯定し、愛する事」です。

でも、自己愛も強さの度を越すと、ナルシシズム(narcissism)と同意味で用いられます。時には「うぬぼれ」、「自己陶酔」とも表す事も。

自分の持っている自己愛が他者を攻撃してしまうほど強くないか、自己チェックしましょう。


【SPONSORED LINK】


私の「自己愛強すぎな人」に絡まれた経験

ある居宅支援事業所の女性ケアマネジャーから、「ちょっと相談があって・・・」とアポなしで相談を受けました。

担当している高齢者さんが自分を拒否するので担当を変わってもらいたいとのこと。


そこで「男性ケアマネならうまく行くのでは?」と、事業所内での話が出た結果、私に白羽の矢がたったというわけです。

私も利用者さんにどんな傾向があるのか尋ねるのですが、全て「利用者に性格的な問題がある」といった返答でした。

そのケアマネは「自分は精一杯やっているので、上手く行かない原因は自分にはない」 、「一生懸命やっている自分を受け入れない高齢者側が悪い」 ときっぱり。

そして、私に引継ぎ訪問なしで、直接ご本人・家族と面談して契約してこいという始末。
普通、そんなずさんなやり方は許せませんよね。
当然、私も「まずそちらがしっかりと本人、家族に引き継ぐ件を説明をしてから、私に話をもってくるべきでは」と返答するのですが・・・すると。
「何で?! そんな言い方をする人だと思わなかった!! ショックです!!」

突然、怒鳴り出す!?
え?ちょっと、意味分かんないんですけど・・・(汗)。

その後も、「自分の対応は間違っていない! 分かってくれない周りの人が悪い」という露骨な自己擁護の応酬と、最終的には無条件に引き継ぎに応じない私への批難。

そんで、「他のケアマネさんに依頼します! 頼れる人だと思ったのに!」と捨て台詞を吐き、利用者情報をしまってさっさと帰っていきました。

異様なまでの『頑張っている自分は完璧』という揺るぎない自信。
自己愛の塊のように感じました。

自分を必死に擁護しようとする「過度な自己愛」
傾向と対策を知って、振り回されないようにしないといけませんね。

SPONSORED LINK

自己愛が強すぎる人の良い特徴4つ

自己愛の強い人だって良い特徴はありますよね。
まずは、良い特徴を4点見ていきましょう。

興味深々な事にはものすごく協力的

自分にとって興味深々な事には人一倍協力的です。
例えば、仕事で自分の知らないジャンルの経験が積めると分かると、積極的に参加してくれたり。

メンバーが足りずに困っている時にはとても頼もしい存在になってくれます。
大好きな自分が成長できるチャンスであれば、労は惜しみません。

時にもの凄く共感してくれる

例えば、他者が可哀想な目にあった経験など。
自分も相手と同様の悩み、経験を持っていると分かれば、強い共感を示してくれます。

他者と同じ苦しみを共有することで、自分自身の過去の傷を癒す事ができるという理由もあります。

アウェイな場でもよく話しかけてくれるので助かる

多少アウェイな場や空気の中でも物怖じせずに話しかけてくれます。

知っている人がほとんどいないミーティングや会議、研修会などで、突如現れて、心の救世主になってくれる時もあります。

褒めると素直に喜んでくれる

自己愛の強い人は他者にも自分を愛して欲しいと求めまています。

ですから、他者が自分を「素晴らしい!」と褒めてくれると、素直に喜んでくれます。

また、褒めてくれる人には、恩を感じる人が多いです。
心の支えをかって出て来てくれる人もいます。

SPONSORED LINK

自己愛が強すぎる人の問題点7つ

お次は自己愛が強すぎる人の問題点。
こっちの方がすごく多くなってしまって・・・すみません。

自分の全てが完璧だと錯覚

「自分が一番頑張っている」、「私も精一杯やっている」と堂々と公言します。

謙虚さが欠けている傾向が目立ちます。
「自分はパーフェクト」なので、他者の不手際で自分が苦しい状況の置かれてしまうと訴えます。

他者を見下す言動

頑張っている、あるいは能力の高い自分が大好きなので、他者は必ず自分より劣っていると思っています。

「私は〇〇年以上、この業者にいるから詳しい」なんて言って、周りの人から勘違いしていると思われてしまいます。

他者からの助言や提案は否定する

自己愛の強い人は、他者からの提案、助言を受け入れることが『苦手』です。

分かったような返事をしても、何気に他者の意見と違う勝手な単独行動を取ります。

「私の考えは最高」っていう基本スタンスがあるからでしょうね。

少しのトラブルでもパニックになりやすい

自己愛が強いからといって、その愛の砦の強さも比例するかというと、そうでもありません。

自分自身にピンチが訪れると、冷静さを失います。
ミスを犯したという自覚はあるので、それを隠す為に過度な自己擁護に走ります。

完璧な自分がミスっているところを他者にみられたくない心理もあります。

そのまま笑って済ませる事ができるといいのですが、自己愛の強い人は自分のピンチを「他者のせい」にしてしまいます。

パーフェクト超人である自分のミスを他者のせいにすることで、大好きな自分が高いレベルの人間のままでいられるわけです。


【SPONSORED LINK】


矛盾の多い作り話や嘘を言う

自分を過度に守ろうとするので、自分にとって都合のいい作り話や嘘を無意識のうちに口にしてしまいます。

「〇〇さんの判断力がなくて拒否された」なんて言って嘘の人間像を作り上げたりします。

自分を守ることで先の事が考えられず、誰でも確認すれば真実が分かるような事柄の作り話でごまかそうとします。

困っている自分を助けてくれるのが当たり前という姿勢

自分への愛が強すぎるが故に、そんな「価値ある自分」を周囲の人が助けてくれるのが当たり前を思っています。

逆に、助けてくれない人には「どうして助けてくれないの!」と一方的な叱責をしてしまいます。 

自分で招いた失敗から逃避し、他者にその尻拭いを丸投げする。
全ては「大好きな自分を救う為」なんですね。

「報告・連絡・相談」を嫌がる

前述したように、提案や助言を受けるのが苦手ですから、何事もできるだけ『報告・連絡・相談(ほう・れん・そう)』をせずに、自分だけで事を済ませようとします。

こういった部下がいると、管理者としては「裏でミスを隠しているんじゃないか・・・」とヒヤヒヤものですよね。

SPONSORED LINK

自己愛が強すぎる人の攻略法8つ

次は自己愛の強すぎる人の『攻略法』。
うまく付き合うコツについて考えていきましょう。

「ただの勘違い野郎」になってしまった悲しさに寄り添う

他者を喜ばせたり、他者ができない専門的な仕事をしていると『優越感』に支配されてきます。
そんな優越感に支配されたまま働いていると、徐々に感覚が麻痺します。

「私は人より優れている」という錯覚を、誰に対しても採用してしまいます。

その方の勘違いがどこから誰のマネをしてスタートしているのか、考えてあげましょう。

間違った教えを信じているようであれば、正しい行動を見せ続ける事で改善する見込みもあります。

もともとは劣等感が強い人であることを理解してあげる

劣等感が強いからこそ、「理想の完璧な自分になった」と誤認させることで自分を守ろうとします。

あるいは、他者から馬鹿にされた過去があると、懸命に鎧をまとい、防御を固めようとしてしまうもの。


Photo by Karim MANJRA on Unsplash

強すぎる自己愛は「自己防衛の過剰反応」。
守りに入らなくてもいい事を分かってもらうために、日頃から「肯定」してあげましょうね。

正論や堂々たる指摘で立ち向かう

感情的になりやすいので、理路整然と物事を説明する事が苦手な自己愛の強すぎる方。
正論や、堂々とした指摘を聞かされると、太刀打ちできずに黙ってしまうこともあります。

自己愛の強すぎる人の一方的論に影響を受けないように注意しながら、「一般論」をゆったりとした口調で伝えましょう。

最初は優れている理論やそれを語っている相手に反発するかもしれませんが、それは憧れの裏返しとも言えます。

こちら側の論調が攻撃的にならないように気をつけ、包容力のあるどっしりとした姿で自分の意見を話すといいでしょう。

キャリアの長い人に対応してもらう

自己愛が強い人は、会話の中で「私はこの仕事を◯◯年してますから」とか言って、自分の経験豊かさをアピールする人がいます。

そういう人には更に経験豊かな人で対応しましょう。
自分より大きなものが目の前にいると気付くと、素直になります。

でも、対外の場合、そんなに大した経験年数じゃない事が多いです。
仕事をしだして2~5年くらいは「勘違い期」です。

仕事にも慣れ、自分が大きく感じる時期。
「あなたはまだまだ」と指摘する意味でも、口論になる前に経験豊かな人に助け船を求めましょう。


【SPONSORED LINK】


相手の頭の中を整理してあげる

自己愛が強すぎると、感情論になりやすく自分で考えをまとめることができない傾向があります。

バラバラのパズルを組み立てて、形にするように相手の思いを整理してあげるように心がけましょう。

「あなたは先程〇〇と言っていたので、△△と思われているのでは?」と向こうの口から出てきた言葉をご返杯すればいいのです。

自分の言葉が返ってくると「私はこんな考え方だったんだ」と初めて理解できるます。

都合を作って話を終わらせる

同じ話を何度も繰り返しだしたら、こちらが「うん」と言うまでは話を終えてくれない可能性があります。

そのまま話に付き合っていくと、ほとんど場合が口論になります。
そんな時は上手に話を中断しましょう。


Photo by Martin Adams on Unsplash

『タイムアウト』をとり、その後はさりげなく試合を終了するのです。

でも、「私から逃げた」と思われないように、中断する際は仕事の用事で分かりやすい例をいいましょう。相手もイメージできるような例です。

「ごめん、〇〇時までに書類作らないといけないので」とか、「訪問予定があるのでここで失礼するね」みたいな感じで。

「あなたの為だから」と言って心をくすぐる

自己愛が強すぎる人は、自分を大切にしてくれる言葉にはとても弱い。

ズバリと指摘する事も重要ですが、それと組み合わせて「今の指摘はあなたが誤解されない為だよ」と伝えると少しは穏やかになるでしょう。


Photo by Bart LaRue on Unsplash

または、「せっかく頑張っているあなたが、努力を怠っていると思われるのは損じゃない?」と言って、こちら側の指摘を認める事であなたにメリットがあるよという言い方もいいでしょう。

言葉も感情も「中立」を心掛ける

自己愛の強すぎる人を相手にする時は、とにかく感情的にならずに冷静に。

また、こちらの価値観を一方的に押し付けるような言葉は控えます。
全て「あなたの為にもなるし、みんなの為にもなるし」といった言い方に徹するといいでしょう。

感情、言葉ともに『中立』を意識して、接していきましょう。


Photo by Tobias Tullius on Unsplash

いかがでしたか?
今回は「自己愛が強すぎる人の特徴と問題点、そしてその攻略法を知ろう」という話題でした。

私の個人的な経験がもとになっている傾向と対策なので、みなさんの意見と違う点も多くあるでしょうね。

自分自身が自己愛が強すぎる人ではないかのチェックにも活用してください。

最後までお読みいただいて感謝いたします。
以上、弥津でした。

【こちらの記事もおススメ】