こんな同僚が多い職場はさっさと辞めろ!と私が思う3つのポイント

こんにちは、弥津です。

みなさん、今の職場の『人間関係』に満足していますか?

同僚が冷たくて一緒に働く気持ちにどうしてもなれない!!

今回は、「このような同僚ばかりの職場では働き続ける意味なし!」というお話をさせていただきます。

この記事では、『次への希望』を持って「変化することの大切さ」が分かります。

今の職場に不満があるけど、「職場なんてどこもこんなもの」と決めつけていませんか?

もしかしたら、その諦めはあなた自身で成長の機会を失わせているかもしれませんよ。


まずは、どんなに我慢してもダメな職場はダメだという理由をお話します。

スポンサーリンク

職場の「空気」はそう簡単には変わらない!

職場の上司や同僚が優しくないから一緒にいて辛い・・・このまま仕事続けていくべきなのだろうか?

どうせ他の職場も同じだったりしない?

このようなお悩みの方って仕事を初めて間もない若い世代の方に多そうですよね。


ここで高齢者福祉の仕事を25年以上、そして3つの職場を経験した私が『人間が暖かくない職場はそう簡単には良くならない!』理由についてご説明を。

もともと職場には長年継承されている『空気』ってものがあるんですよ。

新人を大切にする『空気』のある職場は、職員か変わろうとも全員がその空気につられて友好的な職員となります。

また、その一方で人に冷たい『空気』が常としてやってきた職場は、誰が就職・赴任してこようが冷徹なんですよ。


それを私は自分で勝手に『職場空気の結晶化』と呼んでいます。

これは、どの文献にも載ってませんので、私の勝手理論としてお聞きいただいて結構です。

働きだすと分かると思いますが、暗ーい職場を自分ひとりの力で明るい雰囲気に変えるって無理ですよね。

一人ではしゃいでると「お前、うるさい。真面目にやれ」なんて一蹴されるのがオチです。


当然、そのようなクールな職場の方が性に合っているという方はノー問題。

でも、あまりにクール過ぎるのもNGだと思う私。


そこで、空気が『暖かいか』、『冷たいか』より一歩進んで

弥津
弥津

職員にこのような特徴がある職場は、どうせ辛い事だらけだから辞めるのもいいんじゃない?

という例を以下で挙げてみたいと思います。

スポンサーリンク

こんな同僚が多い職場はさっさと辞めろ!と私が思う3つのポイント

私の経験上、以下のような3つの傾向がある職員ばかりな職場は、正直なところ

弥津
弥津

見込みなし!!とっとと、辞めちまえ!

と思うのです。

その3つのポイントを順を追ってご説明します。

危機に陥っているのにかばってくれない

仕事をすれば必ず出会う『危機的状況』。

自らが招いたミスにしろ、不可抗力で起こってしまったトラブル、取引先などの顧客の一方的なわがままに翻弄されてニッチもサッチもいかない状況・・・。


同僚がこのような困難な状況に陥っている時に、どのような反応をするかで『人の本性』が表れると私は思います。


たとえば、顧客から苦情の連絡を受けた時、新人ならどう対処したらいいか困惑しますよね。

トラブルを見て聞いているにも関わらず、知らん顔して仕事に集中しているふりをする上司や同僚が多い職場はNGです。

その職場には、もともと「人のトラブルはめんどい・・知らん顔しておいて一人で処理させよう」という習慣があるのです。

自業自得を都合のいいように利用しているとも言えますね。


このような『面倒なことから目を背ける』癖のある職員が多い職場は、これから先もあなたの窮地を救ってくれることはないでしょう。

正しい事を教えてくれない

「自分の仕事で精いっぱい」だとして新人や後輩への教育意識がない職場は、年数を重ねても「人に教える」ことはありません。

ようするに、職員それぞれが自己中で仕事をしつづけることで成り立ってきた職場なのです。


このような職場は『自分さえ分かっていればいい主義』の経営者の考え方が部下にも浸透したのかもしれません。

自分が習得した正しい知識を知らない人に教えないというのは、「自分を超えられたくない」という競争意識がそうさせている可能性もあります。

ようするに、チームとして共に成長する意識はなく、個人プレイを基本として「私が先に上に行くんだ」という競争心が強い職員の集まりなのです。

このような『空気』の職場は「職員間の嫉妬や妬み」が飛び交いやすく、友好な人間関係は築きにくいでしょう。

あなたがどんなに友好的な態度で接していこうが、「得た知識は自分のものだけにする」といういやらしさは簡単には消えないと思います。

孤立している職員がいる

また、職員の中に孤立している人がいる職場は要注意です。

私が過去に働いた職場(学生時代のアルバイト含む)の中で、問題ありだと感じた職場には俗にいう「除け者」職員がいました。


発達障害と思われる人や癖のある性格の人、その他グループになじめない一匹狼のような傾向の人・・・。

ダメな職場ではこのような人たちは、影でののしられ、輪の中にいれてもらえません。

その人の『個性』を認めず、半ば差別のような態度で孤立させる職場の空気は「人として成熟していない」集団であることを表しています。

この差別を見逃す空気は代々受け継がれ、新人職員にも同じ思考が植え付けられてしまいます。

あなたがこういった扱いをおかしいと感じたのであれば、差別意識が伝染するまでに早急に職場から去るべきです。

【結論】さーて俺もそろそろ辞め時かなぁ(独り言)

以上のような傾向がある職場は要注意であることがお分かりになったかと思います。

今、あなたは働いている職場はどうですか?


以下に転職してみたい『優良な職場の条件』を挙げてみましたので参考にしてみてください。

優良な職場の条件
  • 同僚のミスをチームでカバーする習慣がある
  • 新人に対して正しいことを教える「教育意識」がある
  • 職場の中に孤立している人がいない

この3つって私が勤務した職場のほとんどに「欠けている」特徴なんですよね。


新人だった当時の私は何も教えてもらえず苦労したものです。

なかには何も分からずに困っている私をみてニヤつくアホ職員もいましたから。

結局のところ、前章でお話した悪い傾向はその職場で『結晶化』しているので直らないと諦めた方がいいと思うのです。

そうなると、我慢して働き続けるのってどれだけ時間の無駄なのでしょう。

弥津
弥津

さーて、俺もそろそろさっさと仕事辞めっかな

次のあてはないけど(汗)

私もアラフィフにさしかかる年齢となり、今までの経験を生かした更なるステップアップを狙うギリギリの時期にきていると感じています。

自分自身が「つまらない職場だ」と感じれば、そこで行き止まりにさしかかったのも同じ。


行き詰ったらどんなに前に進もうとしても前に進みませんよね。

ようするに、『他の方向に動け』ということだと思うのです。

『行き詰った』時は『動け』のサイン

そして結論としては、上記のような見込みのない傾向のある職場ならお付き合いは『無駄』。

とっとと辞めて、企業としてではなく『人として成熟』している職場を探す旅に出ればいいのです。


若いうちは何度仕事を辞めてもOK。

短期間でも仕事で学んだことは必ず次の役にたちますから。

停滞せずに動き続ける意識を。

それでは!
以上、弥津でした。

【循環する水の癒しで『動く』勇気を!】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
仕事術
スポンサーリンク
シェアする
弥津 彗をフォローする
等身大ラボ